バトル In ジェネックス!
後編

製作者:Kunaiさん






第6話「VSヘルカイザー エヴォリューション・レザルト・バースト」

――AM 10:00  デュエル・アカデミア廃寮付近



「うおおおお」


ウィラー【LP:4000→0】


「フフフ……強いなあんたのドラゴンは……」

「ありがとう。ホワイト・ホーンズ・ドラゴン、かなり強かったぜ」

「さすが……ヘルカイザーと互角に張り合ったデュエリスト、野口龍明なだけある……ぐふっ」

 俺はデュエルを終え、対戦相手からジェネックスのメダルを受け取った。


 ……これで丁度、50枚目。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――



―――数ヶ月前



『強い! 圧倒的強さだ、ヘルカイザー!!』

「……!? カイザー……!」

 俺はテレビを見た時、自分の目を疑った。カイザーが若き天才デュエリストと言われているエド・フェニックスに負け、以降のプロリーグで負け続けだった事は知っていた。しかしそれは単に、カイザー自身が本来の調子を取り戻せないだけだと思っていた。


 だが、テレビの前に写っていたカイザーはまるで別人だったのだ。カイザーに何があったのかを知りたかった事もあったのだが、俺はどちらかと言うとその変わってしまったカイザーとデュエルをしたくなった。


 俺、賢治、伊吹君の3人は去年のデュエル・アカデミアでの戦いを出たため、デュエルモンスターズ関係の雑誌に名前とデュエルの様子が少しだけ乗っていた事があった。賢治と伊吹君の方も大きな大会も無く、俺自身もその大会以降はデュエルの大会は1度も出ていなかった。

 っとなるとプロデュエル界でもほんの一部の人間にしか名前は知られていないだろうし、覚えてもいないだろう。俺は堂々とカイザーとのデュエルをする機会も失ってしまったわけだ。そう思って半分諦めていた時、デュエル・アカデミアの校長先生から1枚の手紙とジェネックスの参加メダルが1枚、入っていたのだ。


 そしてカイザーとデュエルをするため、デュエル・アカデミアに来てからプロデュエリストを中心にデュエルを挑み、カイザーと戦うためにデュエルの準備運動をしていたのだ。そして挑戦されない限りデュエル・アカデミアの一般生徒は狙わなかったため、ある意味俺はデュエル・アカデミアに雇われたプレイヤーキラーまがいな事をしている気もするが……。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――





 実はさっきのデュエリストと戦う前に、カイザーを変貌させた根源であろうプロデュエリストのエド・フェニックスに会ったんだ。俺がカイザーを探している事を言うと、少々態度が生意気だったがこの近くで見かけたと言っていた。って……。


「……案外早かったな。もう見つけてしまった」


 カイザーが見えた方向へ歩くと湖(みずうみ)が見え、その付近にカイザーが立っていた。湖は綺麗な水色だからカイザーの真っ黒の服が目立つ。何やらデュエルの準備をしているようだが、対戦相手は……


 ……っ!!


「と、鳥野君……!?」

「野口君じゃないか……! どうしてこんな所に!」

「……野口か」

 カイザーとデュエルをやろうとしていたのは、去年の大会初戦で俺と戦った鳥野君だった。そしてカイザーとは1年ぶりに会ったのに、名前をボソっと言っただけでそれ以上は何も喋ろうとしなかった。

「少しだけ待っていてくれないか、野口君。私がここでヘルカイザーを倒し、次はキミに挑んでやるからな……!」

 カイザーと鳥野君はデュエルディスクを構え、デュエルの準備をする。

「鳥野君……勝てよ」

「もちろんだ……!」



 ――――デュエル!!!



鳥野【LP:4000】
ヘルカイザー【LP:4000】



「私から先攻だ、ヘルカイザー! 私は手札から焼き鳥を発動!! 融合デッキから紅陽鳥を特殊召喚する!!」


【焼き鳥】 通常魔法
自分の融合デッキから炎属性・鳥獣族モンスター1体を特殊召喚する。

【紅陽鳥】
★6 炎属・鳥獣族 ATK2300/DEF1800
「セイント・バード」+「スカイ・ハンター」


「ターン終了だ」

「オレのターン。手札から永続魔法、未来融合−フューチャー・フュージョンを発動。デッキからサイバー・ドラゴン3体を墓地へ送り、2回目のスタンバイフェイズ時にサイバー・エンド・ドラゴンを特殊召喚する」


【未来融合−フューチャー・フュージョン】 永続魔法
自分のデッキから融合モンスターカードによって決められたモンスターを墓地へ送り、融合デッキから融合モンスター1体を選択する。発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時に選択した融合モンスターを自分フィールド上に特殊召喚する(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)。このカードがフィールド上に存在しなくなった時、そのモンスターを破壊する。そのモンスターが破壊された時このカードを破壊する。


「さらにプロト・サイバー・ドラゴンを召喚し、カードを1枚セット。……ターンエンド」


【プロト・サイバー・ドラゴン】
★3 光属・機械族 ATK1100/DEF600
このカードはフィールド上に表側表示で存在する限り、カード名を「サイバー・ドラゴン」として扱う。


「私のターン、手札から大鳥獣−ポッポゥを召喚!!」


【大鳥獣−ポッポゥ】
★2 風属・鳥獣族 ATK1700/DEF2750
その名の通り、巨大な鳥だ!!守備力が反則並みに高いぞ。


 鳥野君のフィールドに巨大な鳥が現れる。これで鳥野君のフィールドにはモンスターが2体並んだ。ヘルカイザーのあのモンスターを倒せれば鳥野君が有利になる。だが……


「まずはポッポゥでプロト・サイバー・ドラゴンに攻撃だ!!」

「罠カード発動、アタック・リフレクター・ユニット!! プロト・サイバー・ドラゴンを生け贄に、サイバー・バリア・ドラゴンを守備表示で特殊召喚する」


【サイバー・バリア・ドラゴン】
★6 光属・機械族 ATK800/DEF2800
このカードは通常召喚できない。このカードは「アタック・リフレクター・ユニット」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。このカードが攻撃表示の場合、1ターンに1度だけ相手モンスター1体の攻撃を無効にする。


「守備力2800……。ターン終了……だ」

「オレのターン。手札から早すぎた埋葬を発動。800ライフを払い、プロト・サイバー・ドラゴンを墓地から特殊召喚させる」


【早すぎた埋葬】 装備魔法
800ライフポイントを払う。自分の墓地からモンスターカードを1体選択して攻撃表示でフィールド上に特殊召喚し、このカードを装備する。このカードが破壊された時、装備モンスターを破壊する。


ヘルカイザー【LP:4000→3200】


「さらに融合呪印生物−光を召喚。融合呪印生物の効果でこのカードとプロト・サイバー・ドラゴンを生け贄にする事によって、サイバー・ツイン・ドラゴンを特殊召喚する」

 カイザーの場に不気味な生物が現れ、それとプロト・サイバー・ドラゴンが融合し、サイバー・ツイン・ドラゴンへと姿を変えていく。プロト・サイバー・ドラゴンはサイバー・ドラゴンと扱う事ができ、融合呪印生物は融合召喚による特殊召喚では無く、通常の特殊召喚だ。カイザーはやはり俺が思っている以上に、より強力なデュエリストになっている……。


【融合呪印生物−光】
★3 光属・岩石族 ATK1000/DEF1600
このカードを融合素材モンスター1体の代わりにする事ができる。その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。フィールド上のこのカードを含む融合素材モンスターを生け贄に捧げる事で、光属性の融合モンスター1体を特殊召喚する。

【サイバー・ツイン・ドラゴン】
★8 光属・機械族 ATK2800/DEF2100
「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」
このモンスターの融合召喚は、上記のカードでしか行えない。このカードは一度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。


「サイバー・ツイン・ドラゴンは1度のバトルフェイズ中に2度の攻撃を行える!! よってオレは貴様のザコモンスター2体にモンスターに攻撃する!! ダブル・ヴァーストォォオ!!!」

「ぐわあぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!」


鳥野【LP:4000→2400】


 サイバー・ツイン・ドラゴンの2回攻撃によって鳥野君の場のモンスターは全滅してしまった。カイザーの場にはまだサイバー・バリア・ドラゴンが存在するので攻撃も守備も揃ってしまっている……。

「カードを1枚伏せ、ターンエンド」

 カイザーは攻撃宣言の時以外、ほとんど冷静な状態でいる……。いや、去年から冷静だった。だが今のカイザーは違う冷静さ、冷徹さを持っているんだ……。

「くっ……私のターン! 手札から冠を戴く蒼き翼を召喚する!!」


【冠を戴く蒼き翼】
★4 風属・鳥獣族 ATK1600/DEF1200
頭の毛が冠のように見える、青白く燃えるトリ。


「そしてトラップ・ブースターを発動!! 私は手札を1枚捨て、手札からゴッドバードアタックを発動する!! このカードの効果によって冠を戴く蒼き翼を生け贄に捧げ、ヘルカイザー……あんたの場のサイバー・ツイン・ドラゴンとサイバー・バリア・ドラゴンを破壊する!!」


【トラップ・ブースター】 速攻魔法
手札を1枚捨てる。手札から罠カード1枚を発動する。

【ゴッドバードアタック】 通常罠
自分フィールド上の鳥獣族モンスター1体を生け贄に捧げる。フィールド上のカード2枚を破壊する。


 冠を戴く蒼き翼は炎の鳥となり、カイザーの2体のモンスターを破壊する。これでカイザーの場にはモンスターがいない……!


