君が笑う時まで
11話〜

製作者:Kunaiさん






第11話「ジニア ――友への思い」

 日本へ帰って来たのはデュエル・アカデミアへ行った時以来だった。

 伝説のデュエリストである武藤遊戯が関係した、闇のゲームや千年アイテムといったデュエルモンスターズにおける不思議な話はよく耳にしていた。しかしそれらは平凡なデュエリストである俺には無関係だと思っていただけに、今回の事を神之崎さんから聞いた時は驚きを隠せなかった。

 賢治の体がカダールと言う奴に乗っ取られ、意識を奪われている事。賢治の意識を呼び戻すのに必要な、デュエルエナジーの事。定岡先生に預けていた融合神龍が、カダールに奪われた事。そのため俺の手元には今、6体のみが存在する儀式神龍しか残っていない事。そして俺は融合神龍を手にした強敵と戦う可能性もあると言う事。とにかく考えなければならない事が多かった。

 それにも関わらず事に集中出来ていないのは、今乗っているシングルローターと呼ばれる一般ヘリコプターの爆音のせいだろう。運転手さんはこの爆音に慣れた様子ではあるが。

「運転手さん、アレです。あのデカい鳥の石像がある学校です。許可は取っているんで、グラウンドに止まって下さい」

 どうでもいいが、ヘリを操作している人は運転手でいいのか? 空中を飛んでいる以上、パイロットと言った方が適切なんだろうか? 俺がそんなくだらない事を考えていると、パイロットさんは事務的かつカッコイイ声で「分かりました」と答えながらグラウンドへ向かう。……プロだ。

 ヘリがグラウンドに着陸したため、俺はパイロットさんにお礼を言ってから降りる。ヘリは上昇し、首に巻いていた赤マフラーが強風に煽られ、たなびく。自分で言うのも何だが、ドラマみたいで格好良い絵になっているのでは無いかと思ったくらいだ。

 少し歩き、だだっ広いグラウンドの中央へと向かった。そこには黄色いサングラスを掛けた、俺と同じくらいの身長をした男が立っていた。

「野口君、久しぶりだな」

 鳥野藍吾。俺の友達であり、ライバル。

「派手なサングラスだな、鳥野君。だが鳥の帽子はどうした?」

「もう『鳥野帽子』は卒業さ。野口君こそ、赤ハチマキの次は赤マフラーか。いいマフラーだ、ブランド物だろうか?」

「ホームステイ先の子に編んで貰ったんだ。俺の持っていた赤ハチマキが気に入ったらしくて、それと交換した」

 鳥野君は黄色いサングラスを内ポケットに入れ、俺は首のマフラーを調え、お互いがほぼ同時にデュエルディスクを構える。

「その様子だと、鳥野君も事情を聞いたのか?」

「聞かせて貰った。藤原君の事も、君達のデュエルの事も」

「そうか。ならばその決戦の前に、俺達も一旦の決着を付けようか」

 同時再生されたかのように、俺達はカードを5枚引く。それがデュエル開始のゴングだ。


野口【LP:4000】
鳥野【LP:4000】


「私のターン、ドロー! 手札から鶏肉破棄を発動。デッキから鳥獣族モンスター3体を選択し、墓地へ送る!」


【鶏肉破棄】 通常魔法
自分の墓地にカードが存在しない場合、自分のデッキから鳥獣族モンスター3体を選択して墓地に送る。自分の墓地にカードが存在する場合、自分のデッキから鳥獣族モンスター1体を選択して墓地へ送る。


「私が選択する3匹の鳥達はD.D.クロウ、ステルスバード、ダーク・シムルグだ」

 3体の鳥獣族が半透明なソリッドビジョンで現れ、鳥野くんの墓地に送られる。今までの鳥野君からは見たことが無い戦術だな。

「これが私の新たなる力の1つだ! 墓地のD.D.クロウとステルスバードをゲームから除外――手札のダーク・ネフティスを墓地へと送る!」


【ダーク・ネフティス】
★8 闇属・鳥獣族 ATK2400/DEF1600
自分の墓地に闇属性モンスターが3体以上存在する場合、その内2体をゲームから除外する事でこのカードを手札から墓地に送る事ができる。この効果で墓地に送られた場合、次の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを墓地から特殊召喚する。このカードの特殊召喚に成功した時、フィールド上に存在する魔法または罠カード1枚を破壊する。

 鳥野君のデュエルディスクから巨大な黒炎が現れ、吸い込まれるように墓地ゾーンへと消えていく。

「ダーク・ネフティスはこの効果で墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズ時にこのカードは私のフィールド上へと蘇り、特殊召喚時フィールド上の魔法・トラップを破壊する効果を持つ」

「なるほどな。ダーク・ネフティスはネフティスの鳳凰神とは違った能力を持つモンスターか」

「さらに手札の冠を頂く蒼き翼とステルスバードをゲームから除外、墓地のダーク・シムルグをフィールド上に特殊召喚する!」

 鳥野君のフィールド上に黒く聳え立つ巨大な鳥、ダーク・シムルグが現れる。ダーク・シムルグの前ではフィールド上にカードをセットする事が許されない、鳥獣族の中でも強力なカードの1枚……。


【ダーク・シムルグ】
★7 闇属・鳥獣族 ATK2700/DEF1000
このカードの属性は「風」としても扱う。自分の墓地の闇属性モンスター1体と風属性モンスター1体をゲームから除外する事で、このカードを手札から特殊召喚する。手札の闇属性モンスター1体と風属性モンスター1体をゲームから除外する事で、このカードを自分の墓地から特殊召喚する。このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、相手はフィールド上にカードをセットする事ができない。


「これで私のターンは終了させる」

 ダーク・シムルグによるセット封印、永続魔法や光の護封剣での攻撃遮断カードを破壊する為のダーク・ネフティス。やっぱり鳥野君は抜け目が無い。

「ダーク・ネフティスやダーク・シムルグは確かに強力なモンスターだ。だがな、儀式神龍も融合神龍と同じ一撃必殺の能力を持っている!」

 挑戦的な俺の言葉に、鳥野君は嬉しそうにフッと笑う。その笑顔を見るのも、久しぶりだった。

「俺のターン、ドロー! 手札から神龍儀式を発動。手札のレベル4、ブリザード・ドラゴン2体、合計レベル8を墓地へ送り、神龍−フラッシュ・ドラゴンを儀式召喚する!!」

 フィールド上が真っ白に輝き、光の翼を持った大型ドラゴンが現れる。これが儀式神龍の1体――光の力を持つ神龍だ。


【神龍儀式】 儀式魔法
「神龍」と名の付く儀式モンスターの降臨に使用する事ができる。フィールドか手札から、儀式召喚するモンスターと同じレベル以上になるように生け贄に捧げなければならない。このカードの発動に成功した時、このカードは墓地へは行かず自分の手札に戻る。

【神龍−フラッシュ・ドラゴン】
★8 光属・ドラゴン族 ATK3600/DEF3000
「神龍儀式」により降臨。このカードの特殊召喚に成功した時、相手フィールド上のセットされたカードを全て破壊する。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手プレイヤーはカードをセットできない。


 神龍儀式の魔法カードは発動後、俺の手札へ戻る。1度にかなりの枚数を消費してしまったが、この状況での神龍−フラッシュ・ドラゴンの存在は大きい。

「――バトルフェイズ、ダーク・シムルグを攻撃だ! エイト・フラッシュ・バースト!」

 神龍−フラッシュ・ドラゴンは一閃の光を放ち、レーザーのようなブレスをダーク・シムルグへと浴びせて撃破する。

「くっ!」


鳥野【LP:4000→3100】


「ターンエンドだ」


野口【LP:4000】
手札:3枚
モンスター:神龍−フラッシュ・ドラゴン(攻撃表示・ATK3600)
魔法&罠:無し

鳥野【LP:3100】
手札:2枚
モンスター:無し
魔法&罠:無し


「私のターン、ドロー! この瞬間、墓地からダーク・ネフティスが特殊召喚される!」


【ダーク・ネフティス】ATK2400


 黒い炎を身に纏う、ダーク・ネフティスが鳥野君のフィールド上へと蘇る。ダーク化しているとは言え、鳥野君にネフティスはよく似合っている。

「魔法カード、焼き鳥を発動。私の融合デッキから紅陽鳥を特殊召喚させる!」


【焼き鳥】 通常魔法
自分の融合デッキから炎属性・鳥獣族モンスター1体を特殊召喚する。

【紅陽鳥】
★6 炎属・鳥獣族 ATK2300/DEF1800
「セイント・バード」+「スカイ・ハンター」


「さらに手札からネフティスの導き手を召喚だ!」


【ネフティスの導き手】
★2 風属・魔法使い族 ATK600/DEF600
このカードを含む自分フィールド上のモンスター2体を生け贄に捧げる事で、デッキまたは手札から「ネフティスの鳳凰神」1体を特殊召喚する。


 ネフティスの導き手か……。鳥野君は、鳳凰神を呼び出すのか?

「フフッ、まだネフティスを出さないさ」

 俺の考えを読むなよ。図星だったのが恥ずかしいじゃないか。

「手札から地砕きを発動! 野口君のフィールド上に存在する神龍−フラッシュ・ドラゴンを破壊する!」

 魔法カードの発動と同時に、神龍−フラッシュ・ドラゴンが粉々に吹き飛ぶ。


【地砕き】 通常魔法
相手フィールド上の守備力が一番高い表側表示モンスター1体を破壊する。


 鳥野君はさらなる大型の神龍を呼び出される前に、短期決着を狙っている。だがそれも――分かっている事。

「この瞬間、手札から速攻魔法を捨てて効果を発動する!」

「相手ターンで手札から発動する魔法カードなのか……!」

「俺が発動するのは、神龍転生。このカードの効果で儀式召喚に使用した2体のブリザード・ドラゴンを守備表示で特殊召喚する!」


【神龍転生】 速攻魔法
自分のフィールド上に存在する「神龍」と名のついた儀式モンスターが破壊された時、このカードを手札から墓地に捨てる。その儀式モンスターの儀式召喚の生け贄にしたモンスターカードを全て特殊召喚する。(レベル6以下の「神龍」と名のついたモンスターだった場合、全ての召喚条件を無視できる)この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

【ブリザード・ドラゴン】×2 DEF1000


 俺のフィールド上に、2体のブリザード・ドラゴンが現れる。壁の為の特殊召喚になってしまうが、この場合は仕方が無いだろう。

「しかし攻撃は止まらない! ダーク・ネフティスと紅陽鳥で2体のブリザード・ドラゴンを攻撃する!」

 2体の強力な鳥獣族モンスターがフィールド上のモンスターを全滅させる。あのタイミングで鳥野君がネフティスの鳳凰神を特殊召喚していればこのターンのダメージは防げていただろう。だが、まだ鳥野君のフィールド上にはネフティスの導き手が残っている。

「ネフティスの導き手で野口君に直接攻撃だ!」

「っ!」


野口【LP:4000→3400】


 600のダメージ……。これが大きく左右しなければいいが。

「そしてメインフェイズ2でネフティスの導き手の効果発動! このカード自身と紅陽鳥を生け贄に、デッキからネフティスの鳳凰神を特殊召喚する!」

 ネフティスの導き手が呪文を詠唱し、紅陽鳥と共にフィールド上から消えると、真っ赤な炎から金色の姿をしたネフティスの鳳凰神が現れる。鳥野君の切り札カードがここで来たか……。


【ネフティスの鳳凰神】
★8 炎属・鳥獣族 ATK2400/DEF1600
このモンスターがカードの効果によって破壊された場合、自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを特殊召喚する。この方法で戻った場合、フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。


「ターンエンドだ」


野口【LP:3400】
手札:2枚
モンスター:無し
魔法&罠:無し

鳥野【LP:3100】
手札:0枚
モンスター:ネフティスの鳳凰神(攻撃表示・2400),ダーク・ネフティス(攻撃表示・2400)
魔法&罠:無し


 鳥野君のフィールド上には2体のネフティス。俺のフィールド上にカードは無く、手札は2枚。そのうち1枚は儀式神龍。

 ハッキリ言って、ちょっとマズい。

「俺のターン、ドロー!」

 またこのカードか! 俺はブリザード・ドラゴンによほど好かれているのだろうか?

「俺は手札からブリザード・ドラゴンを攻撃表示で召喚する!」


【ブリザード・ドラゴン】
★4 水属・ドラゴン族 ATK1800/DEF1000
相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択する。選択したモンスターは次の相手ターンのエンドフェイズ時まで、表示形式の変更と攻撃宣言ができなくなる。この効果は1ターンに1度しか使用できない。


「ブリザード・ドラゴンの効果、ブリザードウェーブを発動。このカードの効果で俺はネフティスの鳳凰神を凍結させる!」

 ブリザード・ドラゴンが小さな翼から氷の竜巻を起こし、ネフティスの鳳凰神が氷付けになりピクリとも動かなくなる。これでネフティスの攻撃宣言は封じる事が出来た。

「ここからが本番だ! フィールド上のブリザード・ドラゴンを生け贄に、モンスターゲートを発動する!」

 ブリザード・ドラゴンが怪しげな円状の空間に吸い込まれ、フィールド上から消える。ここで強力なモンスターを呼べるかは、運次第だな。


【モンスターゲート】 通常魔法
自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げる。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキをめくり、そのモンスターを特殊召喚する。他のめくったカードは全て墓地に送る。


「まず1枚目、ドロー!」

 ――光の護封剣。もう1ターン待っていても良かったか?

「2枚目ドロー!」

 ――激流葬。こうも制限カードが続くと、嫌になる。

「3枚目、ドロー!」

 引いたカードを見てつい、ニヤっと笑ってしまう。カードがカードだけに、一瞬だけ海馬社長のように高笑いをしたい気分になる。

「通常召喚可能なモンスターを引いた。よって俺は、カイザー・グライダーを特殊召喚する!」

 フィールド上に残った円状の空間から、ネフティスの鳳凰神と同色の中型ドラゴンが姿を現す。たぶん、このカードは海馬社長も使っていたと思う。


【カイザー・グライダー】
★6 光属・ドラゴン族 ATK2400/DEF2200
このカードは同じ攻撃力を持つモンスターとの戦闘では破壊されない。このカードが破壊され墓地へ送られた時、フィールド上のモンスター1体を持ち主の手札に戻す。


「くっ、そのカードを引き当てられるとは……見事だ。しかし、野口君はどちらを選択するつもりだ?」

 鳥野君の言う通りだ。俺は、どちらを選択すればいい?