「さらに魔法カード、鳥かごを発動!! 自分のフィールドにカードが存在しない時、デッキから鳥獣族モンスターを特殊召喚できる……! よって私はデッキから、ネフティスの鳳凰神を特殊召喚!!」


【鳥かご】 通常魔法
自分のフィールド上にこのカード以外にカードが存在しない場合、デッキから鳥獣族モンスターを特殊召喚できる。

【ネフティスの鳳凰神】
★8 炎属・鳥獣族 ATK2400/DEF1600
このモンスターがカードの効果によって破壊された場合、自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを特殊召喚する。この方法で戻った場合、フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。


「ネフティスの鳳凰神でダイレクトアタックだ! フレイミング・エタニティ!!」

 鳥野君は切り札のネフティスの鳳凰神を召喚し、カイザーへ炎の攻撃を仕掛ける……が、カイザーは全く動じた様子は無かった。


ヘルカイザー【LP:3200→800】


「カードを1枚セットし、ターン終了……」

「オレのターン。そしてこの瞬間、未来融合の効果でオレの場にサイバー・エンド・ドラゴンが特殊召喚される……!」


【サイバー・エンド・ドラゴン】
★10 光属・機械族 ATK4000/DEF2800
「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」
このモンスターの融合召喚は、上記のカードでしか行えない。このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。


「サイバー・エンド・ドラゴンでネフティスの鳳凰神に攻撃!! エターナル・エヴォリューション・バーストォォオオ!!!!」

 サイバー・エンド・ドラゴンが攻撃を放とうとした瞬間、フィールドに竜巻が現れ、サイバー・エンド・ドラゴン自身が粉々に破壊される。


 これは……


「私は速攻魔法、サイクロンを発動……! 未来融合を破壊すればサイバー・エンド・ドラゴンはフィールドに存在できない!!」


【サイクロン】 速攻魔法
フィールド上の魔法または罠カード1枚を破壊する。


 切り札のサイバー・エンド・ドラゴンを失っても、まだカイザー動じた様子が無い。



 …………!!



 まさかカイザーはまだ追撃を行う気なのか……!?

「オレは罠カード、第六感を発動。オレが宣言するのは『1』と『2』だ」


【第六感】 罠
自分は1から6までの数字の内2つを宣言する。相手がサイコロを1回振り、宣言した数字の内どちらか1つが出た場合、その枚数自分はカードをドローする。ハズレの場合、出た目の枚数デッキの上からカードを墓地へ送る。


 バカな……!!なぜこのタイミングで、しかもドロー出来る枚数の少ない『1』と『2』を……?


「…………」

 鳥野君もおかしな事に気が付いたのか、警戒しながらサイコロを振る。出た目は―――。



【5】



「オレはデッキからカードを5枚、墓地へ捨てる」

 カイザーはそう言ってデッキからカードを5枚取り、そのまま地面へカードを投げ捨てる。



【墓地へ送られたカード】
・サイバー・ジラフ
・サイバー・レーザー・ドラゴン
・強制転移
・サイバー・フェニックス
・サイバネティック・フュージョン・サポート



「カイザー……! あんたは自分のデッキを信用していないのか……!!」

 少なくともデュエル中は黙って見ているつもりだったが、俺はつい叫んでしまった。それでもヘルカイザーはまだ俺の方向を見ようともしない。

「カードを墓地へ送る戦術を否定しているわけでは無い……だが、そんな扱い方……」

「オレは手札から速攻魔法化を発動ォォ!! 手札の通常魔法を捨て、このカードの効果はその通常魔法の効果と同じになる!! 俺が手札から捨てた魔法カードはオーバーロード・フュージョン!! このカードの効果でオレは墓地のサイバー・ドラゴン1体を含む11体の機械族モンスターをゲームから除外し、キメラテック・オーバー・ドラゴンを特殊召喚!!!」


【速攻魔法化】 速攻魔法
手札から通常魔法カードを1枚捨てる。このカードの効果は捨てた通常魔法カードの効果と同じになる。

【オーバーロード・フュージョン】 通常魔法
自分のフィールド上または墓地から、融合モンスターカードによって決められたモンスターをゲームから除外し、闇属性・機械族の融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)

【キメラテック・オーバー・ドラゴン】
★9 闇属・機械族 ATK?/DEF?
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。このカードの融合召喚に成功した時、このカード以外の自分フィールド上のカードを全て墓地へ送る。このカードの元々の攻撃力と守備力は、融合素材にしたモンスターの数×800ポイントの数値になる。このカードは融合素材にしたモンスターの数だけ相手モンスターを攻撃する事ができる。


【キメラテック・オーバー・ドラゴン】ATK?→ATK8800


「こ、攻撃力8800……!?」

 ヘルカイザーのフィールドに強制融合されたようなサイバー・ドラゴンが現れる。このカードの召喚が最初からの狙いだったのか……? だとしたらカイザーはサイバー・エンド・ドラゴンすら囮(おとり)に……?

「キメラテック・オーバー・ドラゴンでネフティスの鳳凰神に攻撃!! エヴォリューション・レザルト・バーストォ11レェンダァアアアアアア!!!!!」

「ぐわあぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーー!!!」



鳥野【LP:0】










―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



――同時刻 森林内



「藤原くん、もう10分くらい経つけど……誰もいないね」

「藤原さん、全然デュエリストがいないよ〜?」

「藤原部長、さすがにこんな所には人はいないだろ」

「あーーーっ!! はい、分かりました! 戻りますよ〜〜〜!」

 ボク達にとって、2日目のジェネックスがついに始まった。さっきの言葉は上からユキちゃん、次が紅ちゃん、3番目に伊吹君が喋りました。最後の情け無い言葉はボクだ……。

 昨日はデュエル・アカデミアに来たのが遅かったから、野口さんをあまり探せなかったけど……。今日こそは野口さんを探し、デュエリストとしてデュエルを挑みたい……!! っと、思ってボク達はこうして色々な場所へ移動しているんですが……見つからないです。


「あっ、藤原さん! あそこに人影が……!!」

「…………!」

 紅ちゃんの言う通り、さっきから全く見なかった人影が見えた。こんな場所なのによく見つけられたなぁ。って、それよりも早く誰か確認をしないと……!

 ボクは3人にゆっくり来るように言ってから、走ってその影へと近づいた。もちろん、何が起こるか分からないから警戒して。どんどん影に近づいて行くと、影の主に気がつかれてしまった。木陰にいたのは……アカデミアの制服を着ていない、銀髪の人だった。


 あれ、そういえばこの人……。


「あの、もしかしてプロデュエリストのエド・フェニックスさんですか?」

「……お前達は?」

「ボクは幸花高校の藤原賢治。去年、デュエル・アカデミアの大会で十代君と戦った……」

「あぁ……。幸花高校の藤原、伊吹、野口3人が代表。デュエル・アカデミアの主催した大会に優勝し、アカデミアの代表者と戦う権利を得たものの……確か全敗でしたねぇ、先輩?」

 エド君はちょっと意地悪な笑顔でこっちを向いてきた。や、やっぱり知っている人は知っているんだ。

「うん、あはははは。えーっと、その代表選手の野口さんを探しているんですけど、この辺りで見かけませんでしたか?」

「……野口龍明なら、少し前に見かけた。去年の借りを返すためか知らないが、カイザーを探していたぞ」





「ククククククク……そいつは本当か…………?」





 ……っ!!


 ボク達の後ろの方から聞き覚えのある声が聞こえた。間違いない、この声は――――


「刃金沢……」

「ヒャヒャヒャヒャ!! ザコに呼び捨てされる筋合いはねぇなぁ……」

 ボクは刃金沢が現れる前に、ユキちゃんを自分の後ろへ移動させた。紅ちゃんもボクと並び、今まで見たことも無いくらい怒っている目で刃金沢の方を睨んだ。伊吹君もボクの気持ちを分かってくれたのか、伊吹君はユキちゃんの後ろへ移動した。これで彼がどんな行動をしてももうユキちゃんには……。


 当然と言えば当然だけど、エド君は何も知らないので態度を全然変えずにボクに話しかけた。


「誰だ、こいつは?」

「彼は……ボクの参加メダルを奪ったんだ。デュエルじゃなく、卑怯な方法で……」

「……!! 奪っただと……!」

 さっきまで余裕な表情を保っていたエド君は、急に凄い剣幕で声を出した。今の声は……まるで自分自身の事のように怒っている……。

「クククク……。お前はエド・フェニックスだな。だがなぁ、お前などオレにとってはどうでもいい。野口がいる場所を知ってるんだろ?とっととオレに言うんだな……」

「黙れ!! 貴様のような人間のクズがこの世にいるから、僕の父さんは……!! 僕とデュエルをしろ!! 貴様はここで失格にしてやる!!」

「ヒャヒャヒャヒャ!!! まぐれでプロになった事を教えてやるよ……。ま、奴とのデュエルの前にお前をブッ倒してウォーミングアップでもさせて貰おうかぁ……ハハハハハハハハ!!」





【次回予告】


十代「ど、どうしてエドが刃金沢のヤローと戦っているんだ!?」

賢治「ボクには分からないけど、彼は怒っている……。刃金沢……いや、平気で悪を行う人達を……」

十代「そうか……エドの父さんは……」

賢治「次回、バトル In ジェネックス!!」


第7話「エドVS刃金沢!! DとJ」


十代「違う頭文字(イニシャル)を持つ正義と悪、『D』と『J』が戦う……!!」


【今日の最強カード!】


「今日の最強カードは、大鳥獣−ポッポゥ!!」


【大鳥獣−ポッポゥ】
★2 風属・鳥獣族 ATK1700/DEF2750
その名の通り、巨大な鳥だ!!守備力が反則並みに高いぞ。

「攻撃力1700、守備力2750の鳥獣族モンスターだ!! 守備力が反則並みに高いのに、レベルはなんと『2』。グラヴィティ・バインドもB地区もスラリと通り抜ける事ができるぞ!! ポッポゥ……最高だぜ!!」





第7話「エドVS刃金沢!! DとJ」

 エド君と刃金沢はデュエルディスクを構え、デッキからカードを5枚引く。刃金沢は僕自身がデュエルで決着を付けたかったけど……エド君が急に怒ったのも気になる……。

 それに、「父さん」と言っていたのも……。


「俺のターン、ドロー!! 手札からJ−ソルジャーを攻撃表示で特殊召喚!!」


【J−ソルジャー】
★2 光属・戦士族 ATK800/DEF100
このカードの召喚は特殊召喚扱いにする事ができる。このカードがフィールドから墓地へ送られた時、800ポイントダメージを相手ライフに与える。


「さらにJ−ソルジャーにジェー・ブレードを装備させ、ターンエンド……!」


【ジェー・ブレード】 装備魔法
400ライフポイントを払う。「J」と名のついたモンスターにのみ装備可能。装備モンスターの攻撃力は1000ポイントアップする。フィールド上に表側表示で存在するこのカードが墓地に送られた時、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

【J−ソルジャー】ATK800→ATK1800


刃金沢【LP:4000→3600】


「僕のターン、ドロー! マジックカード、D−スピリッツを発動! そのエフェクトにより手札からD−HERO ダイハードガイを特殊召喚!!」


【D−スピリッツ】 通常魔法
自分フィールド上に「D−HERO」と名のついたモンスターが存在しない場合、手札からレベル4以下の「D−HERO」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。


【D−HERO ダイハードガイ】
★3 闇属・戦士族 ATK800/DEF800
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する時、このカードを除く自分フィールド上の「D-HERO」と名のついたモンスターが戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合、そのモンスター1体を次の自分のスタンバイフェイズ時に自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。この効果は1ターンに1度しか使用できない。


「さらにD−HERO ダイヤモンドガイを召喚し、エフェクト発動!! 僕が引いたのは強欲な壺。よって次のターン、エフェクトの発動が決定した……!」


【D−HERO ダイヤモンドガイ】
★6 闇属・戦士族 ATK1400/DEF1600
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する時、自分のデッキの一番上のカードを確認する事ができる。
それが通常魔法カードだった場合そのカードを墓地へ送り、
次の自分のターンのメインフェイズ時にその通常魔法カードの効果を発動する事ができる。
通常魔法カード以外の場合にはデッキの一番下に戻す。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

【強欲な壺】 通常魔法
自分のデッキからカードを2枚ドローする。


「クキャキャキャキャ!! そんな低攻撃力のモンスターを出してどうするつもりだ……?」

「そしてフィールドマジック、ダーク・シティを発動!!」


【ダーク・シティ】 フィールド魔法
「D-HERO」と名のついたモンスターが攻撃する時、攻撃モンスターの攻撃力が攻撃対象モンスターの攻撃力よりも低い場合、攻撃モンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ1000ポイントアップする。


 エド君が使ったフィールド魔法を発動する事によって、あたり一面が夜の街へと姿を変えていく。


「ダイヤモンドガイでJ−ソルジャーに攻撃!!」

「はぁぁ……? オレのJ−ソルジャーの攻撃力は……」

「この瞬間、ダーク・シティのエフェクト発動! 攻撃したモンスターが攻撃対象モンスターより攻撃力が低い場合、攻撃力を1000ポイント上昇させる! ダイヤモンド・ブロー!!」


【D−HERO ダイヤモンドガイ】ATK1400→ATK2400


 ダイヤモンドガイがフィールド魔法の効果を得ると、刃金沢のモンスターを破壊する。

「ぐぬぉぅ……! だがJ−ソルジャーとジェー・ブレードが墓地へ行った事により、貴様は800ダメージを受け、オレはデッキからカードを2枚引く!!」


エド【LP:4000→3200】
刃金沢【LP:3600→3000】


「ダイハードガイでダイレクトアタック! デス・フォー・フィアーズ!」

「ぐあぁぁあああああああ!!!!!」


刃金沢【LP:3000→2200】


「僕はカードを2枚セットし、ターンエンドだ」

「ビャヒャヒャヒャヒャ!! 所詮、プロデュエリストはこんなモンか……! ドロオォォ!! オレは手札からJ−ビーストを召喚する!!!」


【J−ビースト】
★4 地属・獣族 ATK1950/DEF1950
J−ソルジャーの忠実なるペット。飼い主より攻撃力と守備力の高い、とっても危険な生き物。


「さらにJ−ネオ・ソルジャーを特殊召喚する!!!」


【J−ネオ・ソルジャー】
★2 光属・戦士族 ATK1100/DEF2050
このカードの召喚は特殊召喚扱いにする事ができる。このカードが相手モンスターを破壊した時、相手のライフを半分にする。


「J−ネオ・ソルジャーでダイハードガイに攻撃だ!! ククク、これで貴様は致命ぇ傷を受ける……!!」

「甘いな……! トラップ発動、D−シールド!! ダイハードガイを守備表示に変更し、装備モンスターをバトルから守る!!」


【D−シールド】 通常罠
自分フィールド上に攻撃表示で存在する「D−HERO」と名のついたモンスターが攻撃対象になった時に発動する事ができる。
このカードは装備カードとなり、攻撃対象になったモンスターを守備表示にしてこのカードを装備する。装備モンスターは戦闘によっては破壊されない。


 ネオ・ソルジャーはダイハードガイに攻撃をするが、岩のような盾に遮られて攻撃が跳ね返される。

「おのれえええええ!!! J−ビーストでダイヤモンドガイに攻撃!!」

 J−ビーストがエド君のフィールドに突撃し、ダイヤモンドガイを噛み砕く。しかし、エド君は至って冷静な雰囲気を漂わせている……。これがプロデュエリストの余裕……?


エド【LP:3200→2650】


「トラップカード、デステニー・シグナルを発動!! このカードのエフェクトで僕はデッキからD−HERO ディフェンドガイを特殊召喚!!」


【デステニー・シグナル】 通常罠
自分フィールド上のモンスターが戦闘によって破壊され墓地へ送られたときに発動する事ができる。自分の手札またはデッキから「D−HERO」と名のついたレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。


【D−HERO ディフェンドガイ】
★4 闇属・戦士族 ATK100/DEF2700
相手ターンのスタンバイフェイズ時にこのカードが表側表示で存在する場合、相手プレイヤーはカードを1枚ドローする。


「そしてダイハードガイがフィールド上に存在している時に、自分のD−HEROがバトルで破壊されセメタリーへ送られていた場合、そのモンスターを僕のスタンバイフェイズ時に特殊召喚できる!!」

「ヒヒヒヒヒ、何をやっても無意味だぁぁああ!! さらにオレはサイクロンを発動! 貴様のダーク・シティを破壊する!!」


【サイクロン】 速攻魔法
フィールド上の魔法または罠カード1枚を破壊する。


 フィールドに小さな竜巻が起こり、ダーク・シティは吹き飛ばされてしまった。

「カードを1枚伏せ、ターンエンド………ヒャヒャヒャ!!」

「僕のターン! この瞬間、ダイハードガイのエフェクト発動! ワンダー・アライブ!!」

 ダイハードガイがフィールドに歯車のような物を出現させ、そこからダイヤモンドガイが現れる。

「さらにダイヤモンドガイのエフェクトにより強欲な壺を発動、デッキからカードを2枚引く! そしてダイヤモンドガイのエフェクトをもう1度発動する!! 僕が引いたのはデステニー・ドロー。よって次のターンもエフェクトの発動が決定した」


【デステニー・ドロー】 通常魔法
手札から「D−HERO」と名のついたカード1枚を捨てる。自分のデッキからカードを2枚ドローする。


「フン……」

「そして僕はダイハードガイ、ディフェンドガイ、ダイヤモンドガイの3体を生け贄に捧げ、カモン!! D−HERO ドグマガイ!!」


【D−HERO ドグマガイ】
★8 闇属・戦士族 ATK3400/DEF2400
このカードは通常召喚できない。自分フィールド上に存在する「D−HERO」と名のついたモンスターを含むモンスター3体を生け贄に捧げた場合のみ特殊召喚する事ができる。この特殊召喚に成功した場合、次の相手ターンのスタンバイフェイズ時に相手ライフを半分にする。


「攻撃力3400だと!?」

「ドグマガイでJ−ネオ・ソルジャーに攻撃! デス・クロニクル!!」

「ハハハハハハハハ!! 罠カード、J−ドレインを発動オオ!!!! このカードの効果でオレの場のモンスター2体を生け贄に捧げ、貴様の攻撃を無効にする!! そして貴様のドグマガイの攻撃力と守備力分だけオレはライフを回復する!!!」


【J−ドレイン】 通常罠
自分フィールド上に存在するモンスター2体を生け贄にする。相手モンスター1体の攻撃を無効にし、そのモンスターの攻撃力分と守備力分の数値だけ自分のライフポイントを回復する。


 刃金沢がカードの効果を言うと、紅ちゃんは指を使って計算し始めた。ユキちゃんが言いたそうな顔をしているのは気のせい……?

「えーっと……ドグマガイの攻撃力は3400で、守備力が2400だから……。んー……5800も回復……!?」

刃金沢【LP:2200→8000】


「ヒャハハハハハハハハハハハハハハ!!!! これで貴様とオレのライフの差は歴然!!! もう貴様に勝機はあるまい……!!」

「僕はフィールドマジック、幽獄の時計塔を発動してターンエンドだ」


【幽獄の時計塔】 フィールド魔法
相手ターンのスタンバイフェイズ時に、このカードに時計カウンターを1個乗せる。時計カウンターの合計が4個以上になった場合、このカードのコントローラーは戦闘ダメージを受けない。時計カウンターが4個以上乗ったこのカードが破壊され墓地へ送られた時、手札またはデッキから「D−HERO
ドレッドガイ」1体を特殊召喚する。


 エド君は再びフィールド魔法を使うと空は夜に包まれ、エド君の後ろに巨大な時計塔が現れる。

「ウヒャヒャヒャ!!! オレのターン、ドロォォォォーーー!!!」

「ドグマガイのエフェクト発動! ライフ・アブソリュート!!」

「何……! んぐわぁぁぁぁぁぁああああぁぁぁああああああああぁあ!!!!」


刃金沢【LP:8000→4000】


「ドグマガイが特殊召喚に成功した場合、次の相手ターンのスタンバイフェイズに相手ライフを半分にする……!! さらに幽獄の時計塔のエフェクト発動、相手のスタンバイフェイズ時に時計搭の針が進む!!」

「おのれええええええ!! オレは手札からJ−マジシャンを召喚し、効果を発動ォオ!!! デッキからJの結束を手札に加え、このカードを発動する!!!」


【J−マジシャン】
★4 炎属・魔法使い族 ATK1200/DEF1800
このカードの召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキ・墓地から「J」または「ジェー」と名の付く魔法カードを1枚選択して手札に加える。

【Jの結束】通常魔法
自分のフィールド上に「J」と名のつくモンスターが存在している時のみ発動可能。デッキ、手札からレベル2以下の「J」と名のつくモンスターを2体まで特殊召喚出来る。この効果により特殊召喚したモンスターはエンドフェイズにすべて破壊する。