 俺がブリザード・ドラゴンの効果で凍結させたのはネフティスの鳳凰神。あの状況でダーク・ネフティスを凍結させる意味は薄いため、当然の選択だった。

 ダーク・ネフティスを破壊し、ネフティスの鳳凰神を残す場合。攻撃可能なダーク・ネフティスの方を破壊しておけば万一、カイザー・グライダーが破壊されてもネフティスの鳳凰神から攻撃される恐れは無い。

 ネフティスの鳳凰神を破壊し、ダーク・ネフティスを残す場合。厄介な効果を持つネフティスの鳳凰神を今の内に戦闘破壊しておけば自身の復活効果を封じる事が出来る。しかしダーク・ネフティスを残せばカイザー・グライダーを除去されてしまった場合、俺に防ぐ手立ては無い。

 ……。

「カイザー・グライダーで攻撃する! ゴールデン・バーストォ!」

 カイザー・グライダーが放ったブレスはネフティスの鳳凰神へと向かい、フィールド上から破壊される。その様子に、鳥野君はまたクールに微笑む。

 俺が選んだのは、ネフティスの鳳凰神の破壊。ネフティスの鳳凰神はカード効果の破壊ならば問答無用で墓地から特殊召喚出来るカード。よって鳥野君がブラック・ホール等の自分のモンスターをも破壊するカードを使う可能性は高い。だがその効果も墓地ならば心配は無い。墓地に存在するカードを破壊すると言うのは基本的には不可能。

 そして鳥野君は前のターン、単体破壊カードの地砕きを使用した。よって俺のカイザー・グライダーが生き残る可能性は高い。

「ターンエンドだ」


野口【LP:3400】
手札:1枚(魔法カード「神龍儀式」)
モンスターゾーン:カイザー・グライダー(攻撃表示・2400)
魔法&罠:無し

鳥野【LP:3100】
手札:0枚
モンスターゾーン:ダーク・ネフティス(攻撃表示・2400)
魔法&罠ゾーン:無し


「私のターン、ドロー!」

「(異次元からの埋葬……。このカードは除外された私の鳥達を墓地へ戻せるカードだが、現状で使用するのは無意味。野口君の前で適当にカードを使うようなマネは出来ない)」

 鳥野君はドローしたカードを凝視していた。あのカードが除去カードならば、俺の判断ミス。しかしそれ以外ならば、次のターンで確実にダーク・ネフティスを倒せる。

「私はカードを1枚セットし、ターンエンドだ」

「俺のターン!」

 ドローしたカードは、儀式神龍で最強の皇帝神龍だった。俺の手札には神龍儀式もあるため、このカードの儀式召喚が狙えるようになった。しかし肝心のレベル12の皇帝を儀式召喚するための生け贄が俺の手札には無い。ここはカイザー・グライダーで攻撃するしかなさそうだ。

「カイザー・グライダーでダーク・ネフティスを攻撃、ゴールデン・バースト!」

 両者の攻撃力は2400、だがカイザー・グライダーには同じ攻撃力を持つモンスター同士では破壊されないためダーク・ネフティスを一方的に破壊出来る。

「これで、ターンエンドだ」

 俺のエンド宣言と同時に、鳥野君は目を閉じてカードを引く。しかし……なんだこの緊張感は。

「(……! ついに来たか。私を野口君の元へと送ってくれる、フェニックスのカードが……)」

 鳥野君は引いたカードから目線を俺へと移し、「少しいいだろうか」と聞く。突然の出来事だったので、俺は「ああ」と咄嗟に口走ってしまう。

「私はジェネックスが終わってから数週間後、幸花高校へ行ったんだ。もちろん藤原君達と会い、俺はジェネックスの事を話していた。覚えているだろうか、その頃のデュエル・アカデミアのブルー寮はホワイト寮になっていた事を」

「今、言われて思い出した」

「そのホワイト寮の話題で、伊吹君が何て言ったと思う?」

 伊吹君が言った事?

 少し考えてみたが、俺には見当が付かなかった。

「KCの海馬社長が『オベリスクブルー』から『ブルーアイズホワイト』に変更したのかと思った、と言っていたんだ。そして私もなぜか、伊吹君と全く同じ事を考えていた。そこから少し興味を持ち、悟られない程度に伊吹君の話の意見を聞いたのだが、やはり考え方が私とよく似ていた」

「鳥野君と伊吹君が似ているのは分かった。でも、なぜここで?」

「私――いや、俺は君の能力を恐れていた時期があった。ライバルが強くなっていくのは嬉しい反面、自分が本当にライバルに勝てるのか不安を感じずにはいられないんだ」

 鳥野君の言葉を、俺は黙って聞いていた。

「藤原君と伊吹君の関係は、かつての俺達だ。俺は野口君をライバルだと思っていた、しかし野口君の目標は俺ではなく、丸藤亮。ヘルカイザーへと向かっていた。突然こんな事を言われて気持ち悪いかも知れない、俺は自分の無力さに劣等感を覚え、悔しかったんだ」

「俺は……。俺のライバルは、鳥野君だ」

「俺自身はそう思えなかった。野口君がそう思っていたとしても。伊吹君は藤原君をライバルだと思っている、しかし彼には遊城十代君と野口君という大きな目標がいたんだ。彼が本心から伊吹君をライバルだと思っていたとしても、伊吹君自身が藤原君のライバルにはなれていないと思い込んでしまっているんだ」

 俺がヘルカイザーと戦った時、そんな事は微塵も思わなかった。精神論かも知れないが、勝てないと思っていては本当の実力は絶対に出せない。だから伊吹君は、自分で自分の力を抑えてしまっているんだろう。

「藤原君は2年前より格段に成長し、強くなっている。しかし最近、今度は藤原君が本当の実力を出せなくなっていたんだ。伊吹君はより複雑な気持ちになっていただろう。そんな状況で藤原君は無関係の者に意識を乗っ取られ、別の人間となってしまっている」

「…………」

「伊吹君が迷いを決意に変えていなければ、野口君が我々の倒すべき敵と戦って欲しい。相手が神龍のカードを持っているのならば、尚更だ」

「約束する。その時は、必ず俺がケリを付ける。でも、どうしてそこまで伊吹君の事を?」

「さっき言った通りさ。俺と伊吹君はライバル関係や考え方がよく似ている。自分に似ているなら、応援したくなるのは当然だと思わないだろうか? 伊吹君はきっと、俺と同じ結論を出す。俺に姉がいたように、彼にも紅ちゃんがいる」

 鳥野君、弟だったのか。初耳だぞ?

「フフッ。私はセットしていた異次元からの埋葬を発動させる。ゲームから除外されているステルスバード2体と、D.D.クロウを私の墓地へと戻す」


【異次元からの埋葬】 速攻魔法
ゲームから除外されているモンスターカードを3枚まで選択し、そのカードを墓地に戻す。


「行くぞ野口君! 手札から速攻魔法、鳥融合ちょうゆうごうを発動! 墓地のネフティスの鳳凰神、ダーク・ネフティス、ステルスバード2体、D.D.クロウをゲームから除外し――」


鳥融合ちょうゆうごう】 速攻魔法
自分の墓地に存在する「ネフティスの鳳凰神」と鳥獣族モンスター4体をゲームから除外し、融合デッキから「超不死鳥−フェニックス・バーディ」を特殊召喚する。


「再誕せよ! 超不死鳥−フェニックス・バーディ!!」

 鳥野君のフィールド上に現れたネフティスの鳳凰神、ダーク・ネフティス、D.D.クロウ、2体のステルスバードが天へと飛翔し、1つの姿へと変貌する。ネフティスの鳳凰神の倍――いや、3倍以上の大きさ。全身が白銀に輝く、何十枚もの巨大な翼と尾を持った不死鳥が降臨する。


【超不死鳥−フェニックス・バーディ】
★10 炎属・鳥獣族 ATK4000/DEF4000
「ネフティスの鳳凰神」+鳥獣族モンスター4体
このカードは「鳥融合」の効果でのみ特殊召喚できる。このカードは2ターンの間、フィールド上から離れない。このカードがフィールド上から離れた時、自分のライフを倍にする。


このカードが降臨してから、間違いなく辺りの雰囲気が変わった。この身震いが起こるような感じは2度目だった。2年前、Jデュエルハイスクールで刃金沢と戦った時。天地が割れてしまいそうな圧倒的な威圧感。

「フェニックス・バーディ、野口君のカイザー・グライダーを攻撃だ! ネオフレイミング・エタニティ!」

 鳥野君が攻撃宣言した瞬間、カイザー・グライダーが突然発火しフィールド上から消滅する。フェニックス・バーディは今の一瞬でカイザー・グライダーに攻撃したのか……!


野口【LP:3400→1800】


「だ、だがカイザー・グライダーの効果は発動する! 俺が選択するのは当然、フェニックス・バーディだ!」

 カイザー・グライダーが死して竜巻を起こすが、フェニックス・バーディは全く動じず、フィールド上に発生した竜巻は虚しくも消え去った。

「不死鳥――ネフティスの鳳凰神は炎の中から蘇る。しかし超不死鳥――フェニックス・バーディは蘇る事なく、死する事もない。フェニックス・バーディは2ターンの間、私のフィールド上から離れない効果を持っている」

 ネフティスをも上回る、不死の効果か……。

「ターンエンドだ、野口君」


野口【LP:1800】
手札:2枚
モンスター:無し
魔法&罠:無し

鳥野【LP:3100】
手札:0枚
モンスター:超不死鳥−フェニックス・バーディ(攻撃表示・ATK4000)
魔法&罠:無し


 ――戦う理由。

 ふと、そんな事を考えた。カダールがどんな奴かは知らないが、もし戦う理由を聞かれた時は答える自信ある。俺は子供の頃、賢治に救われた事があった。だからこそ俺は子供の頃から今まで賢治を支えて来た。まだ、その恩を返しちゃいない。

 その為だけに、俺は戦う。

「俺のターン、ドロー!」

 気持ち悪いカードだった。だが条件を満たせる状態でこのカードを引いて嫌な気分になるデュエリストはいないだろう。

「手札から貪欲な壷を発動! 墓地のブリザード・ドラゴン3体、カイザー・グライダー、神龍−フラッシュ・ドラゴンの5体をデッキに戻し、シャッフル。そしてカードを2枚ドローだ!」


【貪欲な壷】 通常魔法
自分の墓地からモンスターカードを5枚選択し、デッキに加えてシャッフルする。その後、自分のデッキからカードを2枚ドローする。


 やはり皇帝神龍は、カダール戦に取っておく事になりそうだな。

「魔法カード、神龍儀式を発動! 手札のレベル12の皇帝神龍を手札から墓地へ送り、神龍−テンペスター・ドラゴンを儀式召喚する!!」


【神龍−テンペスター・ドラゴン】
★10 風属・ドラゴン族 ATK4000/DEF4000
「神龍儀式」により降臨。このカードの特殊召喚に成功した時、「テンペスター・ドラゴントークン」(ドラゴン族・風・星10・攻/守4000)を守備表示で特殊召喚する。

【テンペスター・ドラゴントークン】DEF4000


 俺の右手側にテンペスター・ドラゴンが咆哮をあげて降臨すると、左側にも全く同じ姿のドラゴンがフィールド上へ現れる。2体とも大型ドラゴンだったため、左右を見てもドラゴンの体がデカ過ぎて校舎やグラウンドが全く見えない。

「そして装備魔法、巨大化を発動! 俺のフィールド上のテンペスター・ドラゴンに装備し、攻撃力を2倍にする!」


【巨大化】 装備魔法
自分のライフポイントが相手より少ない場合、装備モンスター1体の元々の攻撃力を倍にする。自分のライフポイントが相手より多い場合、装備モンスター1体の元々の攻撃力を半分にする。

野口【LP:1800】 鳥野【LP:3100】

【神龍−テンペスター・ドラゴン】ATK4000→ATK8000


「こ、攻撃力8000!」

「最初に言っただろう? 神龍は一撃必殺がウリなんだ。神龍−テンペスター・ドラゴンでフェニックス・バーディを攻撃! テンペスト・フレアァァーー!」

 巨大化したテンペスター・ドラゴンが口内に膨大なエネルギーを溜め、全エネルギーをフェニックス・バーディへと放つ。

「うあああああ!」


鳥野【LP:3100→0】


 テンペスター・ドラゴンの攻撃を受けても、フェニックス・バーディは傷つく事なくフィールド上に存在していた。気のせいだとは思う……だが、俺にはこのモンスターが少し悲しんでいるようにも見えた。

「ありがとう。フェニックス・バーディ。デュエルはもう終わった」

 鳥野君の言葉に、フェニックス・バーディは天へと姿を消していった。俺らしくも無いけど、ソリッドビジョンが消える瞬間ってのはどうも寂しいものだ。

「行こうか、野口君。ついて来てくれ」

 デュエルディスクからカードを直し、鳥野君はグラウンドから歩き出す。向かっていたのは、学校の駐輪場。俺はてっきり、公共機関を使って幸花高校へ行くのかと思っていた。だが鳥野君は駐輪場に止めていた黒くてデカい1台のバイクに鍵を挿し、エンジンを掛けたのだ。

「と、鳥野君、バイクに乗るのか! でも、あのカッコいい鳥の自転車はどうしたんだ?」

「愛機だった『鳥野自転車』は……あまりにも美しかったのか、盗難に遭ってしまった。それで仕方なく、普通のバイクを。それより、早くヘルメットを付けてくれ」

 まさか俺が男とタンデムする事になるとは思わなかった。

 だがショックを受けている場合でもないので、鳥野君に言われた通りヘルメットを付けてバイクの後ろへ乗る。不意に自分の付けていた腕時計が目に入った。時間まで残り20分だった。間に合うよな。

「鳥野君。せっかくだから、よくあるあのセリフを言ってくれないか?」

「……。随分とお茶目になったな、野口君。ジョークの好きな国にでも海外留学したせいか?」

「いや、これは昔から」

 鳥野君は口元に笑みを浮かべ「少し恥ずかしいな」と呟き、

「野口君、しっかり捕まっていろ!!」

 その声と同時にバイクのエンジンは爆音を出し、勢いよく学校の校門から飛び出す。後ろに乗っているとは言え、物凄いスピードを感じた。頼むからスピード違反で捕まらないようにしてくれよ。

 伊吹君……迷いを、吹っ切ったか?





第12話「エーデルワイス ――大切な思い出」

 俺と紅が子供の頃。

 俺達は死井に招待され、奴の豪邸でデュエルをしていた。おそらく俺が今まで座った椅子の中で、最も高級であろう椅子に座った。家にある物と比べ物にならないくらい美味しい菓子とジュースも出た。だが、クラスの中で死井とデュエルをやりたがる人間は1人もいない。当然だ。誰でもデュエルに勝ちたい。でも、死井は金持ち。そういう事だ。


伊吹【LP:2000】
デッキ:1枚
手札:6枚
モンスター:無し
魔法&罠:無し

死井【LP:400】
デッキ:94枚
手札:6枚
モンスター:千年の盾(守備表示・守備力5400)
魔法&罠:光の角×3(装備・千年の盾)

【千年の盾】
★5 地属・戦士族 攻撃力0/守備力3000
千年アイテムの1つ。どんなに強い攻撃でも防げるという。

【光の角】 装備魔法
装備したモンスターの守備力は800ポイントアップ!このカードがフィールドから墓地へ送られた時、500ライフポイントを払えばデッキの1番上に戻る。


 奴はモンスターで一切攻撃せず、守備力の高いレアカードで鉄壁状態を保ち相手のデッキ切れを狙っていた。この頃のデュエルモンスターズは単純な攻撃力での弱肉強食デュエルだったため、この手の戦術に対処する方法が限られていたのだ。

「これでターンエンドだじょ! イブッキ〜のデッキにわぢの守備力5400のミレニアムシールドを叩きわれるカードはないじょ。それどころか、青眼の究極竜ですらピィピィ鳴かせる、てっぺきのぼうぎょ! わぢの勝ぢー!」

 自分の手札まではハッキリと覚えていない。だが間違いないのは守備力5400の怪物に勝てるカードなど、俺の手札やデッキには無い。――だが。

「お、おれのターンだっ! ドロー!」

 残りのカードは1枚。もはやデッキとは呼べない場所からカードを引くと、デッキに入れた覚えの無いカードが入っていた。それは相手モンスターを強制的に攻撃表示へ変更させる、守備封じの魔法カード。俺の様子に気が付いた紅は手にしたジュースをテーブルに置き、カードを覗き込んだ。