「オレはデッキからJ−ソルジャー2体を特殊召喚し、マジシャンとソルジャー2体を生け贄に捧げ、J−ゴッド・デーモンを特殊召喚!!!」


【J−ゴッド・デーモン】
★10 光属・悪魔族 ATK4000/DEF2500
このカードは通常召喚できない。「J」と名のつくモンスター3体を生け贄に捧げることでのみ特殊召喚できる。このカードは魔法・罠の効果では破壊されない。


「奴も3体生け贄のモンスターを呼び出したのか……!?」

「それだけじゃない!! 2体のJ−ソルジャーが墓地に行った事で貴様に1600ダメージだ!!」

「…………!!」


エド【LP:2650→1050】


「ハハハハハハ!!!! ゴッド・デーモンでドグマガイに攻撃する!! ゴッド・J・ブレイクゥウウ!!!」

 刃金沢のフィールドに現れたゴッド・デーモンは、素手でドグマガイを破壊した。


エド【LP:1050→450】


「クギャキャキャキャ!! ターンエンドォ!!!」

「僕のターン、ドロー……! ダイヤモンドガイのエフェクトによりデステニー・ドローのエフェクト発動!! ダイヤモンドガイのエフェクトは魔法カードのエフェクトのみ発動するため、発動条件やコストを無視して発動できる!! よって僕は手札のD−HEROを捨てずにカードを2枚引く!!」

「だからどうした……?」

「D−HERO デビルガイを召喚! デビルガイのエフェクトにより、貴様のJ−ゴッド・デーモンを2ターン先の未来に消し飛ばす! デステニー・ロード!!」


【D−HERO デビルガイ】
★3 闇属・戦士族 ATK600/DEF800
このカードが自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する場合、1ターンに1度だけ相手モンスター1体をゲームから除外する事ができる。この効果を使用したプレイヤーはこのターン戦闘を行えない。
この効果によって除外したモンスターは、2回目の自分のスタンバイフェイズ時に同じ表示形式で相手フィールド上に戻る。


「カードを1枚セットし、ターンエンドだ」

 刃金沢はデビルガイにゴッド・デーモンを除外されてから、ずっと下を向きながら笑っていた。紅ちゃんもユキちゃんも、伊吹君でさえ驚きを隠せない表情だ。

「クククク……………………………………………」










 そして次の瞬――――










「ダーーーーーーーーーーーアキョキョキョキヒォヘヘヘヘウヘェァハアアアアハギャハハハ、ハヒッ、ヒッ、ヒッ、ヒィーッ、ヒーーーーヒッヒッヒッヒッヒッヒィィワハハハハギャギャハハハヒハハハハ、アビィボォウォビボウォリボウォビボモキョブブゲゲゲゲゲゲババプォーハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!」


 刃金沢は舌を出しながら笑っていた……。ボクを含めてここにいる5人は絶句している……。


「………………」

「勝った……。計画通りぃぃいいぃぃ!! オレのタゥァーン、ドォオオロォォォゥゥ!!!!」

「……幽獄の時計塔のエフェクト発動。再び時計カウンターが溜まる……!」

 エド君の時計搭の針は6時を指し、鐘の音が鳴り響く。

「ヒャハハハハハ!! ムダムダムダムダァァーーーー!! オレは墓地のJ−ソルジャーを2体ゲームから除外し、手札からジェー・ドローを発動!! デッキからカードを2枚ドロォゥ!!」


【ジェー・ドロー】 通常魔法
自分の墓地に存在する「J」と名の付くモンスター2体をゲームから除外する。自分のデッキからカードを2枚ドローする。


「ヒヒヒヒヒヒィィイイハハハハハハハ!!!!! オレは除外されたゴッド・デーモンを墓地に送り、J−キング・デーモンをしょぉぉうくわぁあああああああん!!!」


【J−キング・デーモン】
★12 光属・悪魔族 ATK4400/DEF5555
このカードは通常召喚できない。このカードは除外されている「J−ゴッド・デーモン」を墓地へ送る事でのみ特殊召喚できる。このカードが相手モンスターを攻撃するとき、そのモンスターの攻撃力は半分になる。


「キング・デーモンで貴様のゴミモンスターに攻撃!! ヒャヒャヒャヒャヒャァァァーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」



 キング・デーモンの衝撃波が収まると、フィールドに存在していたデビルガイが消えていた。



 っと言う事は……。



「ヒャーヒャッヒャッヒャッ!! オレの勝ちだぁぁぁぁあああああ!!」

「何を勘違いしている……?」



エド【LP:450】



「僕は貴様に攻撃される前にトラップカード、エターナル・ドレッドを発動した……! このカードは幽獄の時計塔に時計カウンターを2つ乗せる効果を持っている!!」


【エターナル・ドレッド】 通常罠
「幽獄の時計塔」に時計カウンターを2個乗せる。


「バカなぁぁあああ!! 貴様の時計塔にカウンターが2つ乗っただけで……」

「幽獄の時計塔は時計カウンターが4つ以上溜まった時、このカードのプレイヤーは全ての戦闘ダメージを受けなくなる。詰めが甘かったな、刃金沢……!!」

「だがオレがそのカードを破壊するカードを引けば貴様は終わる……!!! オレはカードを1枚セットし、ターンエンド!!!」

「僕のターン、ドロー!! 手札から天使の施しを発動。デッキからカードを3枚引き、2枚捨てる。そしてセメタリーのD−HERO ディアボリックガイ、エフェクト発動!! このカードをゲームから除外し、同名カードを特殊召喚!!」


【天使の施し】 通常魔法
デッキからカードを3枚ドローし、その後手札からカードを2枚捨てる。

【D−HERO ディアボリックガイ】
★6 闇属・戦士族 ATK800/DEF800
自分の墓地に存在するこのカードをゲームから除外する。自分のデッキから「D−HERO
ディアボリックガイ」1体を選択し、自分フィールド上に特殊召喚する。


「ディアボリックガイを生け贄に、D−HERO ダッシュガイを召喚!! さらにもう1度セメタリーのディアボリックガイをゲームから除外し、デッキから3体目のディアボリックガイを特殊召喚する!!」


【D−HERO ダッシュガイ】
★6 闇属・戦士族 ATK2100/DEF1000
自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げる事で、このターンのエンドフェイズ時までこのカードの攻撃力は1000ポイントアップする。この効果は1ターンに1度しか使用できない。このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。このカードが墓地に存在する場合、1度だけドローフェイズ時にドローしたモンスターカードをお互いに確認し特殊召喚する事ができる。


「そして僕はマジックカード、サイクロンを発動し幽獄の時計塔を破壊する!!」


 フィールドには再び小さな竜巻が起き、幽獄の時計塔が崩れ始める。って、どうしてエド君は自分のカードを破……


「ダーーーーーーーーーーーアキョキョキョキヒォヘヘヘヘウヘェァハアアアアハギャハハハ、ハヒッ、ヒッ、ヒッ、ヒィーッ、ヒーーーーヒッヒッヒッヒッヒッヒィィワハハハハギャギャハハハヒハハハハ、アビィボォウォビボウォリボウォビボモキョブブゲゲゲゲゲゲババプォーハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!」


 ボクと同じ事を思ったのか、刃金沢はさっきと同じ奇妙な笑い方をしている……。

「貴様はやはりゴミだなぁぁぁぁああああ!!! 自ら自分の……なんだとおおおお!?」

「あ、あれは……!」


 ここにいるエド君以外の全員は驚きを隠せなかった。エド君のフィールドには破壊された幽獄の時計塔から非常に巨大なモンスターが現れていたのだ。


【D−HERO ドレッドガイ】
★8 闇属・戦士族 ATK?/DEF?
「幽獄の時計塔」の効果で特殊召喚した場合、
自分フィールド上の「D−HERO」と名のついたモンスター以外の自分のモンスターを全て破壊する。
その後、自分の墓地から「D−HERO」と名のついたモンスターを2体まで特殊召喚することができる。
このカードが特殊召喚されたターン、自分フィールド上の「D−HERO」と名のついたモンスターは破壊されず、コントローラーへの戦闘ダメージは0になる。
このカードの攻撃力・守備力は、自分フィールド上のこのカードを除く「D−HERO」と名のついたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。


「幽獄の時計塔が破壊された時、デッキ・手札からD−HEROドレッドガイを特殊召喚する……!! そしてこのカードが特殊召喚された時、セメタリーのD−HEROを2体まで特殊召喚できる!! 僕はダイヤモンドガイ、ダイハードガイを復活させる!!」


【D−HERO ダイヤモンドガイ】ATK1400
【D−HERO ダイハードガイ】ATK800


 ドレッドガイの効果が発動し、エド君の場にはダイヤモンドガイとダイハードガイがフィールド上に特殊召喚される。エド君のフィールドは一気に5体のモンスターで埋め尽くされた。これが十代君のE・HEROには無い、D−HEROの能力……!!

「ドレッドガイは自分フィールド上のこのカードを除くD−HEROの元々の攻撃力を合計した数値となる……。よってドレッドガイの攻撃力は5100!!」


【D−HERO ドレッドガイ】ATK?→ATK5100


「攻撃力5100だとぉぉぉぉ!?」


「ドレッドガイ、J−キング・デーモンに攻撃だ!! プレデター・オブ・ドレッドノート!!」

「ブゥォハハハハハハハ!!!!! 伏せカードの警戒も出来ないような奴がよくプロデュエリストになったものだ……!! 罠カード発動、聖なるバリア−ミラー・フォース!! これで貴様のモンスターは……」

「ドレッドガイ、エフェクト発動!! ドレッド・バリア!!!」

 J−キング・デーモンの周りにバリアが現れるが、ドレッドガイが腕の鎖でミラー・フォースを破壊し、攻撃がそのままキング・デーモンに直撃した。


刃金沢【LP:4000→3300】


「バカなぁぁああああああああ!!!!」

「ドレッドガイが特殊召喚されたターン、あらゆるD−HEROはバトルとエフェクトダメージから守られる!! ダッシュガイ、ダイヤモンドガイ、ダイハードガイ、ディアボリックガイ!! 刃金沢にダイレクトアタック!!」

 エド君の攻撃宣言と同時に4体のD−HEROは空中へジャンプし、一気に刃金沢へダメージを与える。

「んぎゃぁあああああああああああああああああああああーーーーーーーーーーー!!!!!!!」



刃金沢【LP:3300→0】



 エド君は気絶した刃金沢へ近づき、デュエルディスクにセットされていたデッキを1枚1枚確認していく。

「やはりこいつがあのカードを持っているわけが無いか……。このクズの処理は僕に任せろ。後で倫理委員会の連中に、回収しておくように連絡しておく」

「……ありがとう、エド君」

「フン……僕は単にデュエルをしたかっただけさ。そんな事より、早く行かなくていいのか? 僕が野口龍明に会ってから、随分時間が経ったぞ」

「あっ……!!」

 エド君のデュエルを見ていて、すっかり忘れていた……! これじゃあまた野口さんを探さなきゃならない事に……。

「早く行こ、藤原くん!!」

「早く早く、藤原さん!!」

「早くしろ、藤原部長!!」

「な、何も3人でボクを呼ばなくても……!」

 再びボクは先頭に立ち、野口さんを探すために森を歩く……。


















「おい……。あいつら、僕から行き先を聞かなくて良かったのか……?」





【次回予告】

十代「刃金沢のヤローも捕まえたし、俺とデュエルしようぜ賢治!!」

賢治「まだ……まだ、見届けなければならないデュエルが1つだけあるんだ……!!」

十代「そ、そうだった!! カイザーはサイバーダークのカードを使い……」

賢治「対する野口さんは神龍を使って戦う……」

十代「次回、バトル In ジェネックス!!」


第8話「皇帝神龍、降臨」


賢治「野口さんはついに、皇帝神龍を召喚する……!!」


【今日の最強カード!】


「今日の最強カードは、J−ネオ・ソルジャー!!」


【J−ネオ・ソルジャー】
★2 光属・戦士族 ATK1100/DEF2050
このカードの召喚は特殊召喚扱いにする事ができる。このカードが相手モンスターを破壊した時、相手のライフを半分にする。

「攻撃力1100守備力2050の、超強力で反則スレスレモンスターの1枚だ! 召喚を特殊召喚扱いに出来て、しかも相手モンスターを破壊したらライフを半分に出来るんだ。収縮や突進を使い、うまく相手のライフを削って行こうぜ!!」





第8話「皇帝神龍、降臨」

 鳥野君とカイザーのデュエルが終わり、フィールドのソリッドビジョンが消えていく。キメラテック・オーバー・ドラゴンの攻撃で鳥野君のカードが何枚か地面に落ちてしまっていたため、俺はカードを拾って鳥野君の方へ向かった。

「すまない、わざわざカードを拾わせてしまって……」

「……構わない。気にしないでくれ」

「ハハハッ、失敗だ……。どうせ失格になるなら、野口君とデュエルをしてからにすれば良かったな」

「鳥野君、ここで待っていてくれ。5分くらいで終わらせる」

 俺は早朝に調整したデッキをデュエルディスクにセットし、カイザーの方へ向かう。

「デュエルだ、カイザー」

「……いいだろう。誰とやろうがオレは勝つ。それに……お前には俺の、サイバー流裏デッキの力を見せてやる。お前はこのデッキの存在を知っていて、俺の所へ来たのだろう」


 確かに俺はデュエル・アカデミアの校長先生からその話を聞いていた。もちろんそのデッキの存在も気になっていたが、俺が一番気になっていたのは……


「……………………」

「……………………」


 お互いの準備が完了し、数秒間の沈黙が起こる。



――――デュエル!!!



野口【LP:4000】
ヘルカイザー【LP:4000】



「俺のターン、ドロー! 神龍−バーニング・ドラゴンを攻撃表示で召喚し、カードを2枚セットする。ターンエンドだ」


【神龍−バーニング・ドラゴン】
★3 炎属・ドラゴン族 ATK1600/DEF400
このカードが守備表示のモンスターを攻撃したとき、その守備モンスターの守備力は0となる。


「オレのターン!! 魔法カード手札抹殺を発動。手札を5枚捨て、デッキからカードを5枚ドローする。貴様も手札を全て捨て、カードを引くがいい」

 カイザーは手札をゴミのように捨て、デッキからカードを引く。手札抹殺は相手プレイヤーにも適応されるカード……。カイザーは何を考えている……?


【手札抹殺】 通常魔法
お互いの手札を全て捨て、それぞれ自分のデッキから捨てた枚数分のカードをドローする。


「にしても、カイザー……。あんた……本当に変わってしまったな」

「オレはさらに大嵐を発動。貴様のリバースカードを全て破壊する」


【大嵐】 通常魔法
フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。


 フィールドに大嵐が起き、俺のセットしていたカードが2枚とも破壊されてしまった。

「くっ……!」

「さらに永続魔法、リビングデッド・ジョイントを発動。これで貴様の墓地のカードを俺の墓地としても扱える……!!」


【リビングデッド・ジョイント】 永続魔法
相手の墓地に存在するカードは自分の墓地のカードとして扱う事ができる。


「オレは手札からサイバー・ダーク・キールを攻撃表示で召喚!!」


【サイバー・ダーク・キール】
★4 闇属・機械族 ATK800/DEF800
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地に存在するレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を選択してこのカードに装備カード扱いとして装備し、その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をアップする。このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した時、相手ライフに300ポイントダメージを与える。このカードが戦闘によって破壊される場合、代わりに装備したモンスターを破壊する。


「このカードの召喚成功時、墓地に存在するレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を装備させ、その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をアップさせる……。オレは貴様の墓地から手札抹殺によって墓地に送られた、神龍−アース・ドラゴンを装備する!!」

 カイザーの場に出てきた不気味なモンスターがアース・ドラゴンを装着し、攻撃力を上昇させる。


【神龍−アース・ドラゴン】レベル3 ATK1500
【サイダー・ダーク・キール】ATK800→ATK2300


「サイバー・ダーク・キールでバーニング・ドラゴンに攻撃!!」

 アース・ドラゴンの攻撃力を得たサイバー・ダークに、バーニング・ドラゴンは一方的に破壊されてしまう。これがカイザーのサイバー流裏デッキの正体か……!


野口【LP:4000→3300】


「まだだ! キールの効果で貴様に300ポイントのダメージを与える!!」

「ぐわぁぁぁ……!」


野口【LP:3300→3000】


「ターンエンドだ」

「くっ……俺のターン! 手札から神龍−イーグル・ドラゴンを攻撃表示で召喚する!!」


【神龍−イーグル・ドラゴン】
★4 風属・ドラゴン族 ATK1900/DEF1700
このカードの召喚・特殊召喚に成功した時、フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を守備表示にする事ができる。


「イーグル・ドラゴンの効果発動! サイバー・ダーク・キールの表示形式を変更する!!」


【サイバー・ダーク・キール】DEF800


「アース・ドラゴンの攻撃力を得ても守備力は上昇していない……! イーグル・ドラゴンでサイバー・ダーク・キールに攻撃だ!!」

 イーグル・ドラゴンが竜巻を起こして攻撃をするが、破壊されたのは装着されたアース・ドラゴンだけだった。

「ククッ……。サイバー・ダークは装備しているモンスターを身代わりにする事で、戦闘によっては破壊されない……」

「……ターンエンドだ」

「オレのターン。手札からサイバー・ダーク・エッジを攻撃表示で召喚」

「別のサイバー・ダークのモンスターか……!」


【サイバー・ダーク・エッジ】
★4 闇属・機械族 ATK800/DEF800
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地に存在するレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を
選択してこのカードに装備カード扱いとして装備し、その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をアップする。このカードは相手プレイヤーを直接攻撃する事ができる。その場合、このカードの攻撃力はダメージ計算時のみ半分になる。このカードが戦闘によって破壊される場合、代わりに装備したモンスターを破壊する。


「次は貴様の墓地のバーニング・ドラゴンを引きずり出し、サイバー・ダーク・エッジに装備させる!!」


【神龍−バーニング・ドラゴン】レベル3 ATK1600
【サイバー・ダーク・エッジ】ATK800→ATK2400


「サイバー・ダーク・エッジは攻撃力を半分にする事で直接攻撃を行える! カウンター・バーン!!」


【サイバー・ダーク・エッジ】ATK2400→ATK1200


「くぅっ……!!」


野口【LP:3000→1800】


「オレはサイバー・ダーク・キールを守備表示に変更し、ターンエンドだ」


「(どうしたんだ、野口君……? ヘルカイザーは確かに強いデュエリストだ。だが、野口君なら手だろうが足だろうが出せるハズ……。これでは一方的にヘルカイザーが攻撃をしているような気がする……)」


「俺のターン……! 手札から生け贄の代償を発動させ、イーグル・ドラゴンを生け贄に捧げる! そしてデッキからカードを2枚ドロー!!」


【生け贄の代償】 通常魔法
自分のフィールド上に存在するモンスター1体を生け贄に捧げる。自分はデッキからカードを2枚ドローする。


「さらに神龍の盾を発動!! 俺はデッキから神龍−ヘヴン・ドラゴン、神龍−ブリザード・ドラゴン、神龍−ハリケーン・ドラゴンを特殊召喚する!!」


【神龍の盾】 通常魔法
自分のフィールド上にモンスターが存在しない場合、デッキからレベル4以下の神龍モンスターを攻撃表示で3体特殊召喚する。そのモンスターは特殊召喚ターンには攻撃、生贄、融合できず次の自分のエンドフェイズまで攻撃力と守備力が0になる。

【神龍−ブリザード・ドラゴン】ATK1400→ATK0
このカードの召喚・特殊召喚に成功したとき、フィールドの魔法・罠を1枚破壊する事ができる。

【神龍−ヘヴン・ドラゴン】ATK1000→ATK0
このカードが戦闘によって破壊された時に発生する戦闘ダメージを0にし、その戦闘ダメージ分だけ自分のライフポイントが回復する。

【神龍−ハリケーン・ドラゴン】ATK1200→ATK0
このカードの召喚・特殊召喚に成功したとき、デッキからカードを2枚引き、手札からカードを1枚捨てる。


「俺はハリケーン・ドラゴンの効果でデッキからカードを2枚引き、1枚捨てる。そしてブリザード・ドラゴンの効果でサイバー・ダーク・エッジに装備されたバーニング・ドラゴンを破壊する!!!」


【サイバー・ダーク・エッジ】ATK2400→ATK800


「だが神龍の盾で特殊召喚したモンスターは攻撃・生贄・融合が出来ない。俺はカードを1枚セットし、ターンエンドだ」

「俺のターン、ドロー。サイバー・ダーク・エッジを守備表示に変更し、カードを2枚セットする。ターンエンド」


 ……!! 攻撃してこない……?