「それ、今日かったパックに入ってたの。つよそーだから、かってに入れちゃった」

 カードの効果は知っていた。いや、カード名を見れば誰でも分かるだろう。俺は迷わず、そのカードを発動した。

「てふだから守備封じをつかう! 死井、おまえのミレニアムシールドを攻撃表示にするぞ!」

「ニョボ!?」


【『守備』封じ】 通常魔法
相手のモンスター1体は攻撃表示になる。

【千年の盾】攻撃力:0


「手札からツンドラの大蠍を召喚! 攻撃だっ!」


【ツンドラの大蠍】
★3 地属・昆虫族 攻撃力1100/守備力1000
砂漠ではなく、ツンドラに分布する珍しい真っ青なサソリ。


 ツンドラの大蠍。これでも俺は買ったパックの中で、出来るだけ攻撃力の高いモンスターを採用していた。弱肉強食だからな。

「おにょにょおおおおおおお」


死井【LP:400→0】


 ソリッドビジョンも無いテーブルデュエルで絶叫し、椅子から転げ落ちた死井が妙に印象的だった。俺はてっきり、これのせいでこんな昔のデュエルを覚えているんだと思っていた。

 でも理由は、他にあったのかも知れない。







 俺達3人が幸花高校のグラウンドへ着いた頃には、昨日のJデュエルハイスクールの体育館に置かれていた数台の大型機械……確か、デュエルエナジー収束機だったと思う。それがグラウンドへ設置されていた。機械や周りの備品、配置まで昨日と全く同じなのに背景は違っていたため、高度な合成画像を見ているような気分だった。

 準備は早朝からやっていたらしく、俺達が来た頃にはグラウンドには1人もいなかった。何かをする事で今の気を紛らわせたかったのだが、そうさせてはくれなかったようだ。

「あのさ。昨日からだけど、何でボーっとしてんの?」

 紅が面倒臭そうな顔をして聞いてくる。こいつは昔からそうだ。面倒臭がるくせに、いつも触れて欲しくない事に触れてくる。

「ちょっとな」

「横から口を挟んですまないが、今日のデュエルの事では無いのか?」

 っ……定岡先生。

「カダールは我々を上回る戦術に加え、融合神龍を手にしている。野口君には経験と融合神龍と対を成す儀式神龍を備えている。幸恵ちゃんは強大なカードこそ使用していないが、カダールと同等以上の戦術、引きの強さも持っている。そして今の伊吹君には、この3人と肩を並べる力を持っていない」

 定岡先生はポケットから、小型の黒いカードケースを取り出した。

「私はこのカードを持っている。私が炎属性モンスターの開発に関わっていた時に製作された物だ。このモンスターの力を持ってすれば、彼ら相手にデュエルを掌握する事をも可能だろう。炎を操る伊吹君ならば使いこなせるハズだ」

「す、凄いじゃん! これで頑張ろうよ!」

 紅が子供のように目を輝かせて言った。と言う事は、本気で俺に期待していたのだろうか。そうだとしたら、ぬか喜びさせてすまない。

「俺には無理だ」

「は? なんで?」

 なんで、だろうな。

 俺はまだ、カダールの姿を見た事が無い。紅や平見先生の話を聞くと、本当に中身が変わっただけの藤原だと言っていた。だから俺は想像した。カダールと俺が戦っている所を。しかしそれは俺が思っていた以上に怖い事だった。俺では藤原には勝てない。ならば藤原以上のカダールには、勝てない。

「バカじゃないの。じゃあ藤原さんはどうするのよ」

「救えないだろうな……俺には」

「あんたはそれでいいかも知れないけど、私達はどーなんのよ! 私は昨日の事を、こんな所で無駄にしたくない! 定岡先生、私がカダールと戦う!」

「し、しかし」

「私は昨日、あいつと戦ったから大丈夫! それに神之崎さんから聞いたよね、カダールのこと。あいつはあいつなりに悩んで、覚悟を持って戦っていたのよ。私もカダールも、ここのバカ兄貴とは違う! だから定岡先生、私とデュエルして。私が勝ったら、文句無いよね?」

「……分かった。それならば、私は全力で阻止させて貰う。私に負けるようでは、カダールには勝てない」

 紅は頷き、俺からデュエルディスクごとデッキを取り上げた。

「もう必要無いでしょ? 私は勝ちたいから、こっちのデッキを貸してもらう」

 紅と定岡先生は距離を取り、デュエルディスクを構える。当然だが周りに置かれたデュエルエナジー収束機は作動せず、音すら立てていない。

「ではデュエル開始だ!」


紅【LP:4000】
定岡【LP:4000】


 定岡先生はデッキからカードを1枚引き、そのカードをデュエルディスクへと置く。

「私は手札からファイヤー・タイガーアックスを召喚する」


【ファイヤー・タイガーアックス】
★4 炎属・獣戦士族 ATK3000/DEF0
このカードは手札を3枚捨てなければ攻撃できない。


 全身が炎に包まれ、より凶暴化しているタイガーアックスがフィールド上に現れる。高攻撃力を持つ、デメリットモンスターと言う事は、様子見の一手か。

「このカードは手札を3枚捨てなければ攻撃は出来ない。ターンエンドだ」

「私のターン、ドロー!」

 紅は目を左右に動かし、手札を確認する。

「手札からデビルズ・サンクチュアリを発動。このメタルデビル・トークンを生け贄に、炎帝テスタロスを召喚!」


【デビルズ・サンクチュアリ】 通常魔法
「メタルデビル・トークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)を自分のフィールド上に1体特殊召喚する。このトークンは攻撃する事ができない。「メタルデビル・トークン」の戦闘によるコントローラーへの超過ダメージは、かわりに相手プレイヤーが受ける。自分のスタンバイフェイズ毎に1000ライフポイントを払う。払わなければ、「メタルデビル・トークン」を破壊する。

【炎帝テスタロス】
★6 炎属・炎族 ATK2400/DEF1000
このカードの生け贄召喚に成功した時、相手の手札をランダムに1枚墓地に捨てる。捨てたカードがモンスターカードだった場合、相手ライフにそのモンスターのレベル×100ポイントダメージを与える。


 帝モンスターが咆哮をあげ、フィールド上に君臨する。テスタロスは手札を捨てさせる強力な効果を持っているが……。

「この時、テスタロスの効果を発動! 定岡先生から見て一番左のカードを墓地へ送って!」

「……墓地へ送られたカードはレベル7のブレイズ・ルード・カイザー。炎帝テスタロスの効果で私は700ポイントのダメージを受ける」


定岡【LP:4000→3300】

【ブレイズ・ルード・カイザー】
★7 炎属・獣戦士族 ATK2600/DEF2400
ゲームから除外された炎属性モンスター1体を墓地に戻し、このカードを手札から特殊召喚できる。「ブレイズ・ルード・カイザー」の効果は1ターンにつき1度しか発動できない。


「カードを1枚セットして、ターンエンドよ」


紅【LP:4000】
手札:3枚
モンスター:炎帝テスタロス(攻撃表示・ATK2400)
魔法&罠:セット1枚

定岡【LP:3300】
手札:4枚
モンスター:ファイヤー・タイガーアックス(攻撃表示・ATK3000)
魔法&罠:無し


「私のターン、ドロー。手札からバーニング・シルバー・フォングを召喚し、ターンエンドだ」


【バーニング・シルバー・フォング】
★4 炎属・獣族 ATK2400/DEF1300
自分フィールド上に他のモンスターが1体でも存在する限りこのカードは攻撃宣言を行えない。


 定岡先生は何を狙っている? あの人が召喚しているモンスターは全て高攻撃力のデメリットモンスターだ。確かに高攻撃力のレベル4モンスターは牽制には向いている。しかしそれでは自分も行動が出来ないと言っているようなものだ。

「ドロー! うーん……ターンエンド」

「私のターン!」

 定岡先生はドローしたカードを確認し、目を細める。

「魔法カード、HELL−FLAME(ヘルフレイム)−S(サモン)を発動。このカードの効果で私のデッキからHELL−FLAMEと名のついたカード1枚を手札に加える」


HELL−FLAME(ヘルフレイム)−S(サモン)】 通常魔法
自分のデッキ・墓地から「HELL−FLAME」と名の付いたカード1枚を選択し、手札に加える。


「このモンスター2体を糧に、HELL−FLAME−KAISER(ヘルフレイムカイザー)を生け贄召喚する!!」

 定岡先生がモンスターを呼び出した瞬間、フィールド全体は黒い炎で焼き尽くされたように燃え上がる。その黒炎から現れたのは、獣のように青く鋭い眼光した怪物だった。


HELL−FLAME−KAISER(ヘルフレイムカイザー)
★5 炎属・炎族 ATK0/DEF0
????


「こ、こいつは……」

 見覚えがあった。各部が異様に鋭角化し、黒炎を身に纏っている以外、姿形がヘルフレイムエンペラーと類似していた。だが決定的に違うのは、エンペラーにはこれ程の威圧感は無かった。凍り付きそうな黒炎と、フィールド全体を支配する雰囲気。このモンスターも、神に近いモンスターの1体だと言うのか。

「ヘルフレイムカイザーの効果を発動。墓地に存在するファイヤー・タイガーアックスとブレイズ・ルード・カイザーをこのカードに装備し、装備モンスターの攻撃力を得る!」

 怪物は両手を地面にめり込ませ、2体の炎属性モンスターを自身へと取り込む。


【HELL−FLAME−KAISER】ATK0→ATK5600


「あっ……あ……」

「炎帝テスタロスに攻撃だ」

「……! 来るぞ、紅!」

 ヘルフレイムカイザーは全長と同じ黒炎の弾を発生させ、テスタロスへと向けて放つ。

「わ、分かっている……よ! と、トラップカード、リアクティブアーマーを発動! これで攻撃モンスターを破壊っ!」


炸裂装甲(リアクティブアーマー)】 通常罠
相手モンスターの攻撃戦時に発動する事ができる。その攻撃モンスターを破壊する。


「無駄だ」


【HELL−FLAME−KAISER】ATK5600→ATK3000


 定岡先生の声と同時に、ソリッドビジョンの炸裂装甲が粉々になった。黒炎の弾は止まる事なくテスタロスを捉え、消滅させる。

「うわああっ!」


紅【LP:4000→3400】


 紅はグラウンドの土で汚れた顔を気にせず、定岡先生のモンスターを睨んだ。

「な、なんで……効かないの……」

「ヘルフレイムカイザーは、装備カードを墓地へ送る事でフィールド上から離れない効果を持っている。私は装備カードのブレイズ・ルード・カイザーを墓地へ送った事によって耐性を持たせ、ファイヤー・タイガーアックスの攻撃力を得たヘルフレイムカイザーで攻撃が続行された」


【HELL−FLAME−KAISER】
★5 炎属・炎族 ATK0/DEF0
このカードは生け贄に捧げる事ができない。このカードを生け贄召喚する場合、自分フィールド上の炎属性モンスターを任意の数だけ生け贄にできる。このカードの生け贄召喚に成功した時、生け贄に捧げた炎属性モンスターの数だけ自分の墓地から炎属性モンスターをこのカードに装備する。このカードの攻撃力は装備したモンスターの攻撃力の数値分アップする。このカードが自分フィールド上から離れる時、装備した炎属性モンスター1体を墓地へ送ることでこのカードは自分フィールド上から離れない。


「そして私のメインフェイズ2。フィールド魔法、HELL−FLAME(ヘルフレイム)−F(フィールド)を発動。500ライフを払い、再びヘルフレイムカイザーにブレイズ・ルード・カイザーを装備する」


HELL−FLAME(ヘルフレイム)−F(フィールド)】 フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、「HELL−FLAME−KAISER」に装備されたカードは破壊されず、このカードは魔法の効果によっては破壊されない。自分のターンのメインフェイズ2の時、500ライフポイントを払う事で墓地から炎属性モンスター1体を選択し、「HELL−FLAME−KAISER」に装備する。この効果は1ターンに1度しか発動できない。

【HELL−FLAME−KAISER】ATK3000→ATK5600

定岡【LP:3300→2800】


 なんて厄介な効果だ。ヘルフレイムカイザーは自身の効果だけでもプレイヤーのフィールドから離れる事全てに耐性能力を持っている。つまり自分フィールド上から離れないためコントロール奪取すらも不可。俺のデッキにはコストによって相手モンスターを生け贄にする溶岩魔神ラヴァ・ゴーレムが入っているが、ヘルフレイムカイザーの効果で生け贄にする事すら許されない。唯一の欠点は装備モンスターが全て消えれば、その耐性を発動出来ない事。だがそれは逆に、装備モンスターがある状態のヘルフレイムカイザーは……無敵だ。

 …………。

「もうやめろ、紅。俺達は特別な力を何も持ってはいない」

「で、でも私は戦うもん! だって、だって、幸恵ちゃんは私の友達だから!」

 紅は子供の言い訳のように言った。顔に土が付いていたから、余計にそう思ったのかも知れない。

「私……最初に幸恵ちゃんに会った時、あんまり好きになれると思わなかった。いい子だって事は分かっていたけど、それがどうしたのって思ってた」
 俺もそうだったかも知れない。幸恵ちゃんに対してでは無く、藤原に対して。

 藤原と初めて会ったのは、デュエル・アカデミア戦を賭けた大会の時。女々しい奴だなと思っていた矢先に俺は負けてしまった。その時の屈辱だけでなく、モンスターだって覚えている。忍者マスターSASUKE、アックス・レイダー、闇魔界の戦士 ダークソード、ブレイドナイト……あと1人は思い出せない。とにかく、藤原に対しての印象は最悪だった。

「でも幸恵ちゃんと話をする度にそれは変わっていた。一番変わった瞬間はジェネックスの時。私が弱音を吐くと、幸恵ちゃんは心から励ましてくれた。嘘を見抜く力とかは無いけど、絶対ホントだと思った。いつか幸恵ちゃんが困った時には絶対、助けてあげたいと思ってた!」

 印象が変わったのは紅と同じだった。そして藤原自身も変化していた。幸恵ちゃんの存在やJデュエルハイスクールとの戦い、デュエル・アカデミア戦。そしてジェネックスでの戦果。俺は藤原を勝手にライバルだと思い込んでいたが、藤原はもう俺のライバルでは無かった。

「だから今、幸恵ちゃんが困っているなら私が救ってあげる! 手伝ってあげる!」

 紅は幸恵ちゃんの事を大事な友達と思っている……。俺は……俺は、どうなんだ?

「私が本気で信じられる友達が幸恵ちゃんなら、兄ちゃんは藤原さんじゃないの! 友達のために、ここまで来たんでしょ!?」

 友達……か。そうか。

 藤原は俺の事を、ライバルとして見ていないと思い込んでいた。だが藤原は見ていたんだ。俺をライバルとして。でもライバルとして見る前に、藤原は俺を友達として見てくれていた。俺は藤原を友達では無く、ライバルだと過剰に認識していただけ。そんな状況で藤原も俺と同じように、強くライバル視していたらどうなっていた? 俺達はもう、敵同士になっていたかも知れない。それは嫌だ。俺は藤原と、敵として戦いたくない。紅の言う「友達」だから?

 こんな単純に結論を出していいのか。俺が今まで散々悩んでいた事を、簡単に決め付けてしまっていいのか。いいと思った。俺は昔から、負ける事と悩む事が嫌いだった。今までこの事で悩んでいた事が不思議なくらいだったんだ。だから割り切ればいい。紅の言った通りの結論でもいい。

 藤原は俺のライバル。だけど友達。

 これで、いいんだ。

「代わってくれ、紅」

 紅の左腕に付けられたデュエルディスクを外し、自分の腕へと装着する。ライフポイントは3400。まだ逆転は狙える。

「ど、どうしてよ。なんで、交代しなきゃいけないのよ」

 お前の言う、友達の為に。だけど言うのはやめた。

「交代いいか、定岡先生?」

 定岡先生が頷き、俺は紅の手から4枚の手札を取ろうとする。が、紅は手札のカードを1枚も離さなかった。

「おい」

「負けちゃえ!」

 紅は4枚のカードを一纏めにして、ひっぱたくように平手に置く。こういう捻くれた所が無ければ、人に見せられる妹になっていたかも知れないんだが。

 ……もしかして、紅も俺に対してそう思っているのか?


紅→伊吹【LP:3400】
手札:4枚
モンスター:無し
魔法&罠:無し

定岡【LP:2800】
手札:3枚
モンスター:HELL−FLAME−KAISER(攻撃表示・ATK5600)
魔法&罠:フレイム・タイガーアックス,ブレイズ・ルード・カイザー(装備魔法)
フィールド魔法:HELL−FLAME−F





第13話「アカンサス ――離れない結び目」

「俺のターン、ドロー!」

 手が震えていた。武者震いではない、怖いだけ。だが紅がカードを無駄に使わなかったおかげで、辛うじて打開策は残っていた。俺は勝てるのか。エンペラーでは無い、カイザーに。

「魔法カード、フレイムレインを発動。手札の爆炎集合体 ガイヤ・ソウルを捨て、お互いに1000ダメージを受ける。そして自分のデッキからヘルフレイムエンペラーを手札に加える!」


【フレイムレイン】 通常魔法
手札の炎属性モンスター1体を墓地へ送る事で発動する。お互いのプレイヤーは1000ポイントダメージを受ける。その後、自分のデッキから炎属性モンスター1体を選択し、手札に加える。

伊吹【3400→2400】
定岡【2800→1800】


「さらに手札のヘルフレイムエンペラーを見せ、ヘルフレイムリリースを発動! このカードの効果で俺はデッキから炎を支配する者を特殊召喚する!」


【ヘルフレイムリリース】 通常魔法
手札の「ヘルフレイムエンペラー」1枚を相手に見せて発動する。自分の手札・墓地・デッキ・融合デッキから攻撃力2700以下の炎属性モンスター1体を選択し、攻撃表示で特殊召喚する。

炎を支配する者(フレイム・ルーラー)
★4 炎属・炎族 ATK1500/DEF1000
炎属性モンスターを生け贄召喚する場合、このモンスターは1体で2体分の生け贄とする事ができる。


「炎を支配する者は1体で2体分の生け贄とする事が出来る。よって俺はこのカードを生け贄に、ヘルフレイムエンペラーを生け贄召喚する!」


【ヘルフレイムエンペラー】
★9 炎属・炎族 ATK2700/DEF1600
このカードは特殊召喚できない。このカードの生け贄召喚に成功した時、自分の墓地の炎属モンスターを5枚まで除外する事ができる。この効果によって除外した枚数分だけフィールドの魔法・罠を破壊する。


 赤と橙の炎を輝かせ、ヘルフレイムエンペラーが咆哮する。お前ならヘルフレイムカイザーを倒せるはずだ……!

「ヘルフレイムエンペラーの生け贄召喚によって効果発動! フレイムレインの効果で墓地へ送られた爆炎集合体 ガイヤ・ソウルをゲームから除外。フィールド魔法、HELL−FLAME(ヘルフレイム)−F(フィールド)を破壊する!」


HELL−FLAME(ヘルフレイム)−F(フィールド)】 フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、「HELL−FLAME−KAISER」に装備されたカードは破壊されず、このカードは魔法の効果によっては破壊されない。自分のターンのメインフェイズ2の時、500ライフポイントを払う事で墓地から炎属性モンスター1体を選択し、「HELL−FLAME−KAISER」に装備する。この効果は1ターンに1度しか発動できない。


 HELL−FLAME(ヘルフレイム)−F(フィールド)は魔法効果で破壊されない効果を持っており、ヘルフレイムカイザーの装備魔法を破壊不能にする効果を持つカード。だがヘルフレイムエンペラーのモンスター効果ならば、このカードを破壊する事が出来る。

「そして速攻魔法、サイクロンを発動。ヘルフレイムカイザーに装備されたファイヤー・タイガーアックスを破壊する!」


【サイクロン】 速攻魔法
フィールド上の魔法または罠カード1枚を破壊する。

【HELL−FLAME−KAISER】ATK5600→ATK2600


 ヘルフレイムカイザーが叫び、全身が僅かに衰えていく。これであのモンスターの攻撃力は最小限に抑える事が出来た。あとは戦闘で直接破壊すればいい。

「カイザーに攻撃だ、エンペラー!」

 ヘルフレイムエンペラーが全身から炎を巻き起こし、ヘルフレイムカイザーを狙う。

「ぐぬっ!」


定岡【LP:1800→1700】


「しかし装備カードとなったブレイズ・ルード・カイザーを墓地へ送る事で、ヘルフレイムカイザーはフィールド上から離れない」


【HELL−FLAME−KAISER】ATK2600→ATK0


 攻撃力は0になったが、フィールド全体の威圧感は衰える事が無かった。何てモンスターだ……。

「カードを1枚セットし、ターンエンド」

「私のターン、ドロー。手札からHELL−FLAME(ヘルフレイム)−R(リカバリー)を発動。再び墓地からファイヤー・タイガーアックスとブレイズ・ルード・カイザーを、ヘルフレイムカイザーに装備する!」

「そ、そんな! それじゃあ、また攻撃力が!」

 紅に言われてしまった。いや、そんなくだらない事を気にしている場合でもない。ヘルフレイムカイザーの攻撃力を奪う為に、俺は全ての手札を使い切ってしまった。状況は悪化。最悪。どちらだろうな。


HELL−FLAME(ヘルフレイム)−R(リカバリー)】 速攻魔法
墓地から炎属性モンスター2体を選択し、「HELL−FLAME−KAISER」に装備する。

【HELL−FLAME−KAISER】ATK0→ATK5600


「これでカイザーとエンペラーの攻撃力差は2900。伊吹君のセットしているカードが炸裂装甲のような破壊カードで無ければ、これでデュエルは終了だ」


伊吹【LP:2500】
手札:0枚
モンスター:ヘルフレイムエンペラー(攻撃表示・ATK2700)
魔法&罠:セット1枚


「エンペラーに攻撃だ!」

 このセットカードは破壊カードでは無い。しかし俺が計算ミスをしていなければ、まだデュエルは終わらない。

「速攻魔法、突進を発動! エンペラーの攻撃力を700ポイント上昇させる!」


【突進】 速攻魔法
表側表示モンスター1体の攻撃力を、ターン終了時まで700ポイントアップする。

【ヘルフレイムエンペラー】ATK2700→ATK3400


 炎の力を高めて対抗するものの、圧倒的な攻撃力差にエンペラーは呆気なく消滅し、大破してしまった。

「がはぁっ!」


伊吹【LP:2500→300】


 ヘルフレイムカイザーの流れ弾が直撃し、後ろへと吹き飛ばされてしまう。飛ばされた体が地面に叩きつけられた時、妙に自分が情けなく思った。

 ……俺は何を成長した気になっている。

 さっき乗り越えたのは藤原とのライバル関係の事だけ。定岡先生が最初に言った、自分の力不足に気が付いたラインに立っただけ。俺はまだ、野口先輩や幸恵ちゃんのように、カダールに勝つ特別な力を持っていない。……いつまでも倒れている訳にはいかないので、服の土を払いながら立ち上がった。


伊吹【LP:300】
手札:0枚
モンスター:無し
魔法&罠:無し

定岡【LP:1700】
手札:3枚
モンスター:HELL−FLAME−KAISER(攻撃表示・ATK5600)
魔法&罠:ファイヤー・タイガーアックス(装備魔法),ブレイズ・ルード・カイザー(装備魔法)


 気持ちが良いくらいピンチだな。定岡先生の場には無敵状態のヘルフレイムカイザーがいるのにも関わらず、俺の手札・フィールドのカードは完全に尽きている。ここまで極端に追い詰められたのは、死井とのデュエル以来だろうか。

「手札も場も何も無いじゃん。こんなんだから、死井とデュエルした時みたいな事になってるのよ」

「……お前、覚えていたのか」

「死井が千年の盾でセッコイ戦術取ってた時でしょ? あいつのオーバーリアクションのせいで忘れられない」

 同じ事を思っていたのか。……少しショックだ。

「あの時は私のカードで勝ったんだから、感謝しなさいよ」

「バカが。お前のカードはもう、ヒータと火霊術しか入っていない。それに今は」

 ――!

 俺と紅は同時に顔を見合わせた。紅も気が付いたんだ。このデュエルで、勝てるかも知れない可能性に。

「俺のターン、ドロー!」


【ヘルフレイムドロー】 通常魔法
自分の墓地に存在する炎属性モンスター1体と「ヘルフレイムエンペラー」1体をデッキに加えてシャッフルする。その後、自分のデッキからカードを3枚ドローする。


 ドローしたカードを紅に見せる。紅は嬉しそうに笑った。

 あの時もそうだった。死井とデュエルした時、俺は紅に力を借りた。もしかしたら紅なら、今回もやってくれるかも知れない。おそらく次が俺にとって最後のターン。俺1人にカダールと戦うための能力が無いのなら、徹底的に見苦しく足掻いてやる。俺が一時期でもカダールと戦える土俵に立てるなら、プライドを捨ててでも試してやる。

「引ける自信、あるか?」

「ある!」

 即答。だったら俺も、迷う必要は無い。

「定岡先生。俺は紅と戦う。カダールの時も、2人だ。でも俺達はデュエル中に相談はしない。ドローもバトルもエンド宣言も、やりたい方がやる」

「なんだと……! 無茶だ、2人は違う人間だぞ。お互いが足を引っ張ってしまってはどうする!」

 そう言われるのは分かっていた。しかし俺は気の効く言い訳を考えるのをすっかり忘れていた。だが、その必要も無かったみたいだ。

「大丈夫! 兄ちゃんに足を引っ張られても、私が何とかする! 私も友達が大切だから、私だって戦いたい!」

 紅は定岡先生に言い張り、俺の手前へと来てくれた。さすがに先生も困った様子だったが、了承してくれたようだった。

「頼むぞ」

「頼まれてあげる」

「ならば俺達のターンだ。行くぞ!」


伊吹→伊吹&紅【LP:300】
手札:1枚
モンスター:無し
魔法&罠:無し

定岡【LP:1700】
手札:3枚
モンスター:HELL−FLAME−KAISER(攻撃表示・ATK5600)
魔法&罠:ファイヤー・タイガーアックス(装備魔法),ブレイズ・ルード・カイザー(装備魔法)


「(紅ちゃんも伊吹君も、1人ではヘルフレイムカイザーを倒す事が出来なかった。だが、2人ならやれると言うのか……!)」

「手札から魔法カード、ヘルフレイムドローを発動。俺は墓地の炎を支配する者とヘルフレイムエンペラーの2体をデッキに戻し、カードを3枚引く」

 墓地から取り出した、炎を支配する者とヘルフレイムエンペラーを紅に渡し、紅はそれを入れてデッキをシャッフルする。このドローに全てが掛かっている。偶然だろうと何だろうと、構わない。勝って見せてやる。

「ヘルフレイムドローの効果で、私はカードを3枚ドロー!」

 紅はデッキからカードを3枚同時に取り、カードを広げる。紅の手札には、ヘルフレイムカイザーを倒せるカードは無かった。だがそれでも、俺達は勝てる。あの時とは少し違う。でも、同じなんだ。

 俺は紅の手札から1枚のモンスターカードを取り、デュエルディスクへと置いた。

「墓地の炎帝テスタロスをゲームから除外し、手札から炎の精霊 イフリートを特殊召喚する!」


【炎の精霊 イフリート】
★4 炎属・炎族 ATK1700/DEF1000
このカードは通常召喚できない。自分の墓地の炎属性モンスター1体をゲームから除外して特殊召喚する。このモンスターは自分のバトルフェイズ中のみ、攻撃力が300ポイントアップする。


「そして私は、火霊使いヒータを通常召喚っ!」


【火霊使いヒータ】
★3 炎属・魔法使い族 ATK500/DEF1500
リバース:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手フィールド上の炎属性モンスター1体のコントロールを得る。


「火霊使いヒータに、炎の精霊 イフリートを憑依装着っ!」

 紅が宣言すると、イフリートが炎の輪へ姿を変え、目を閉じたヒータの周りを囲む。その様子を見て紅が俺の方を向く。……お前が望んでいる事を言ってやるから、その期待するような眼差しは辞めてくれ。

「煌めく炎が、悪を滅する光となる! 藤原と――」

「――幸恵ちゃんの為に、燃え上がって! 憑依装着−ヒータ!」


【憑依装着−ヒータ】
★4 炎属・魔法使い族 ATK1850/DEF1500
自分フィールド上の「火霊使いヒータ」1体と炎属性モンスター1体を墓地に送る事で、手札またはデッキから特殊召喚する事ができる。この方法で特殊召喚した場合、以下の効果を得る。このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。


 灼眼を見開き、成長したヒータは大きな杖を構え直す。そしてこれが俺達の発動する、最後のカード。

「速攻魔法、エネミーコントローラーを発動! 俺は第1の効果でヘルフレイムカイザーを攻撃表示から守備表示へ変更する!」

 ヘルフレイムカイザーは強大な炎を自ら防ぎ、守備の体勢を取る。


【エネミーコントローラー】 速攻魔法
次の効果から1つを選択して発動する。●相手フィールド上の表側表示モンスター1体の表示形式を変更する。●自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げる。相手フィールドの表側表示モンスター1体を選択する。発動ターンのエンドフェイズまで、選択したカードのコントロールを得る。

【HELL−FLAME−KAISER】DEF0


「ヘルフレイムカイザーは守備力を持たない。しかし守備表示にした所で身代わり効果は発動可能。だがそのモンスターにもダメージ計算は適応されるため、ヒータの貫通能力は有効だ!」

 確かに今の俺達の力では、ヘルフレイムカイザーを倒す事が出来ない。だが定岡先生、あんたのライフをゼロにする事なら出来る。

「憑依装着−ヒータ! HELL−FLAME−KAISEを攻撃だ!」

「行っけぇーーー!」

 ヒータが宙を舞い、憑依装着されたイフリートと共にエネルギー弾を放つ。その攻撃はヘルフレイムカイザーを通り抜け、定岡先生に直撃した。

「うぬぅぅ!」


定岡【LP:1700→0】


 ヘルフレイムカイザー、一面の炎、ヒータが全て同時に半透明になりフィールド上から消えていった。

 終わった……か?