「……俺のターン、ドロー! ならば……俺は手札から誘導神龍を発動!!」


【誘導神龍】 通常魔法
ライフを1000払う。自分のデッキ・墓地から「神龍」と名の付いたカードを手札に加える。


野口【LP:1800→800】


「俺はデッキから神龍儀式を手札に加え、このカードを発動させる!!」


【神龍儀式】 儀式魔法
神龍モンスターの降臨に必要。フィールドか手札から、儀式召喚するモンスターのレベル以上になるようにカードを生け贄に捧げなければならない。このカードの発動に成功した時、このカードは墓地へは行かず、自分の手札に戻る。


「このカードは儀式召喚が必要な神龍のためのカード……!! 俺はフィールドの3体の神龍モンスターと手札の神龍−ヘル・ドラゴンを墓地へ送り―――」

「合計レベル12だと……!?」

「やっと少しは驚いてくれたようだな……。俺は手札から皇帝神龍を、攻撃表示で儀式召喚する!!」

 皇帝神龍をデュエルディスクにセットすると、フィールド全体に雷が発生し、巨大なドラゴンが現れる。これが俺の最強の儀式神龍モンスター……



【皇帝神龍】
★12 闇属・ドラゴン族 ATK5000/DEF5000
「神龍儀式」により降臨。このカードの攻撃力は墓地の神龍モンスター1体につき1000ポイントアップする。このカードがカードの効果によって破壊される時、自分の手札を2枚捨てる事で破壊される事を無効にしそのカードを破壊する。このカードはバトルフェイズ中に攻撃力を半分にする事で、もう1度だけ続けて攻撃する事ができる。



「皇帝神龍は墓地の神龍モンスター1体につき攻撃力が1000ポイントアップする。俺の墓地に存在する神龍は7体!! よって皇帝神龍の攻撃力は12000となる!!」


【皇帝神龍】ATK5000→ATK12000


「俺はサイバー・ダーク・キールに攻撃後!! カイザー・トゥエルブ・フレアァァァ!!!」

 皇帝神龍の圧倒的な攻撃に、キール一瞬で消滅する。

「皇帝神龍はこのターンのバトルフェイズ中、攻撃力を半分にする事でもう1度だけ続けて攻撃を行える!! サイバー・ダーク・エッジに追加攻撃!!」

 サイバー・ダーク・キールに当たった攻撃がフィールド全体に拡散し、サイバー・ダーク・エッジを破壊する。これでカイザーのフィールドにモンスターは存在せず、この状況で皇帝神龍を戦闘以外で破壊するのはカイザーとは言え困難な状況となった……!


「カイザー……。俺はあんたに、あの時の誇りを取り戻して欲しい。一体何があったんだ……? あんたがそこまで変わったのは、どうしてなんだ……!?」

「……このターンで終わらせてやる」

「言いたくないなら、いい……。だがこのターンで終わらせるのは……俺だ」

「罠カード発動、成功確率0%……貴様の融合デッキからランダムに2体のモンスターを墓地へ送る」


【成功確率0%】 通常罠
相手の融合デッキから融合モンスター2体をランダムに墓地へ送る。

【墓地へ送られたカード】
・究極神龍
・フレイムブリザード・ドラゴン


「……俺の墓地に神龍モンスターが2体増えた事で、皇帝神龍の攻撃力がさらに2000ポイント上昇する」


【皇帝神龍】ATK12000→ATK14000


「そして俺は手札から、サイバーダーク・インパクトを発動ォォ!!! 墓地に存在するエッジ、キール、そしてホーンをデッキに戻し、鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴンを特殊召喚する!!」


【サイバーダーク・インパクト!】 通常魔法
自分の手札・フィールド上・墓地から、「サイバー・ダーク・ホーン」「サイバー・ダーク・エッジ」「サイバー・ダーク・キール」をそれぞれ1枚ずつデッキに戻し、「鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン」1体を融合デッキから特殊召喚する。(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)


【鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン】
★8 闇属・機械族 ATK1000/DEF1000
「サイバー・ダーク・ホーン」+「サイバー・ダーク・エッジ」+「サイバー・ダーク・キール」
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。このカードが特殊召喚に成功した時、自分の墓地に存在するドラゴン族モンスター1体を選択してこのカードに装備カード扱いとして装備し、その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をアップする。自分の墓地のモンスターカード1枚につき、このカードの攻撃力は100ポイントアップする。このカードが戦闘によって破壊される場合、代わりに装備したモンスターを破壊する。


「サイバー・ダーク・ドラゴンは召喚時、墓地に存在するドラゴン族モンスターを装備する。俺は貴様の墓地の究極神龍を引きずり出し、サイバー・ダーク・ドラゴンに装備!!」

 カイザーの不気味なモンスターが3体融合し、別の機械竜へと変化する。そしてカイザーのフィールドに究極神龍が現れ、サイバー・ダーク・ドラゴンが吸収する。

「まだ効果は続く!! オレの墓地のモンスターカード1枚につきサイバー・ダーク・ドラゴンの攻撃力は100ポイントアップする! そしてリビングデッド・ジョイントの効果で貴様の墓地のモンスターもオレのカードとして扱うため攻撃力5000アップに加え、さらに1000ポイントアップ!!」



《墓地のモンスター》
【神龍−ブリザード・ドラゴン】【神龍−バーニング・ドラゴン】【神龍−アース・ドラゴン】
【神龍−ハリケーン・ドラゴン】【神龍−ヘヴン・ドラゴン】【神龍−ヘル・ドラゴン】
【神龍−イーグル・ドラゴン】【フレイムブリザード・ドラゴン】
【ヘル・ドラゴン】【ボマー・ドラゴン】



【鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン】ATK1000→ATK7000



「成功確立0%の効果で攻撃力の高い神龍を墓地に送り、最初の手札抹殺の時から既にサイバー・ダーク・ホーンと他のモンスターを墓地へ送っていたのか……!」

「オレはさらに、リミッター解除を発動。サイバー・ダーク・ドラゴンの攻撃力を倍にする!!」


【リミッター解除】 速攻魔法
このカード発動時に自分フィールド上に存在する全ての表側表示機械族モンスターの攻撃力を倍にする。エンドフェイズ時この効果を受けたモンスターカードを破壊する。


【鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン】ATK7000→ATK14000


「これで貴様は1000のダメージを負い、敗北する……。サイバー・ダーク・ドラゴンで皇帝神龍に攻撃!!! フル・ダークネス・バーストオォォォオオオ!!!!!」



 サイバー・ダーク・ドラゴンは超音波のような攻撃を、皇帝神龍へ向かって攻撃を放つ。



 俺のライフはたったの800。対するカイザーは未だ4000。



 だが……デュエルは結果的にライフを「0」にすれば勝てる。



 つまりどれだけライフがあっても、一撃でライフを0にする攻撃力があれば―――!!







 俺は待っていた……。フィールド上の「神龍」に攻撃してくる事を!!!







「罠カード発動、神龍魂!! このカードの効果で皇帝神龍は墓地の神龍モンスターの攻撃力を全て得る!! 墓地の神龍モンスターの総攻撃力は12200、皇帝神龍の攻撃力は24200となる!!」


【神龍魂】 罠
このカードの効果は、モンスター・魔法・罠の効果を無視して適用され、自分が1000ライフポイント以下の時のみ発動する事ができる。自分フィールド上の神龍1体を選択する。このターン、選択したモンスターのみが攻撃可能になり、自分の墓地に存在する神龍モンスター全ての攻撃力を加える。発動ターンのエンドフェイズ時、このカードを発動したプレイヤーは墓地に存在する全てのモンスターの攻撃力分のダメージを受ける。


《墓地の神龍モンスター》
【神龍−ブリザード・ドラゴン】ATK1400【神龍−バーニング・ドラゴン】ATK1600
【神龍−アース・ドラゴン】ATK1500【神龍−ハリケーン・ドラゴン】ATK1200
【神龍−ヘヴン・ドラゴン】ATK1000【神龍−ヘル・ドラゴン】ATK1300
【神龍−イーグル・ドラゴン】ATK1900【フレイムブリザード・ドラゴン】ATK2300


【皇帝神龍】ATK12000→ATK24200



「カイザー!! これで目を覚ませ……!!!」

「まだだぁぁあああ!! 罠カード、魔法石の再採掘を発動ォ!!! 墓地のリミッター解除をもう1度発動させる!!!」


【魔法石の再採掘】 通常罠
自分の墓地に存在する魔法カード1枚を選択し、発動する。以後自分のドローフェイズを2回スキップする。



【鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン】ATK14000→ATK28000



「っ……!!」

「敗者は消えろォォォ!!!!」

 異常なほど上昇したサイバー・ダーク・ドラゴンの攻撃力に、皇帝神龍は成す術も無く破壊されてしまった。



野口【LP:0】



「カイザー……さすがだな」

 俺はデュエルディスクにセットされていたカードをデッキに戻し、参加メダルをカイザーに渡そうとする……が、カイザーは受け取らなかった。

「オレはこの大会などに興味は無い。そのメダルを使って参加したければ、勝手にすればいい」

「ハハハ、負けたのにこれ以上は参加出来ないさ。……受け取らないなら、このメダルはどうすればいいと思う?」

「……そこの湖にでも捨てておくんだな」

 俺はわざと笑いながらカイザーに聞いたのに、カイザーは顔色1つ変えなかった。でも俺には分かる。カイザーがこんな事をしているのには何か目的があるんだ……。



 …………必ず。



「そうだ、鳥野君は参加メダルをどうする?」

「そんな事を聞かないでくれ。私も野口君と同じだ」

「…………ああ」

 気が付いた頃には、カイザーはもう森の奥へと行こうとしていた。ダメだと思うけど……もう1度試してみるか。

「カイザー!!」

 カイザーはこっちを振り向かず、足だけを止めた。

「あんたの提案だけど、メダルを湖に捨てるのは環境によろしく無いぞ」






「…………………………」






「…………………………」






「…………………………」






「…………………………」






 カイザーどころか鳥野君まで沈黙し、何とも言えない雰囲気が漂っている……。その微妙な雰囲気がある程度消えると、カイザーはそのまま森へ行ってしまった。


「野口君、そろそろ朝の分の船が出るぞ。急ごう」

「……ああ」

 負けてしまったが、カイザーとデュエルが出来たため悔いは無い。でも唯一、引っかかる事は……。


 賢治はまだ残っているのか……?