「見事だ。伊吹君、紅ちゃん」

 定岡先生の言葉で完全に安心し、地面に座り込んでしまった。ヘルフレイムカイザーに吹き飛ばされ時も制服が汚れてしまったから、クリーニング行きはもう確定している。

「……勝った」

「バカ! 昔っから、負けず嫌いなんだから!」

 紅は八重歯を見せて笑った。俺も子供の頃の紅を見ているようで、つい笑ってしまった。妹の顔を間近で見るのも、心から笑いあったのも久しぶりだ。笑うのがこんなに楽しいなら、藤原が帰って来た時も笑ってやろうと思う。嫌味であいつを笑った事なら今まで何度もあった。でも、たまには素直に笑うのも悪くない……かもな。

「伊吹君、このカードを受け取ってくれ。ヘルフレイムカイザーがあれば、究極神龍や皇帝神龍にも匹敵する力を持てる。このカードは、キミの物だ」

 定岡先生の手にはHELL−FLAME−KAISERが一番上になっているカードの束があった。

「いいのか?」

「当然だ。今のキミ達なら、きっとやれる」

「ありがとう、定岡先生」

 誰がカダールと戦うかはまだ分からない。本当に俺達が戦っても、勝てるかどうかも分からない。それでも俺は戦いたい。藤原は俺にとってライバル。そして、友達。





第14話「ホオズキ ――偽り」

 その時は一瞬、何が起こったのか分からなかった。

 辺りは炎に包まれ、鉄とガソリンの臭いがした。トラックと自動車は妙な衝突をしてしまったのか、外には出られない空間のようになっていた。最初はもちろん、パニックになったよ。だけど、まずは母さんを探そうと思った。戸惑いと不安で声も出なかったけど、その意思だけを頼りに立ち上がったんだ。でも、母さんはどこにもいない。

 ボクから少し離れた場所に、小さな女の子が倒れていた。流れてくる涙を拭き、全身の痛みを堪えて向った。この子なら、ボクでも救う事が出来る。どんな事があっても守ろうと思った。どんな事があっても。ボクはその一心で、外から助けが来るまで守り続けた。

『…………』

 そう。事故だったんだ。どちらも悪くない。本当に不運だっただけ。でもこれはきっと、ボクのせいだ。この頃からボクはデュエルキングへの執着心が強かった。そんなボクを手中に収める為に、破滅の光は運命を狂わせ――ボクと母さん、平見幸恵の家族を死に至らしめたのかも知れない。

『…………』

 それで、どうなったんだい?

『…………』

 そっか。キミには友達がいて、本当に良かった。






 ――Jデュエルハイスクール デュエル場(体育館)


 夏未さんとのデュエルを終えて、わたしはずっと考え事をしていました。もし誰かがカダールさんに負けてしまって、藤原くんのようになってしまった時――わたしは、また落ち込んでしまう。わたしが負けてしまった時は――どうするのかな。何をすればいいのかな。もし夏未さんの言う通り、カダールさんが優しい人だった時――わたしは、カダールさんを倒す事が出来るのかな。でも。

 わたしが最初に落ち込んだ時、お花屋さんの桜田さんは言いました。

『ホントに大切にしないとダメよ。あんなに幸恵ちゃんの事を考えてくれている人は他にいないんだから、ね?』

 それでもまだ落ち込んでいた時、紅ちゃんは言いました。

『その時ね、幸恵ちゃんは『藤原くんと約束した、失敗して嫌われても好きになってもらうように頑張る』って言っていたよ。この時はもちろんそうだし、今回のも幸恵ちゃんの失敗でも何でも無いよ。でも、少し考え方を変えられない? 藤原さんがいなくなってしまったなら、幸恵ちゃんが探してあげればいいのよ』

 デュエルに怯えていた時、夏未さんは言いました。

『藤原がいないから怖くなる気持ちは分かる。デュエルを続けたくない気持ちも分かる。藤原に会いたいけど、目の前の事が怖いのだって分かる。分かるけど、藤原との約束だけは守りなさい。あなたは藤原の為なら、戦えるのよ』

 わたしにはもう、答えが出ていました。どんな時でも、わたしの事を考えてくれていた藤原くんを大切にすること。どんな時でも、今はわたしが藤原くんを探してあげること。どんな時でも、藤原くんの為に頑張ること。

 体育館の壁に張り付いた時計を見ると、針は16時30分を指しています。約束の時間まで、あと30分。夏未さんも釣られて時計を見ると、わたしの肩に手を置きました。

「行こっか。神之崎さんには、あたしから連絡する」

「うん」

 その時、両開きのドアが開き、

「悪いが幸恵、キミを幸花高校へは行かせない」

 男性の野太い声が体育館に響きます。神之崎さんは、歩いてわたし達の所へ近づきます。

「幸恵」

 わたしを呼んだのは夏未さんでした。目線は神之崎さんの方を向いたままです。

「絶対、勝ちなさい。あたしは先に行って車を用意しとく」

 夏未さんは神之崎さんと入れ違いになるように、体育館を出ました。わたしもデュエルフィールドへと歩き、神之崎さんも反対側のフィールドで立ち止まります。

「幸恵、少し話がある。今ならば全て本当の事を話せる。だから聞いて欲しい。幸恵はトラックとの衝突事故で、ご両親を亡くした。そしてそのトラックに乗っていたのは私の妻と、カダールだった」

「そ、それじゃあ。神之崎さんは自分の家族と、友達を?」

 わたしのお父さんと神之崎さんは、昔から仲の良い友達だと聞いていました。その縁で、わたしは神之崎さんに救われて――

「それは嘘だ。幸恵の父親と私は友達なんかじゃない。彼と話した事も無ければ、声を聞いた事すら無かった。幸恵を初めて見たのも当然、この事故の時だった」

 …………。

「あの時は人手が少なかった頃だった。彼女とカダールはI2社の社員と共に、デュエルモンスターズの宅配をしていたんだ。私も神龍カードの製作を終えたら合流するつもりだった。それなのに事故は起こった。私は知らせを受け、病院へ駆け付けた。到着した頃にはもう、全員が亡くなっていた。幸恵ただ1人を除いて、だ。当時の私はそれが納得出来なかった。デュエルキングになると夢見ていたカダールと妻の死は、一体何の意味があると言うんだ。大事な人を亡くした者は誰もが思う、自分の残り寿命を分け与えてやりたい。いや、生き返るのならば私は死んでしまってもいい! 私の存在は無意味だとしてもカダールと彼女は違う。彼女はカダールを支え、カダールは第2、第3のデュエルキングになっていたのかも知れなかった。幸恵、キミなら分かるハズだ。自分の居場所で大切な人が一緒にいない事が、どんなに悲しい事か」

 神之崎さんの言葉と視線に、わたしは胸を押さえて俯きました。今回はカダールさんを止める事が出来れば、藤原くんを救えます。だけどもし、藤原くんと2度と会える方法が無かったら。わたしは2度と、立ち上がれないかも知れない。

「私は家族の死を認める事が出来なかった。だが当時からデュエルモンスターズの力を使い、死者を蘇らせようと事件を起こした者はいた。I2社にいた私はそれをよく知っており、どの事件も失敗に終わっていた。もうカダールに会えない、だが私はせめてカダールの存在に意味を残したかった。カダールが夢見たデュエルキングになると言う夢を、幸恵に達成させようと思った。私はその為だけに、そんな事の為に幸恵を救った。幸恵の両親と友人だと言う事にしたのも、幸恵の今後の為にデュエルモンスターズを教えたのも全て偽装工作だった。それも全て、表面上での自分自身を正当化させる為だけに。私は卑怯者だった。

 自分勝手だと思う、でも今は幸恵を本当の家族だと思っているんだ。藤原君との出会いや、その仲間との関わりで幸恵は自分の意思を強く持つようになってくれた。だから私は幸恵の事を尊重し、カダールの事で縛る事を諦めていた。そんな時、カダールは再び私の前に現れてくれた。カダールも幸恵も、私の家族なんだ。だから幸恵とカダールに、戦って欲しくない」

 神之崎さんの言葉に、わたしはそっと口を開きました。

「どんな理由があっても、わたしを救ってくれた事を感謝しています。神之崎さんにデュエルモンスターズを教わった事も、恨んでいません。確かにその能力があるせいで、人から嫌われた事もありました。だけど、わたしは本当に大切な人と再会する事が出来ました。ずっとずっと探していた、もう1人の藤原くんです。藤原くんの為に、わたしは自分の信じている事を選択します」

「あの事故の時、カダールが幸恵の事を救っていた事実があったとしても――それを選択するのか?」

 えっ……。

「救急隊の人の話だ。カダールがまるで、妹を守る兄のように見えたと言っていたんだ」

 わたしを、守ってくれた?

「カダールにはデュエルキングになる夢があった。カダールが幸恵を救ってくれた事は今なら感謝出来る、しかし自分自身が死んでしまっては全て無意味なんだ。今、幸恵が言った通り、物事は選択だ。幸運も不幸も、ほとんどは人の選択による物。自分自身の起こした言葉・行動こそがその全て。カダールが死んだのも、カダールの選択ミス。私の乗っていない車に妻子を乗せた事も、私のミス。しかし今、私にも再び選択する時が現れた。我々は藤原君とカダールのどちらかを選択しなければならない。藤原くんには悪いと思う、だが私はカダールの意志と反する選択は取れない。答えは決まっている。幸恵は、本当に藤原君を選ぶのか」

 カダールさんが……わたしを……。

 …………。

 考えなくても、分かっています。わたしは顔を上げて、神之崎さんと目を合わせました。

「どんな事があっても、わたしは藤原くんを選択します。わたしは藤原くんの為に、神之崎さんの敵になります。デュエルにも勝ちます!」

「それでいい。幸恵と違った選択をした私を倒す事で、それが正しい選択だという事を証明して見せるんだ」

 2人で同時にデュエルディスクを構え、デッキをセットします。ここは普通の体育館なのに、この一瞬だけで重苦しい雰囲気に包まれた気がしました。強力なデュエリストと戦う時の威圧と言うべき重圧。

 わたしはデュエルへの恐怖を克服したのかは分かりません。だけど今は藤原くんの為に戦うと思えば、戦えます。


幸恵【LP:4000】
神之崎【LP:4000】


「私が先攻を貰う。手札から魔法カード、名推理を発動する」


【名推理】 通常魔法
相手プレイヤーはモンスターのレベルを宣言する。通常召喚が可能なモンスターが出るまで自分のデッキからカードをめくる。出たモンスターが宣言されたレベルと同じ場合、めくったカードを全て墓地に送る。違う場合、出たモンスターを特殊召喚し、残りのカードを墓地へ送る。


 名推理。発動するだけで、上級モンスターを特殊召喚する可能性を秘めたカードです。名推理で呼び出したいモンスターは中〜高攻撃力に加え、強力な効果を持っているカードです。そしてその両方を兼ね備えているのは必然的にレベルの高いモンスターになります。

 ここで宣言すべきは「レベル8」。レベル8には混沌の黒魔術師、創世神、ネフティスの鳳凰神と言った強力なモンスターが多く、下手に他のレベルを選択してこれらのモンスターを呼び出されるより、他のモンスターが来た方が対処しやすいからです。

「わたしはレベル8を宣言します」

 神之崎さんは黙ってカードを引き、引いたカードをわたしに見せます。

 1枚目――サイクロン。2枚目――大嵐。3枚目――。

「出たモンスターはレベル7の可変機獣 ガンナードラゴン。よってこのカードを攻撃表示で特殊召喚する」


【可変機獣 ガンナードラゴン】
★7 闇属・機械族 ATK2800/DEF2000
このカードは生け贄なしで通常召喚する事ができる。その場合、このカードの元々の攻撃力・守備力は半分になる。


 神之崎さんのフィールド上にキャタピラの機械竜、高攻撃力を持ったモンスターが現れます。ガンナードラゴンはフィールド上で強力な効果を持っていませんが、名推理の半分の目的は達成された事になります。

「さらに神獣王バルバロスを通常召喚する」


【神獣王バルバロス】
★8 地属・獣戦士族 ATK3000/DEF1200
このカードは生け贄なしで通常召喚する事ができる。その場合、このカードの元々の攻撃力は1900になる。3体の生け贄を捧げてこのカードを生け贄召喚した場合、相手フィールド上のカードを全て破壊する。


「バルバロスもガンナードラゴンと同じく、生け贄なしで通常召喚する事が可能なモンスター。だが妥協召喚を行った場合、攻撃力は1900となる」


【神獣王バルバロス】ATK1900


「ターンエンドだ」

 名推理、ガンナードラゴン、バルバロス。神之崎さんのデッキは高レベルと高攻撃力モンスターのデッキです。対して私のデッキには、攻撃力が1500を越えているのはサイレント・マジシャンLV8とTHE トリッキーのみ。上手く神之崎さんのモンスターを減らさないと、わたしに勝ち目はありません。

「わたしのターン、ドロー! 手札のサイレント・マジシャンLV4を墓地へ送り、THE トリッキーを特殊召喚します!」


【THE トリッキー】
★5 風属・魔法使い族 ATK2000/DEF1200
手札を1枚捨てる事で、このカードを手札から特殊召喚する。


「手札から魔法カード、ダブルレベルアップを発動します。墓地のサイレント・マジシャンLV4をゲームから除外し、LV8へ進化させて特殊召喚!」


【ダブルレベルアップ!】 通常魔法
墓地に存在する「LV」を持つモンスター1体をゲームから除外して発動する。そのカードに記されているモンスター1体を、召喚条件を無視して手札またはデッキから特殊召喚する。

【サイレント・マジシャンLV8】
★8 光属・魔法使い族 ATK3500/DEF1000
このカードは通常召喚できない。「サイレント・マジシャンLV4」の効果でのみ特殊召喚できる。このカードは相手の魔法の効果を受けない。


「サイレント・マジシャンLV8で可変機獣 ガンナードラゴンを、THE トリッキーで神獣王バルバロスを攻撃します!」

 高レベル魔術師の同時攻撃で、2体の大型モンスターが破壊されます。神之崎さんにはセットされたカードが無いため、倒せる事は分かっていました。でも。

 でも何か、理由の無い不安を感じずにはいられませんでした。


神之崎【LP:4000→3200】


「カードを1枚セットして、ターン終了です」


幸恵【LP:4000】
手札:2枚
モンスター:サイレント・マジシャンLV8(攻撃表示・ATK3500),THE トリッキー(攻撃表示・ATK2000)
魔法&罠:セット1枚

神之崎【LP:3200】
手札:4枚
モンスター:無し
魔法&罠:無し


「私のターン、ドロー。墓地のバルバロスとガンナードラゴンをゲームから除外し、手札の獣神機王バルバロスUrを特殊召喚する!」

 ガンナードラゴンは鎧と武器に姿を変え、バルバロスが雄叫びを上げて装備します。


【獣神機王バルバロスUr】
★8 地属・獣戦士族 ATK3800/DEF1200
このカードは、自分の手札・フィールド・墓地から獣戦士族モンスター1体と機械族モンスター1体をゲームから除外し、手札から特殊召喚する事ができる。このカードが戦闘を行う場合、相手プレイヤーが受ける戦闘ダメージは0になる。


「バルバロスUrは召喚条件こそ簡単に満たせるが、その高攻撃力が故に相手にダメージを与える事は出来ない。だがサイレント・マジシャンLV8のように魔法効果を受けず、高攻撃力を持っているモンスターには有効なモンスター。そして幸恵、そのリバースカードはブラフだな」

 …………!