 見当が付かないが……残っていたらすまん。もし残っていたら、俺の分まで大会を頑張ってくれよ!! ……っとまぁ、それっぽい事を鳥野君と歩きながら思ってしまった。





【次回予告】


十代「賢治の先輩とカイザーのデュエル、凄かったなぁぁ〜〜〜!」

賢治「そうだね……! でも、ボクもジェネックスで野口さんと戦えなかったのは残念だったな……」

十代「って事は……うぉぉぉ〜〜〜〜!! やっと俺と賢治のデュエルか!!」

賢治「次回、バトル In ジェネックス!!」


第9話「十代VS藤原(前編) ラストデュエル!」


十代「バトル In ジェネックス、最後のデュエルが……ついに始まる!!」


【今日の最強カード!】


「今日の最強カードは、皇帝神龍!!」


【皇帝神龍】
★12 闇属・ドラゴン族 ATK5000/DEF5000
「神龍儀式」により降臨。このカードの攻撃力は墓地の神龍モンスター1体につき1000ポイントアップする。このカードが効果によって破壊される時、自分の手札を2枚捨てる事で破壊される事を無効にしそのカードを破壊する。このカードはバトルフェイズ中に攻撃力を半分にする事で、もう1度だけ続けて攻撃する事ができる。

「神龍儀式によって降臨する、賢治の先輩が使う最強の神龍の1体だ。墓地の神龍1体につき攻撃力が1000ポイントも上がり、2回攻撃をする事も可能なんだぜ!! でも、2回目の攻撃の時は攻撃力が半分になってしまうから、注意して使おうぜっ!」





第9話「十代VS藤原(前編) ラストデュエル!」

 ――AM 11:11  デュエル・アカデミア 校舎外



「究極恐獣(アルティメットティラノ)のダイレクトアタック!!」

「おぎゃーん!!」


餌腐(F)【LP:3000→0】
剣山【LP:3950】


「へっへっへー、勝ったザウルス!」

「さすがだなー、剣山!!」

「当然ドン!!」


 ん……!?


 うおっ!? い、1話の使い回しじゃねーか!?


「……どうしたんだドン、アニキ?」

「あ、いや、何でもないぞ。ははははは!!」


 と、とにかく。

 俺は遊城十代(ゆうき じゅうだい)。って、もう知っているよな。ジェネックス大会も、もう少しで終わりだ。最初は多かったデュエリスト達も少しずつ減り、今ではホワイトの連中ばかり残っている……んだけど、万丈目がホワイトの連中を中心にデュエルで倒し、サンダー軍団とか作っていたな。

 ……そーゆーの好きだな、万丈目。



 ―――そんな事より、今日もまだデュエルしていないんだよな〜。



「今日もデュエルしていないザウルス?」

「う〜〜〜ん。俺とデュエルをしてくれる人が……」



「ついに見つけたじょ……!! じゃなかった、十代くん!」

「おぉっ!! 賢治じゃねーか!」

 後ろの方から、賢治が声を掛けて来た。昨日と同じで、賢治の回りには背の高い人と女の子が2人いた。にしても賢治……ノリが良すぎるぜ。

「十代君、この辺で赤いハチマキをした人がいなかった?」

「知っているぜ、去年カイザーと戦った人だろ〜? 剣山がここでデュエルをする前に、鳥が好きそうな人と港へ向かってたぜ。う〜ん、港へは帰るような雰囲気だったけどな〜……」

 俺が話し終わると、背の高い人がボソッと喋る。

「……負けたか、野口先輩」

「うん……。きっと鳥野さんも一緒に……」

「残念だったね……藤原くん……」

 賢治と背の高い人と、小さい方の女の子は状況を察しているようだけど、赤い髪の女の子は全然分かっていなさそうだ。

「えっ、えっ? 野口さんってすっごい強いんじゃないの? 負けたの?」

「バカが。倒したのはヘルカイザーに決まっているだろう……」

「そんなの知らないよ、バカ。私は去年いなかったんだし」

「…………」

 同じ赤髪だし、目つきがそっくりだから2人は兄弟っぽいな〜。で、でも、俺のせいで何ともイヤな空気になっちまった気がするんだけど……。剣山もそれを察したのか、俺の耳元へ近づいてボソボソと話す。

「(どうするドン、アニキ? みんな黙っちゃったザウルス)」

「(うぐっ……)そ、そうだ賢治! 俺とデュエルやろうぜ!! 俺の新しいヒーローも賢治に見てもらいたいし……どうだ!?」

 賢治は俺の言葉を聞いて驚いた様子だったけど、すぐに笑ってくれた。

「十代君……ありがとう。此方こそ、よろしく……!」

「うおっしゃあああ! さっそくデュエル場へ移動だ!」





 ――PM 11:20  デュエル・アカデミア デュエル場


「ここは去年、ボク達がデュエルした場所……」

「ああ! やっぱりここが一番だろ〜!」

 賢治の外野席にはさっきの3人と、俺の方には万丈目、明日香、剣山の3人が座っている。

「フン……お前が負ける姿を拝みに来たぞ、十代!」

「本当は幸恵ちゃんと紅ちゃんのいる、あっちに行きたいけど……」

「アニキー、頑張るザウルスー!!」

「おう!!」


「藤原部長……まぁ……頑張れよ……」

「伊吹君……ボクが負けるって言っているような気が……」


「藤原さん! 負けたら……絞めちゃうよ?」

「えっ! 紅ちゃんが言うと、本当にやりそうでコワイです!」


「藤原くん、頑張って……!」

「ありがとう、ユキちゃん!」





 ――デュエル!!


十代【LP:4000】
藤原【LP:4000】


「ボクのターン、ドロー! モンスターを守備表示でセットし、ターン終了!」

「俺のターン!」

(クリクリ〜!)

 おっ、ハネクリボー! そうか、去年は賢治とのデュエルでは来てくれなかったんだよな。今回はサポート頼むぜ……!

「手札からE・HERO フェザーマンを召喚!!」


【E・HERO フェザーマン】
★3 風属・戦士族 ATK1000/DEF1000
風を操り空を舞う翼を持ったE・HERO。天空からの一撃、フェザーブレイクで悪を裁く。


「フェザーマンで裏側モンスターに攻撃! フェザーブレイクッ!」

 フェザーマンが羽根を飛ばし、賢治のモンスターへと攻撃する……が、攻撃が跳ね返り、俺の方へと飛んでくる……!

「うぁぁー! ま、まさか……」


十代【LP:4000→3000】


「この瞬間、マシュマロンの効果発動! 裏側のこのカードを攻撃したプレイヤーは1000ダメージを受ける……!」


【マシュマロン】
★3 光属・天使族 ATK300/DEF500
裏側表示のこのカードを攻撃したモンスターのコントローラーは、ダメージ計算後に1000ポイントダメージを受ける。このカードは戦闘によっては破壊されない。(ダメージ計算は適応する)


「うおっ、やっぱりマシュマロンだったか……。俺はカードを1枚セットして、ターンエンド!」

「ボクのターン……! 手札から沈黙の剣−LV5を発動! フィールドのマシュマロンを生け贄に、デッキからサイレント・ソードマンLV5を特殊召喚する!!」


【沈黙の剣−LV5】 速攻魔法
自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げる。自分のデッキ・手札・墓地・除外されている「サイレント・ソードマンLV5」1体を自分のフィールド上に特殊召喚する。

【サイレント・ソードマンLV5】
★5 光属・戦士族 ATK2300/DEF1000
このカードは相手の魔法の効果を受けない。このカードが相手プレイヤーへの直接攻撃に成功した場合、次の自分のターンのスタンバイフェイズ時に表側表示のこのカードを墓地へ送る事で「サイレント・ソードマンLV7」1体を手札またはデッキから特殊召喚する。


「サイレント・ソードマンでフェザーマンに攻撃! 沈黙の剣LV5……!!」

 賢治のサイレント・ソードマンの攻撃で、俺のフェザーマンが破壊されてしまう。


十代【LP:3000→1700】


「うぐっ、罠カードヒーロー・シグナルを発動! このカードの効果で俺はデッキからE・HERO バーストレディを特殊召喚!」

 天井にヒーロー・シグナルが現れ、俺のフィールドにバーストレディが特殊召喚される。


【ヒーロー・シグナル】 通常罠
自分フィールド上のモンスターが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時に発動する事ができる。自分の手札またはデッキから「E・HERO」という名のついたレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。

【E・HERO バーストレディ】
★3 炎属・戦士族 ATK1200/DEF800
炎を操るE・HEROの紅一点。紅蓮の炎、バーストファイヤーが悪を焼き尽くす。


「……ボクのターンは終了です」

「俺のターン、ドロー! 魔法カード黙する死者を発動し、墓地のフェザーマンを特殊召喚! そして手札から融合を発動し、E・HERO フレイム・ウィングマンを融合召喚!!」


【黙する死者】 通常魔法
自分の墓地から通常モンスター1体を表側守備表示で特殊召喚する。そのモンスターはフィールド上に存在する限り攻撃をする事ができない。

【融合】 通常魔法
手札またはフィールド上から、融合モンスターカードによって決められたモンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。

【E・HERO フレイム・ウィングマン】
★6 風属・戦士族 ATK2100/DEF1200
「E・HERO フェザーマン」+「E・HERO バーストレディ」
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。このカードが戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時、破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。


「さらにH−ヒートハートを発動! フレイム・ウィングマンの攻撃力を500ポイント上げる!」


【H−ヒートハート】 通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターの攻撃力は500ポイントアップする。そのカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が越えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。この効果は発動ターンのエンドフェイズまで続く。

【E・HERO フレイム・ウィングマン】ATK2100→ATK2600


「行けぇ、フレイム・ウィングマン! フレイム・シュート!!」

 フレイム・ウィングマンは右腕から炎のブレスを放ち、サイレント・ソードマンを破壊する。よし、これでフレイム・ウィングマンの効果も発動出来る……!