「私がこのターンだけでサイレント・マジシャンLV8を倒す事は読めていたのだろう。だが幸恵の手札にそれを対処するカードは無かった。そこでカードを1枚でもセットしておけば私が警戒し、慎重派の私は奇襲を狙って来ないと考えた。だが甘い。私は自分の感情に流され、神のコピーカードを使った事もある男だ。1度大きな過ちを起こした男は、どこかで自分自身が信用出来なくなる。――手札から魔法カード、次元融合を発動。2000ライフを払い、ゲームから除外されたバルバロスとガンナードラゴンを再びフィールド上へ特殊召喚する!」


【次元融合】 通常魔法
2000ライフポイントを払う。お互いに除外されたモンスターをそれぞれのフィールド上に可能な限り特殊召喚する。

神之崎【LP:3200→1200】

【可変機獣 ガンナードラゴン】ATK2800

【神獣王バルバロス】ATK3000


「で、でも次元融合は相手にも特殊召喚をさせてしまうカード! わたしも除外されたサイレント・マジシャンLV4を守備表示で特殊召喚します」


【サイレント・マジシャンLV4】DEF1000


 全て神之崎さんの言う通りでした。わたしがセットしていたのは、手札抹殺。ここまで完全に読まれていたなんて。

「バルバロスUr、サイレント・マジシャンLV8を攻撃だ!」

 バルバロスは腕に装着されたガンナードラゴンの砲身を使い、サイレント・マジシャンへ何発もの弾丸を放ちます。ごめんなさい、サイレント・マジシャン……。

「神獣王バルバロスでTHE トリッキーを、ガンナードラゴンで守備表示のサイレント・マジシャンLV4に攻撃だ!」

 バルバロスが鋭い大槍でトリッキーを貫き、ガンナードラゴンの弾丸でサイレント・マジシャンLV4が破壊されてしまいました。


幸恵【LP:4000→3000】


 神之崎さんのフィールド上には2500以上の攻撃力を持ったモンスターが3体。1ターン前と完全に逆転、それ以上にわたしの方が不利になってしまいました。

「ターンエンドだ」

「わたしのターン、ドロー!」

 今の失敗が、わたしに教えてくれました。考えるべき事は、神之崎さんの考えている事ではありません。大事なのは、わたしが起こす行動によって神之崎さんがどう考えるかと言う事。

 わたしの手札は3枚。その内2枚のカードは手札から発動が出来ないカード。手札の順番を入れ替えて、セットしている手札抹殺を使えば。でも、こんな方法……。

 ううん。迷っちゃいけない。彼に会うために、わたしは神之崎さんに嘘を付きます。

「セットしている手札抹殺を発動させます。お互いの手札を墓地へ送り、捨てた枚数だけ新たにカードを引くカード。わたしが捨てるのはマジック・ストライカー、リビングデッド・ドロー、エクスチェンジの3枚です」

 3枚のカードを神之崎さんに見せて、デュエルディスクの墓地ゾーンへと置きます。神之崎さんは少し目を細めて、効果処理を行ないます。

「私も手札は3枚。お互いに3枚ドローか」


【手札抹殺】 通常魔法
お互いの手札を全て捨て、それぞれ自分のデッキから捨てた枚数分のカードをドローする。


「(何を考えている、幸恵。手札の内容を言い、証拠と言わんばかりに私にカードを見せる。その行動に何の意味がある? 私の読み通り、幸恵の手札に対処可能なカードは無かったと言う事を証明したのか。いや、違う。これは単なる挑発。私が私の戦術を崩したと偽ったように、幸恵も行動に意味があるように見せかけただけ。策士、策に溺れる。策士相手には無意味な手で考えさせ、混乱させる事もデュエルの手段。悪くは無い手だ)」

 神之崎さんは何かを考えていました。でも、大丈夫。

「この時、墓地へ送られたリビングデッド・ドローの効果を発動します。このカードが墓地へ送られた時、私はデッキからカードを1枚ドローします!」


【リビングデッド・ドロー】 通常罠
このカードが墓地へ送られた時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。この効果を発動したターンのエンドフェイズ時、相手はカードを1枚ドローする。


「そして装備魔法、早すぎた埋葬を発動。墓地からTHE トリッキー1体を特殊召喚します!」


【早すぎた埋葬】 装備魔法
800ライフポイントを払う。自分の墓地からモンスターカードを1体選択して攻撃表示でフィールド上に特殊召喚し、このカードを装備する。このカードが破壊された時、装備モンスターを破壊する。

幸恵【LP:3000→2200】


「もう1枚、沈黙の杖−LV8を発動! フィールド上のレベル5、THE トリッキーと手札のレベル3、マジック・ストライカーを墓地へ送り、墓地からサイレント・マジシャンLV8を特殊召喚します!」


【沈黙の杖−LV8】 通常魔法
自分のフィールド・手札から合計レベルが8以上になるようにカードを生け贄に捧げる。自分の手札・デッキ・墓地・除外されている「サイレント・マジシャンLV8」1体をあらゆる召喚条件を無視して特殊召喚する。

【サイレント・マジシャンLV8】ATK3500


「サイレント・マジシャンでガンナードラゴンを攻撃します! サイレント・バーニング!」

 沈黙の魔術師は魔力を小さな杖に膨大な魔力を集め、ガンナードラゴンに向けて放ちます。ガンナードラゴンは迎撃体勢を取りましたが、攻撃を止められずに破壊されます。

「くっ」


神之崎【LP:1200→500】


「カードを1枚セットして、ターン終了です」

「だが私は、幸恵の発動したリビングデッド・ドローの効果でカードを1枚ドローする。そして私のターンでさらにカードを1枚ドロー!」


幸恵【LP:2200】
手札:0枚
モンスター:サイレント・マジシャンLV8(攻撃表示・ATK3500)
魔法&罠:セット1枚

神之崎【LP:500】
手札:5枚
モンスター:獣神機王バルバロスUr(攻撃表示・ATK3800),神獣王バルバロス(攻撃表示・ATK3000)
魔法&罠:無し


「ならず者傭兵部隊を通常召喚。このカードを生け贄に捧げる事で、サイレント・マジシャンLV8を破壊する!」


【ならず者傭兵部隊】
★4 地属・戦士族 ATK1000/DEF1000
このカードを生け贄に捧げる。フィールド上のモンスター1体を破壊する。


 ……! これで残った物はセットされた、このカードだけ。

「手札から魔導書整理を発動。デッキからカードを3枚めくり、順番を入れ替える。」


【魔導書整理】 速攻魔法
自分のデッキの上から3枚カードをめくり好きな順番でデッキの上に戻す。相手はそのカードを確認できない。


 神之崎さんは3番目のカードを一番上にして、デッキに戻しました。デッキトップの入れ替え、と言う事は。

「そうだ。私は神獣王バルバロスを生け贄に、モンスターゲートを発動する」


【モンスターゲート】 通常魔法
自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げる。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキをめくり、そのモンスターを特殊召喚する。他のめくったカードは全て墓地に送る。


 魔導書整理。モンスターゲート。わたしのフィールド上のカード。

「モンスターゲートにチェーンして、セットしていた和睦の使者を発動します!」


【和睦の使者】 通常罠
このカードを発動したターン、相手モンスターから受ける全ての戦闘ダメージを0にする。このターン自分モンスターは戦闘によっては破壊されない。


「いい手だ。確かに私のデッキには人造人間−サイコ・ショッカーが存在する。魔導書整理の効果で入れ替えまでしているんだ、この状況下ならサイコ・ショッカーの特殊召喚が怪しくなる。和睦の使者の効果が決定している状況ではサイコ・ショッカーの効果も無意味。

 では和睦の使者は効果を適応、次にモンスターゲートの効果処理。私が引いたモンスターはレベル5のマジック・キャンセラー。このカードは守備表示で特殊召喚する」

 マジック・キャンセラー……!


【マジック・キャンセラー】
★5 風属・機械族 ATK1800/DEF1600
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り魔法カードは発動できず、全てのフィールド上魔法カードの効果は無効になる。


「確かにこのターン、和睦の使者の効果で幸恵にダメージを与える事は出来ない。しかし私のフィールド上には神クラスの攻撃力を誇るバルバロスUrに加え、魔法効果を封じるマジック・キャンセラーが存在する。よって次のターン、幸恵は魔法カードを引けばそのカードを発動出来ず、敗北する。トラップカードを引いても当然、手札から発動する事は出来ない。それをセットしても無駄だ、私は魔導書整理の効果で次のドローカードを知っている。次が人造人間−サイコ・ショッカーだ。

 しかし私のライフはたった500。幸恵のデッキには直接攻撃能力を持っているマジック・ストライカーが入っているが、それも既に手札抹殺で墓地へ送られている。ドローしたモンスターを守備表示にしても構わないが、その場合は手札のシールドクラッシュを発動させる」

「何も……出来ない……?」

「私はJデュエルハイスクールの生徒に戦術を教える時、最初に言っている事がある。もちろん幸恵に教えた時も例外では無い。デュエルモンスターズはカードゲーム。いくらライフを持っていようが、カードが無ければデュエルに勝つ事は出来ない」

 神之崎さんの言う通りでした。


幸恵【LP:2200】
手札:0枚
モンスター:無し
魔法&罠:無し

神之崎【LP:500】
手札:3枚
モンスター:獣神機王バルバロスUr(攻撃表示・ATK3800),マジック・キャンセラー(守備表示・DEF1600)
魔法&罠:無し


 ライフポイントは勝っていても、わたしには1枚もカードがありません。対して神之崎さんはライフが少なくとも攻撃・防御を兼ね備えた陣形を作り上げていました。

「……わたしのターンです」

 でも逆転のカードは有ります。問題は残りデッキ28枚の中から、あのカード1枚を引く事。わたしは神之崎さんの期待に答えられず、デュエルキングを目指す事が出来ませんでした。だけど。だけど、藤原くんと会うまでは。

「ドロー!」

 わたしと一緒に、一緒に力を合わせて下さい。

「手札から、時の魔術師を召喚します!」

「時の魔術師……! だ、だが時の魔術師の成功確立は2分の1だ!」


【時の魔術師】
★2 光属・魔法使い族 ATK500/DEF400
コイントスで裏表を当てる。当たりは相手フィールド上モンスターを全て破壊する。ハズレは自分フィールド上のモンスターを全て破壊する。さらにこの効果によって破壊された自分のモンスター全ての攻撃力を合計し、その半分のダメージを受ける。この効果は1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに使用する事ができる。


「時の魔術師の効果、タイム・ルーレットを発動!」

 手にしていた杖の針が、時計回りで回転します。神之崎さんは張り詰めるように時の魔術師のルーレットを見ていました。だけどわたしは、自分でも不気味な位に落ち着いていました。

 時の魔術師の針のスピードが遅くなり、1回1回の動きに機械音が響きます。そして――。



【ハズレ】



 ――ドクロマークの書かれた場所で、針は止まりました。

「残念だったな、幸恵」

 次の瞬間。

 針は反時計回りに回転し、フィールド全体の空間が歪みます。わたしが目を閉じて――目を開いた時、神之崎さんのフィールド上にモンスターは1体も存在していませんでした。フィールド上に唯一残ったモンスターは、時の魔術師のみ。


神之崎【LP:500→0】


「バッ……バカな! なぜ私のモンスターとライフポイントが!」

 わたしは墓地から1枚の魔法カードを取り出しました。


【タイムチェンジ】 通常魔法
自分のフィールド上に存在する「時の魔術師」の効果失敗時、自分の墓地に存在するこのカードをゲームから除外する。「時の魔術師」の効果を無効にし相手フィールド上のモンスターを全て破壊する。この効果によって破壊された相手のモンスター全ての攻撃力を合計し、その半分のダメージを相手ライフに与える。


「タイムチェンジ!? まっ……! だ、だがいつ墓地へ……。あの時、墓地へ送られたカードは……エクス……そうか!」

 神之崎さんと目が合った時、わたしは目を逸らしてしまいました。

 あの時――わたしが手札抹殺でカードを墓地へ送る時、左からリビングデッド・ドロー、マジック・ストライカー、タイムチェンジの順に手札を並べ替えました。理由は、タイムチェンジの「タイム」の文字を隠すため。

 タイムチェンジはカード名の後半文字、「チェンジ」の部分だけを神之崎さんに見えるようにして、わたしはそのカードを「エクスチェンジ」と言って嘘を付き、墓地へ送りました。緑色のカードから「チェンジ」と文字が見えている状況なら、「エクスチェンジ」と言うだけでそのカードはエクスチェンジに錯覚してしまいます。そして何より、緻密に計算する神之崎さんなら手札を見せる行動の意味を考え、このトリックに気が付かないと思っていました。

 でも。でも、こんな方法は。

「見てくれ、幸恵」

 神之崎さんは手札にある3枚のカードをわたしに向けました。左から光神機−桜花、シールドクラッシュ、あっ。


【ロスト】 通常罠
相手の墓地のカード1枚をゲームから除外する。


 ロストは墓地のカードを除外するカードです。セットしなかったのは、次のターンで神之崎さんがサイコ・ショッカーをドローするからだと思います。でもあのカードをセットしておけば、タイムチェンジを除外する事も出来ました。

「私はここに残る。私は……私は、カダールが2度死ぬのを見たくない。あの子はもう分かっているハズなんだ。この戦いがどうなるかを。平見さんが外で待っている。早く行くんだ!」

 事故の事、カダールさんの事、神之崎さんの事。考えなくちゃいけない事が、たくさん増えました。でも。

 どんな時でも、わたしの事を考えてくれていた藤原くんを大切にすること。どんな時でも、今はわたしが藤原くんを探してあげること。どんな時でも、藤原くんの為に頑張ること。そしてどんな時でも、藤原くんを選択する事。

「はい! 行って来ます!」

 顔を上げて時計を見ると、針は16時48分を指していました。ここから幸花高校まで、約10分。もう少し、待っていてね。待っていてね、藤原くん。





第15話「フウリンソウ ――感謝の気持ち」

 ボクは死んだのか。何となくだけど、そんな気がした。ここは何処だ。これからどうしようか。そう思っていた時、破滅の光が現れた。

『お前の肉体は死んだ。だがチャンスはある。我と共に、世界を破滅に導く為に蘇るのだ』

 ボクは破滅の光を受け入れた。それは、ほんの数秒。一瞬で全身に力を感じた。

「そうだね。だけど」

 右手を破滅の光へ向ける。感覚的な物だったと思う。ボクは全身全霊を掛けてその存在を否定する為に力を放った。

「ボクを――救ってくれなかったキミは、邪魔だ」

『キ、貴様! ギィヤアアアアアアア!!』

 ボクは世界を破滅させたりしない。この世界には母さんや父さんのように、ボクを好きになってくれる人がいる。デュエルキングを目指そうと思える、夢を持つ事が出来る場所でもあるから。

『…………』

 もうそんな時間か。それじゃあ、行って来るよ。





 ――幸花高校 グラウンド中央

 16時54分。鳥野君は大胆にもバイクを駐輪・駐車場に止めず、一直線にグラウンドへと向った。人の気配が全然無かったのは気になったが、それよりも目に付いたのは中心を囲むように置かれていた銀色の大型機械だった。あれが話に聞いていた、デュエルエナジーとか言う不思議なエネルギーを収束させる機械か。思ったよりも大きく、まるで戦隊物の秘密基地を見ているようだった。

「到着だ、野口君」

「ありがとう。にしても懐かしいなぁ、幸花高校」

 今は夕日で彩られた教室。スリープオーラを発する地理担当の先生はまだいるのだろうか。緑色に変色した水を溜めたプール。水泳部なのに凄ぇ足の速かった彼は今何をしているんだろう。丁寧に手入れされたテニスコート。女子ユニフォームのスカートが妙に短かく、中が見えてしまうのではないかと余計な心配もしたっけ。

 バイクのヘルメットを外し、鳥野君へ渡してデュエル場へ歩く。さすがにバイクのエンジン音に気が付いていたのか、定岡先生と伊吹君、赤髪の女の子が俺を見ていた。

「よっ。久しぶりだな、伊吹君。定岡先生も元気そうで」

「野口君。昨日の夜に言った通り、融合神龍は奴の手に渡っている」

「大丈夫ですよ。定岡先生の儀式神龍は健在なんだ。勝てるさ」

「黒いバイクに赤いマフラー。ヒーローのような登場だな、野口先輩」

「そ、そうだな。それじゃあ次は、仮面を付けて別名でも名乗ろうか?」

 自分でも訳の分からない事を言ったと思ったが、何より伊吹君の変わりように驚きを隠せなかった。以前は随分と冷たい表情をしていたのだが、見違えるような温かい笑顔だった。……っと言う事は。鳥野君の言っていた迷いを完全に吹っ切ったのか。どうやら俺達の心配性だったようだな、鳥野君。

 あとは……見た事がなかった子が1人。消去法なら彼女が伊吹君の妹で間違いないだろう。伊吹君は制服を着ているが、この子は私服だった。伊吹君と同じ赤髪にツンとした目は、黒と赤の服が良く似合っている。

「伊吹紅です。初めまして」

 正直、彼に妹がいたのを聞いた時は本当に驚いた。俺が在学中の時はそんな雰囲気が微塵も無かったし、どちらかと言えば伊吹君は一人っ子の雰囲気があった。これを言ったら2人に怒られるだろうけど、並べばやっぱり兄妹だな。

「おう。俺は野口龍明だ」

 定岡先生、伊吹君、紅ちゃん。まだメンバーが足りない。平見先生、幸恵ちゃん、神之崎さんがまだ来ていない。だが……全員が揃う前に、敵は来たようだ。ゆっくりと、此方へ歩み寄ってくる。

「あいつ、なのか?」

「うん」

 紅ちゃんが答えた。定岡先生も伊吹君も奴の存在に驚いていたので、カダールと面識があったのは紅ちゃんだけって事になるな。

 そして俺自身も驚きを隠せなかった。ヘルカイザーのような服装に、片目が髪で隠れている以外は賢治そのものだったのだ。でも俺は、あの鋭い眼をカダールの物とはなぜか思わなかった。それはあの眼をした賢治を見た事があるからだろう。狂気のように取り付かれたようなあの眼は、子供の頃に復讐を誓った賢治そのものだった。

 お互いが話せる距離になると、カダールが口を開く。声は賢治と違う。

「伊吹紅、また会ったね」

「今日で最後よ。今度こそ最後にしてあげる」

「定岡のおじさん、久しぶりだね」

「……そうだな」

「伊吹紅の兄はキミか。初めまして」

「…………」

「鳥野藍吾、キミもボクと戦う為に?」

「私は野口君の実力を信じている。私が戦う事は無い」

「はははっ。随分と信頼されているね、野口龍明。ボクの父さんの融合神龍を手足のように使いこなした、唯一のデュエリスト」

 冷たく睨むような眼。しかしそれに反して、どこか物腰の柔らかい印象を受けた。俺は勝手にカダールと言う奴は救いようのないクズ野朗だと思い込んでいたが、それは違うのか?

 いや。違っていたとしても、俺のやる事に変わりは無い。

「俺は世間話をする為に来たんじゃない」

「分かっているよ。ボクはここに来るまで、君達のデュエルを見ていた。野口龍明、キミは藤原賢治に救われたからこそボクを倒し、恩返しをしようとしている。そして伊吹兄妹、キミ達は2人で戦う事を決めた。デュエル中にお互い相談はせず、好きな方がフェイズやバトルを行なうと言っていた。でも驚いたよ、キミ達がそんなに仲が良かったとは思わなかった」

 伊吹君は挑発に乗らず、少し前へと出る。

「分かっているなら話は早い。だったらまず――」

「待ってくれ」

 俺はすかさず割り込む。人の会話に割り込むのは好きじゃないが、こればかりは仕方が無い。

「悪いが俺は2番手になるのは嫌だな。伊吹君と紅ちゃんが倒してしまったら俺が来た意味がないだろ? カダール、お前には俺とも同時に戦って貰う」

「伊吹兄妹と野口龍明、と考えると2対1か。それじゃあ、ボクのライフポイントは君達の2倍にでもするのかい?」

「ライフはお互い4000だ。俺達はライフ・フィールド・墓地を共有。そしてターンの進行は、基本のタッグルールと同じにさせて貰う」

 つまり通常、2対1の場合のターンの進行は【カダール→野口→伊吹&紅】っとなるが、タッグルールパターンで進行すると【カダール→野口→カダール→伊吹&紅】となる。

「それだけじゃない。カダール、お前は自分のドローフェイズに2枚のカードをドロー出来る」

「はははっ、面白いね。その条件を付ければOKになる確率はグンと上がる。ライフが2倍だけなら、断わっていたかも知れないしね。だけどその条件はあまりにもボクが有利過ぎないかな。ボクが使うデッキは分かっているよね。融合神龍だよ。それがどう言う意味か分かっているハズだけど」

 カダールの言っている事は正しかった。その通りだろう。

 俺の儀式神龍もカダールの融合神龍も、共通点は切り札モンスターならたった1発でデュエルを終わらせる程の打点を持っている。よって俺達のライフが共有で4000と言うのは危険。2000と2000にしてでも分散させる方がまだ得策かも知れない。さらには伊吹君の炎属性デッキと俺の儀式神龍も特別なコンビネーションが出来る訳では無い。むしろお互いにターンが回りにくくなった分、お互いの足を引っ張りかねない。でも。

「勝手な事を言ってすまない。でも、大丈夫だろう?」

 伊吹君と紅ちゃんは同時に頷いてくれる。そうだ。俺はどうしても最初に戦っておきたかった。理由は言った。伊吹君達にカダールを倒されたらここへ来た意味が無い。俺にはどうしても賢治を救いたい理由がある。幸恵ちゃんはこれからも賢治を救う事が出来る。だけど俺は、今じゃないといけないんだ。こんな大きな出来事はもう無いかも知れない。俺が本当の意味で賢治に恩返しが出来るのは今だ。俺と同じように、伊吹君と紅ちゃんもそう思っている。だからこそ、2人も最初に戦いたいんだ。

「お前は必ず、俺が倒してやる」

「やって見せてよ」

 それぞれがデュエルフィールドの場所へ行き、デュエルディスクを構える。 デュエルディスクの作動に合わせ、周りの機械が音を立てて動き出す。これが俺にとって、最後の大試合だ。負ける訳にはいかない。

「デュエルだ、カダールッ!」


野口 伊吹&紅【LP:4000】
カダール【LP:4000】


「ボクはドローフェイズに、カードを2枚ドロー出来るんだったね」

 カダールはデッキからカードを2枚引き、手札を瞬時に確認しカードを出す。

「ボクは手札から神龍−ハリケーン・ドラゴンを召喚する」


【神龍−ハリケーン・ドラゴン】
★3 風属・ドラゴン族 ATK1200/DEF800
このカードの召喚・特殊召喚に成功したとき、デッキからカードを2枚引き、手札からカードを1枚捨てる。


「ハリケーンの効果はデッキからカードを2枚引き、1枚捨てる効果。ボクは神龍−アース・ドラゴンを捨てる。そして魔法カード、神龍蘇生を発動。アースを蘇生させ、ハリケーンと融合させる。神龍−クエイクハリケーン・ドラゴンを融合召喚だ!」


【神龍蘇生】 通常魔法
自分の墓地からレベル4以下の「神龍」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

【神龍−アース・ドラゴン】
★3 地属・ドラゴン族 ATK1500/DEF500
このカードが攻撃力3000以下の相手モンスターに攻撃するとき、そのモンスターの攻撃力を半分にすることができる。

【神龍−クエイクハリケーン・ドラゴン】
★7 地属・ドラゴン族 ATK2700/DEF800
「神龍−ハリケーン・ドラゴン」+「神龍−アース・ドラゴン」
自分フィールド上に存在する上記のカードを墓地に送った場合のみ、融合デッキから融合召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない。この特殊召喚は融合召喚扱いとする)。このカードは一度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。


 クエイクハリケーン・ドラゴン。攻撃力2700に加え、2回攻撃の効果を持った強力なモンスターだ。2年前のデュエル・アカデミア戦でも、カイザーが初っ端から同効果のサイバー・ツイン・ドラゴンを融合召喚していたな。

「カードを1枚セットして、ターン終了だよ」

 ここまで強力な布陣を揃えておいて、カダールの手札はまだ5枚もある。だが、考えろ。俺が融合神龍を使っていたなら、セットするカードは何だ? ハリケーンとアースを融合させ、万が一の為に次の布石が打てるカード。最も可能性が高いのは、破壊を回避した上で墓地の神龍−ハリケーン・ドラゴンを特殊召喚する――融合解除。

「俺のターン、ドロー! 手札から儀式魔法、神龍儀式を発動させる!」

「来たね。融合神龍と対を成す、儀式神龍が」

「手札の儀式モンスター2体――レベル2の神龍−グラヴィティ・ドラゴンと、レベル4の神龍−インパルス・ドラゴンを墓地へ送り、神龍−アイシクル・ドラゴンを儀式召喚だ!」


【神龍儀式】 儀式魔法
「神龍」と名の付く儀式モンスターの降臨に使用する事ができる。フィールドか手札から、儀式召喚するモンスターと同じレベル以上になるように生け贄に捧げなければならない。このカードの発動に成功した時、このカードは墓地へは行かず自分の手札に戻る。

【神龍−アイシクル・ドラゴン】
★6 水属・ドラゴン族 ATK2500/DEF2500
「神龍儀式」により降臨。このカードの特殊召喚に成功した時、フィールド上に存在するカード2枚を除外する。


 神龍儀式は発動後、手札へ戻る効果を持っている。だがそれでも、残り手札は3枚。大きなカード消費だ。

「儀式召喚したアイシクル・ドラゴンの効果発動。お前のクエイクハリケーンと、セットされたカードをゲームから除外する!」

 神龍−アイシクル・ドラゴンが叫び、地面から複数の巨大な氷柱を発生させる。瞬時にクエイクハリケーンへと向うが、緑と黄色の炎に分裂して2体の神龍と姿を変える。

「速攻魔法発動、融合解除。――キミが読んでいた通りさ」

 ……!? こいつ、俺の考えを読んでいたのか。


【融合解除】 速攻魔法
フィールド上の融合モンスター1体を融合デッキに戻す。さらに、融合デッキに戻したこのモンスターの融合召喚に使用した融合素材モンスター一組が自分の墓地に揃っていれば、この一組を自分のフィールド上に特殊召喚する事ができる。

【神龍−ハリケーン・ドラゴン】DEF800
【神龍−アース・ドラゴン】DEF500


「神龍−ハリケーン・ドラゴンが墓地から特殊召喚された事により、ボクはデッキからカードを2枚引いて、手札から1枚を捨てる」

「アイシクル・ドラゴンの効果は不発に終わったが、攻撃は可能だ! 俺はアース・ドラゴンを攻撃する!」

 アイシクルは同じ様に氷柱で攻撃し、アースを葬る。

 神龍−アース・ドラゴンが攻撃力3000以下のモンスターに攻撃する時、そのモンスターの攻撃力を半分にしてしまう効果がある。アイシクル・ドラゴンの攻撃力は2500、放っておいては戦闘破壊される恐れがある。

「ターンエンドだ」

「またボクのターンか」


野口 伊吹&紅【LP:4000】
野口:手札3枚 伊吹&紅:手札5枚
モンスター:神龍−アイシクル・ドラゴン(攻撃表示・ATK2500)
魔法&罠:無し

カダール【LP:4000】
手札:5枚→7枚
モンスター:神龍−ハリケーン・ドラゴン(守備表示・DEF800)
魔法&罠:無し


「ボクは手札から神龍更迭を発動。自分フィールド上の神龍−ハリケーン・ドラゴンをデッキに戻し、デッキから神龍−イーグル・ドラゴンを特殊召喚する」


【神龍更迭】 通常魔法
自分フィールド上の「神龍」と名のついたモンスター1体をデッキに戻し、デッキからレベル4以下の「神龍」と名のついたモンスターを特殊召喚する。

【神龍−イーグル・ドラゴン】
★4 風属・ドラゴン族 ATK1900/DEF1700
このカードの召喚・特殊召喚に成功した時、フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を守備表示にする事ができる。


「そして神龍−レオン・ドラゴンを召喚、フィールド上のレオンとイーグルを融合させる! 現れろ、神龍−グリフォン・ドラゴン!」


【神龍−レオン・ドラゴン】
★4 風属・ドラゴン族 ATK1700/DEF1900
このカードの召喚・特殊召喚に成功した時、このカードの攻撃力以下の相手のフィールド上に存在する表側表示モンスター全てを破壊する。

【神龍−グリフォン・ドラゴン】
★8 風属・ドラゴン族 ATK3400/DEF3400
「神龍−イーグル・ドラゴン」+「神龍−レオン・ドラゴン」
自分フィールド上に存在する上記のカードを墓地に送った場合のみ、融合デッキから融合召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない。この特殊召喚は融合召喚扱いとする)。このカードの特殊召喚に成功した時、次の効果から1つを選択して発動する。●このカードは罠の効果を受けない。●このカードは魔法の効果を受けない。●このカードはモンスターの効果を受けない。


「ボクがグリフォンの効果で選択するのは『モンスター効果を受けない』だよ」

 っ……。融合神龍だけでなく、儀式神龍の効果も知り尽くしているな。

「そして魔法カード、地砕きを発動。さぁ、野口龍明。手札からそのカードを使うんだ」


【地砕き】 通常魔法
相手フィールド上の守備力が一番高い表側表示モンスター1体を破壊する。


「お見通しだな。俺は手札から神龍転生を捨て、効果を発動させる」


【神龍転生】 速攻魔法
自分のフィールド上に存在する「神龍」と名のついた儀式モンスターが破壊された時、このカードを手札から墓地に捨てる。その儀式モンスターの儀式召喚の生け贄にしたモンスターカードを全て特殊召喚する。(レベル4以下の「神龍」と名のついたモンスターだった場合、あらゆる召喚条件を無視できる)この効果は相手ターンでも発動する事ができる。


「神龍−アイシクル・ドラゴンの儀式召喚に使用したのはこの2体の神龍。俺は墓地からグラヴィティ・ドラゴンとインパルス・ドラゴンを守備表示で特殊召喚する!」

 神龍−アイシクル・ドラゴンが消滅すると、そこから網目状の結界を作った小型の龍と、鉱石で作られたような中型の龍が現れる。


【神龍−グラヴィティ・ドラゴン】
★2 地属・ドラゴン族 ATK600/DEF300
「神龍儀式」により降臨。このカードは相手プレイヤーを直接攻撃する事ができる。直接攻撃に成功する度にこのカードの攻撃力は1000ポイントアップする。このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、フィールド上に存在するレベル3以上のモンスターは攻撃をする事ができない。

【神龍−インパルス・ドラゴン】
★4 炎属・ドラゴン族 ATK1900/DEF2800
「神龍儀式」により降臨。このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した時、相手ライフに1500ダメージを与える。このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が越えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。


「素晴らしいね、野口龍明。思った通りだ。キミはボクや父さんのように緻密に計算してデュエルをしているんじゃない。相手への読みはもちろん、何よりも心で戦っているんだ。デュエルキングが持っていた、揺ぎ無い信念。その気持ちが2年前、Jデュエルハイスクールでのトップである刃金沢を打ち破り、キミの勝利によってデュエル・アカデミア戦の切符を勝ち取った。ボクには、欠けている部分かな」

 こいつ、本当に賢治を乗っ取った男なのか。それが俺にはどうしても信じられなかった。この考え方や気配り。敵とは思えなかった。

「ボクは心の面で強いキミを倒し、その力を得て平見幸恵を倒す」

 …………。

「神龍−グラヴィティ・ドラゴンはレベル3以上のモンスターの攻撃遮断する能力がある。しかしボクの神龍−グリフォン・ドラゴンはモンスター効果を受けない効果を得ている。グリフォン、グラヴィティを攻撃しろ!」

 グリフォンのブレス攻撃は網目の結界を突き破り、グラヴィティは跡形も無く破砕されてしまった。カダールはグラヴィティの効果を分かっていた上でグリフォンにモンスター効果の耐性を選択したんだ。

「ターン終了だ」


野口 伊吹&紅【LP:4000】
野口:手札2枚 伊吹&紅:手札5枚
モンスター:神龍−インパルス・ドラゴン(守備表示・DEF2800)
魔法&罠:無し

カダール【LP:4000】
手札:5枚→7枚
モンスター:神龍−グリフォン・ドラゴン(攻撃表示・ATK3400)
魔法&罠:無し


 次は伊吹君と紅ちゃんのターンだ。相談無しの2人でのデュエル、客観的に見れば無茶苦茶だ。だけど2人は俺を信じてくれた。安心出来る確信が無くても、俺だって2人を信じるに決まっている。

「俺達のターン、ドロー!」

 伊吹君はドローしたカードを手札に加え、紅ちゃんの方へと持っていく。紅ちゃんは両手を使って2枚のカードを取り、デュエルディスクへと置く。

「私は手札から地獄炎の衝撃(ヘルフレイムインパクト)を発動! この効果で召喚するのは、ヘルフレイムエンペラー!」


地獄炎の衝撃(ヘルフレイムインパクト)】 通常魔法
手札から炎属性モンスター1体を自分フィールド上に召喚する(生け贄は必要としない)。このカードによって召喚したモンスターは、元々の攻撃力分だけ攻撃力がアップする。発動ターンのエンドフェイズ時、このカードを発動したプレイヤーはライフが半分になる。

【ヘルフレイムエンペラー】
★9 炎属・炎族 ATK2700→ATK5400
このカードは特殊召喚できない。このカードの生け贄召喚に成功した時、自分の墓地の炎属モンスターを5枚まで除外する事ができる。この効果によって除外した枚数分だけフィールドの魔法・罠を破壊する。


 伊吹君の切り札、ヘルフレイムエンペラーが姿を現す。地獄炎の衝撃とのコンボは強力だが、ライフが半分になってしまうコストもある。それをどうする――と思っていたが、心配は無い。伊吹君は既に手札からカードを手に取っていた。

「魔法カード、ヘルフレイムウォールを発動。このカードの効果で2ターンの間、俺達のライフは変化しない!」


【ヘルフレイムウォール】 通常魔法
自分フィールド上に「ヘルフレイムエンペラー」が表側表示で存在する時のみ発動する事ができる。このカードは発動後(相手ターンで数えて)2ターンの間フィールド上に残り続ける。このカードがフィールド上に存在する限り自分のライフポイントは変化しない。


「まだよ! 私は野口さんの神龍−インパルス・ドラゴンを攻撃表示へと変更!」

「やるな、紅ちゃん。フィールド上が共有ならば俺のカードも使える事に気が付いたか」

「ううん。私、この事を知らないで昨日はカダールに負けた。だからどうしてもやり直したかった。私は、もう負けたくない!」

「たった1日の間に強くなったね、伊吹紅。今日のキミが昨日戦っていたら、ボクは負けていたかも知れないな」

 カダールの言葉に紅ちゃんは少し攻撃を躊躇していた。……奴は頭がいい。これは相手を油断させる為の作戦なのか。それは――違う。違う気がするんだ。自惚れかも知れない、それでも俺への言葉や今の紅ちゃんの言葉は本心で言っている気がする。

「っ、ヘルフレイムエンペラーで神龍−グリフォン・ドラゴンを攻撃よ!」

 攻撃力5400と3400、その差は2000。炎の皇帝は圧倒的な力量差で、グリフォンをも焼き尽くす。これでカダールのライフポイントを一気に削り取る事が出来た。


カダール【LP:4000→2000】


「野口先輩の神龍−インパルス・ドラゴンを使い、カダールに直接攻撃だ!」

 衝撃龍は超音波のような攻撃でカダールへとダメージを与える。この一撃でカダールは完全に追い込まれていた。


カダール【LP:2000→100】


「ターンエンドよ!」

 凄いな。伊吹君と紅ちゃんは、本当に戦えていた。賢治と幸恵ちゃんでも同じ事を出来るだろうかと思う程、息がピッタリだった。


野口 伊吹&紅【LP:4000】
野口:手札2枚 伊吹&紅:手札2枚
モンスター:ヘルフレイムエンペラー(攻撃表示・5400),神龍−インパルス・ドラゴン(攻撃表示・ATK1900)
魔法&罠:ヘルフレイムウォール(フィールド上に存在する限り、ライフが減らない)

カダール【LP:100】
手札:4枚→6枚
モンスター:無し
魔法&罠:無し


 カダールはカードを2枚引き、興じる様に笑う。

「はははっ! キミ達も知っていると思うけど、デュエルキングを追い詰める事が出来たデュエリストは多いよ。いや、そんな事は誰でも出来る。でも彼から残り僅かなライフを奪い取る事が出来た者は数少ない。デュエルモンスターズは当然、ライフポイントが1でも残っていればカードがある限り、いくらでも手がある。だからボクが見せてあげるよ。本当の神龍と、本当のデュエルを!」

 さっきとは打って変わり、奴の目は本気になっていた。おそらくデュエルで俺達に勝つと言う部分では間違いなく本気なんだ。

「手札から神龍−ブリザード・ドラゴンを召喚。この瞬間にブリザードの効果を発動、ヘルフレイムウォールを破壊する!」

 炎に燃え上がったヘルフレイムウォールを一瞬で氷結させ、フィールド上から消滅させる。


【神龍−ブリザード・ドラゴン】
★3 水属・ドラゴン族 ATK1400/DEF600
このカードの召喚・特殊召喚に成功した時、フィールドの魔法・罠を1枚破壊する事ができる。


「フィールド上にブリザードが存在する事により、神龍−ディフェンス・ドラゴンを特殊召喚する」


【神龍−ディフェンス・ドラゴン】
★6 風属・ドラゴン族 ATK1000/DEF2000
自分のフィールド上にカードが存在する時、このカードを手札から守備表示で特殊召喚する事ができる。


 2体の神龍が揃う事で発動するカード。――あのカードを既に持っているのか?

「1枚目の魔法カード、究極神龍融合を発動! フィールド上のブリザードとディフェンス、手札を1枚墓地へ送り、究極神龍を融合召喚する!」


【究極神龍融合】 通常魔法
自分フィールド上に存在する「神龍」と名のついたモンスター2体と手札1枚を墓地に送る。自分の手札・デッキ・フィールド・墓地に存在する、「神龍−ブリザード・ドラゴン」「神龍−バーニング・ドラゴン」「神龍−ハリケーン・ドラゴン」「神龍−アース・ドラゴン」「神龍−ヘヴン・ドラゴン」「神龍−ヘル・ドラゴン」を全てゲームから除外し、召喚条件を無視して融合デッキから「究極神龍」を特殊召喚する。(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)。


 大地が鼓動し、カダールの髪に隠れた片眼が見える程に強風が起こる。俺がかつて使用していた、究極の神龍の姿が眼前にあった。鳥野君とのデュエルが無ければこの圧倒的な威圧感に押しつぶされていたかも知れない。


【究極神龍】
★12 光属・ドラゴン族 ATK5000/DEF5000
「神龍−ブリザード・ドラゴン」+「神龍−バーニング・ドラゴン」+「神龍−ハリケーン・ドラゴン」+「神龍−アース・ドラゴン」+「神龍−ヘヴン・ドラゴン」+「神龍−ヘル・ドラゴン」
自分フィールド上に存在する上記のカードを墓地に送った場合のみ、融合デッキから融合召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない。この特殊召喚は融合召喚扱いとする)。このカードは相手のカードの効果を受けない。


「来たか……究極神龍……」

「ボクが手札から墓地へ送ったカードはリビングデッド・ドロー。このカードの効果で、デッキからカードを1枚ドローする」


【リビングデッド・ドロー】 通常罠
このカードが墓地へ送られた時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。この効果を発動したターンのエンドフェイズ時、相手はカードを1枚ドローする。


「2枚目――。H−ヒートハートを発動。このカードの効果で究極神龍の攻撃力を500ポイントアップさせる!」


【H−ヒートハート】 通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターの攻撃力は500ポイントアップする。そのカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が越えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。この効果は発動ターンのエンドフェイズまで続く。

【究極神龍】ATK5000→ATK5500


 くっ。これでヘルフレイムエンペラーの攻撃力5400をわずかに上回ってしまった。

「3枚目――。二連神龍を発動。このターン、究極神龍は2度の攻撃を行える」

「っ……!?」


【二連神龍】 通常魔法
「神龍」と名のついたモンスター1体は発動ターンのみ、バトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。


「行くよ。究極神龍でヘルフレイムエンペラーに攻撃――ファイブ・ギガソニック・フレアッ!」

 究極神龍は口から膨大な量のエネルギー弾を放つ。フィールド全体を砕いてしまいそうな勢いだった。


野口 伊吹&紅【LP:4000→3900】


 ヘルフレイムエンペラーは地獄炎の衝撃によって攻撃力が上がっていた為、ダメージは僅か100。だが第二波はそうもいかない。

「究極神龍、2回目の攻撃だ! 神龍−インパルス・ドラゴンに攻撃、ファイブ・ギガソニック・フレアァァ!」

 強力な攻撃に吹き飛ばされそうになってしまう。足を思い切り踏ん張り、何とか攻撃に耐えた。紅ちゃんが心配だったが、伊吹君が紅ちゃんを支えていた。


野口 伊吹&紅【LP3900→500】


「――野口君ッ! 避けろ!」

 鳥野君の感情的な声を聞くまで、自分の目の前で起こっている出来事に気が付かなかった。究極神龍の攻撃によって吹き飛ばされた、デュエルエナジー収束機の端末が俺に直撃しそうになっていたのだ。一般冷蔵庫より大きい機械の塊だ。このままのスピードで当たれば、一発で死ぬだろうな。本当に、何の為に来たんだ? 偉そうな事を言ってしまったのに、もう終わりか。俺は本気でビビった時、声も出なくなるのか。知らなかったな。

 その時だった。

「……!」

 機械の塊は不自然に空中で止まり、白い炎のような物に包まれていた。俺がそれを見たと同時に、そのまま地面へと落ちる。

 そこで初めて気が付いた。カダールが右手を突き出し、その手には同じ白い炎が宿っていた事を。カダールが……助けてくれたのか……?

「カダール、お前……」

「…………」

「答えてくれ。俺を救った時、お前はどんな気持ちだった?」

 間の抜けた質問だったか。それとも、答えにくい質問だったか。カダールは沈黙を守った。そうか。やっぱり、そうなのか。

「やっぱり、お前は俺達(・・)と似ている。少し俺に話す時間をくれ。どうしてもお前に聞いて欲しい事がある」

「……ボクは藤原賢治を救った、野口龍明の事は知っている。藤原賢治の両親が殺人事件に巻き込まれてしまった後日の事。キミが彼を元気付け、救った事。だけど逆は知らない。キミは子供の頃、彼に何を救われたんだい?」

「6年くらい前。賢治の両親が殺人事件に巻き込まれてしまった、後日の事だ」

「――!」

 俺の話を聞いていた全員が驚いた様子だった。そりゃあ、そうかもな。カダールの言っている日と俺の言っている日は同日であり、ついでに言うと同時刻でもあった。

「鳥野君、今日のデュエルで言っていたよな。自分と伊吹君は考え方やライバル関係が似ている、と」

「……! 野口君も、なのか?」

「ああ。鳥野君と伊吹君が似ていたように、俺と賢治も似ていたんだ。賢治の両親が殺された時、俺も殺人犯を許せなかった。奪われた賢治の両親を返して欲しかった。だが、そんな事は無理。だったら殺人犯を殺してやろうと思った。徹底的に痛め付け、後悔させてやる。俺は一刻も早く賢治に会い、2人で行動しようと思っていた。賢治も同じ気持ちだろう。2人でやってやると。だが。

――『龍明くん……しよう。ボク達で、復讐しよう……』

 だが俺は、変わり果てた賢治を見て恐怖を感じた。賢治は驚くほど俺と全く同じ事を考えていたんだ。次の言葉を聞く度に、鏡を見て自分に喋っているような感覚だった。その鏡を見ていた時に、自分の心の中にもう1人の人物がいた。彼は冷静に語りかけ、俺を止めた。「賢治を巻き込むな」「自分自身を巻き込むな」「賢治の両親に最も恩返しをする為には、どうすればいい?」「俺と賢治は何を考えるべきか」。殺人衝動に駆られていた俺を冷静に止める、俺がいたんだ」

 俺の言葉に、定岡先生は悟る様に言う。

「人付き合いで必要とされている、EQ(感情知性)と呼ばれるものか……。心の中で感情的になっている自分を冷静に観察出来るのは、EQが高い証拠だ」

――『そんな。龍明くんまで、ボクを!』

――『聞け、賢治!!』

「俺は彼に言われた通り、賢治を説得した。説得していく中で、俺も復讐より目の前の賢治を救ってやりたいと思っていた。そして賢治は俺に答えてくれた。それからも心の中の俺は幾度となく表面上の俺に的確なアドバイスを与え、助けてくれた。

 子供の頃から友達だった俺と賢治は兄弟も同然、もしかしたらそれ以上の存在だ。俺達は互いに無いものを持っていたり持っていなかったりしたが、根本では似通っていた。だったら心の中で冷静にアドバイスをしてくれたもう1人の俺は、賢治も同然。ならば俺は恩返しをする。賢治に。あの時、俺は説得によって賢治を救ったんじゃない、俺が賢治に救われていたんだ。

 カダール、お前を倒し賢治を救う事で俺は賢治への恩を返す。これが俺の戦う理由だ」

「…………」

「もう1度聞きたい、お前は俺を救った時どう思った! お前も俺も、賢治に似ているんだ! だったらきっと、こう思っているんだ。本当に救われたのは――」

「話は済んだかい。ボクはバトルフェイズを終了し、メインフェイズ2へ移行する」

「カダール! お前は俺達の敵じゃないんだ!」

「通常魔法、リバース・コーリングを発動させる。ライフを半分払い、デッキからメタモルポットを墓地へ送る。これでボクと伊吹兄妹は手札を全て捨て、新にカードを5枚ドローする」


カダール【LP:100→50】

【リバース・コーリング】 通常魔法
ライフポイントを半分払う。自分のデッキからリバース効果モンスター1体を選択して墓地へ送り、そのリバース効果モンスターのリバース効果を発動させる。「リバース・コーリング」は1ターンにつき1枚しか発動できない。

【メタモルポット】
★2 地属・岩石族 ATK700/DEF600
リバース:自分と相手の手札を全て捨てる。その後、お互いはそれぞれ自分のデッキからカードを5枚ドローする。


 タッグルールでは現在のターンプレイヤーと前のターンのプレイヤーのみがフィールド上や手札での行動を起こせる。俺が干渉出来るのは俺自身のターンと、その次のターンのみ。

「ボクはカードを1枚セットし、ターンエンドだよ」

「この時、墓地に送られたリビングデッド・ドローの効果で私はカードを1枚ドローする!」


野口 伊吹&紅【LP:500】
野口:手札2枚 伊吹&紅:手札5→6枚
モンスター:無し
魔法&罠:無し

カダール【LP:50】
手札:4枚
モンスター:究極神龍(攻撃表示・ATK5000)
魔法&罠:セット1枚


 カダールのターンが終わった。次は俺のターンだ。

「カダール、礼を言わせてくれ。ありがとう。だがな、デュエルで俺が勝とうとしている事に変わりは無い」

 俺の手札はたったの2枚。神龍儀式とカイザー・グライダー、どちらも今は使えないカードだ。このドローで、このターンで俺の実力が試される。見ているんだろう、賢治? 最後まで俺のデュエルを見ていてくれ。

「俺のターン、ドロー!」





16話以降はこちらから







前へ 戻る ホーム 次へ