「んぐっ……!」


藤原【LP:4000→3700】


「まだだぜ、賢治! フレイム・ウィングマンは戦闘で破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える!!」


「うわぁぁぁ!」

藤原【LP:3700→1400】


「あぁぁぁ、藤原さんのライフが一気に1400に……」

「ふ、藤原くん……」


「俺はモンスターを守備表示でセットし、ターンエンドだっ!」

「ボ、ボクのターン……! 手札から早すぎた埋葬を発動し、墓地からサイレント・ソードマンLV5を特殊召喚!!」


【早すぎた埋葬】 装備魔法
800ライフポイントを払う。自分の墓地からモンスターカードを1体選択して攻撃表示でフィールド上に特殊召喚し、このカードを装備する。このカードが破壊された時、装備モンスターを破壊する。

藤原【LP:1400→600】


「そして地砕きとシールドクラッシュを発動! フレイム・ウィングマンと守備モンスターを破壊する……!!」


【地砕き】 通常魔法
相手フィールド上の守備力が一番高い表側表示モンスター1体を破壊する。

【シールドクラッシュ】 通常魔法
フィールド上に守備表示で存在するモンスター1体を選択して破壊する。


「うあっ……! フレイム・ウィングマン……!!」

 地砕きとシールドクラッシュの効果で、俺の場は全滅してしまった。でも俺がセットしていたカードは……!

「俺がセットしていたモンスターはハネクリボー……! このカードが破壊された時、このターン俺へのダメージが全て0になる!」


【ハネクリボー】
★1 光属・天使族 ATK300/DEF200
フィールド上のこのカードが破壊され墓地に送られた時に発動する。発動後、このターンにこのカードのコントローラーが受ける戦闘ダメージは全て0になる。


「こ、攻撃しても意味が無いか……。とりあえずボクのターンは終了です」

「俺のターン、手札から強欲な壷を発動! デッキからカードを2枚ドロー!!」


【強欲な壷】 通常魔法
2枚ドローってオイシイっすよね……とろけちまいそうっス、先パイ。


「そしてフェイク・ヒーローを発動し、手札からE・HERO ネオスを特殊召喚!!」


【フェイク・ヒーロー】 通常魔法
自分の手札から「E・HERO」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。そのモンスターは攻撃する事はできず、このターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。

【E・HERO ネオス】
★7 光属・戦士族 ATK2500/DEF2000
ネオスペースからやってきた新たなるE・HERO。ネオスペーシアンとコンタクト融合する事で、未知なる力を発揮する!


「こ、これが十代君の言っていた新しいE・HERO、ネオス……!」

「ああ!! そして俺はN・アクア・ドルフィンを召喚し、ネオスとアクア・ドルフィンをコンタクト融合させる!!」


【E・HERO アクア・ネオス】
★7 水属・戦士族 ATK2500/DEF2000
「E・HERO ネオス」+「N・アクア・ドルフィン」
自分フィールド上に存在する上記のカードをデッキに戻した場合のみ、融合デッキから特殊召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない)。手札を1枚捨てることで相手の手札1枚をランダムに選択し破壊する。この効果は1ターンに1度しか発動できない。エンドフェイズ時にこのカードは融合デッキに戻る。


「アクア・ネオスでサイレント・ソードマンに攻撃、ラピッド・ストーム!!」

 アクア・ネオスが腕にエネルギーを溜め、サイレント・ソードマンへと放った。

「っ……!」


藤原【LP:600→400】


「これで俺は、ターンエンドだ」

 俺がエンド宣言をするとアクア・ネオスは消滅し、デッキへと戻って行く。俺も最初に驚いたんだけど、やっぱり賢治達も驚いていた。これって何て言うんだっけ? たしか、「呆気に取られる」ってやつだった気がする。

「あ、あれ……? アクア・ネオスが消えた……?」

「コンタクト融合したネオスは1ターンしか地上に残れないんだ。俺の今のライフは1700だから、それ以上のモンスターをドローされたら負けるな〜」

「それじゃあ……ボクのターン!! うぐっ、やっぱり肝心な所で足りない……。ボクは手札から冥府の使者カイアスを召喚!」


【冥府の使者カイアス】
★4 光属・戦士族 ATK1500/DEF1700
このカードがフィールド上で相手のコントロールするカードによって破壊された時、破壊された種類によって以下の効果を得る。●戦闘によって破壊されていた場合、デッキから「冥府の使者ゴラル」を手札に加える事ができる。●カードの効果によって破壊された場合、デッキから「冥府の使者カイエン」を手札に加える事ができる。


「こ、攻撃力1500……!あぶねぇ……!」

「カイアスで十代君に直接攻撃!!」

「うぁぁぁぁーーー!」


十代【LP:1700→200】


「ターン終了……!」

 俺には手札もフィールドも何も無い……。頼むぜ……バブルマン!!

「ドロー!! へへっ、俺は手札からE・HERO バブルマンを特殊召喚!!」

「そんな……! この状況でバブルマンを……って、去年も同じような事を言ってしまった気が……」


【E・HERO バブルマン】
★4 水属・戦士族 ATK800/DEF1200
手札がこのカード1枚だけの場合、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に自分のフィールド上と手札に他のカードが無い場合、デッキからカードを2枚ドローする事ができる。


「俺はバブルマンの効果でデッキからカードを2枚ドローし、手札から融合回収(フュージョン・リカバリー)を発動! バーストレディと融合を回収し、バブルマンとバーストレディを融合! スチーム・ヒーラーを融合召喚!!」


【融合回収】 通常魔法
自分の墓地に存在する「融合」魔法カード1枚と、融合に使用した融合素材モンスター1体を手札に加える。

【E・HERO スチーム・ヒーラー】
★5 水属・戦士族 ATK1800/DEF1000
「E・HERO バーストレディ」+「E・HERO バブルマン」
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。このカードが戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時、破壊したモンスターの攻撃力分だけ自分のライフポイントが回復する。


「スチーム・ヒーラーでカイアスに攻撃だ!!」

「ぐぐっ……!」

「そしてスチーム・ヒーラーは戦闘で破壊したモンスターの攻撃力分、回復する事が出来る!」

「カイアスが戦闘によって破壊された時、デッキから冥府の使者ゴラルを手札に加える……!」


藤原【LP:400→100】
十代【LP:200→1700】


「何とか逆転したぜ……! ターンエンドだ!」

「ボクのターン……! モンスターをセットし、ターン終了」

「よし、このまま一気に畳み掛けるぜ! スチーム・ヒーラーで裏側のモンスターに攻撃だ!!」

「ファイバーポッドの効果発動! お互いのフィールド・手札・墓地のカードをデッキと合わせてシャッフルし、デッキからカードを5枚ドローする!」

「ライフ以外を全てリセットするカードか……!」

 ファイバーポッドが爆発し、スチーム・ヒーラーが消える。俺と賢治は自分のデッキと墓地と手札をシャッフルし、デッキからカードを5枚引く。


【ファイバーポッド】
★3 地属・植物族 ATK500/DEF500
リバース:お互いにフィールド上カードと手札と墓地のカードをデッキに合わせてシャッフルする。その後デッキからカードを5枚ドローする。


「ん……? スチーム・ヒーラーでライフが回復しない……?」

「ファイバーポッドの効果が発動し、スチーム・ヒーラーがフィールドに存在しなくなったから、効果は発動しないよ」

「なにーっ! で、でも俺はまだモンスターを召喚していないぜ。手札からN・グラン・モールを召喚!」


【N・グラン・モール】
★3 地属・岩石族 ATK900/DEF300
このカードが相手モンスターと戦闘を行う場合、ダメージ計算を行わず相手モンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す事ができる。


「攻撃力900……?」

「グラン・モールは相手モンスターと戦闘を行なう場合、ダメージ計算を行なわずにこのカードと相手モンスターを手札に戻せるんだ。これで下手には攻撃出来ないハズだぜ……?」

「さすがだね、十代君……! ボクのターン、ドロー! 手札からならず者傭兵部隊を召喚し、生け贄に捧げる。生け贄に捧げた事によって、十代君のグラン・モールを破壊!」


【ならず者傭兵部隊】
★4 地属・戦士族 ATK1000/DEF1000
このカードを生け贄に捧げる。フィールド上のモンスター1体を破壊する。


「で、でも賢治はもうモンスターを召喚出来ないハズ……!」

「さらに魔法カード、遺言状を発動! デッキからサイレント・ソードマンLV3を特殊召喚!!」

「うおっ!」


【遺言状】 通常魔法
このターンに自分フィールド上のモンスターが自分の墓地へ送られた時、デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を特殊召喚する事ができる。

【サイレント・ソードマンLV3】
★3 光属・戦士族 ATK1000/DEF1000
このカードを対象とする相手の魔法の効果を無効化する。自分のターンのスタンバイフェイズ時、表側表示のこのカードを墓地に送ることで「サイレント・ソードマンLV5」1体を手札またはデッキから特殊召喚する(召喚・特殊召喚・リバースしたターンを除く)。


「サイレント・ソードマンLV3で十代君に直接攻撃……! 沈黙の剣−LV3!!」

「うぁーーーーーーーー!」


十代【LP:1700→700】


「カードを3枚セットし、ターン終了!」

「俺のターン! 俺は手札からE・HERO ワイルドマンを召喚!」


【E・HERO ワイルドマン】
★4 地属・戦士族 ATK1500/DEF1600
このカードは罠の効果を受けない。


「ワイルドマンに罠は効かないぜ……! いけぇ、ワイルドスラッシュ!!」

「速攻魔法、月の書を発動! ワイルドマンを裏側守備へ変更する……!」


【月の書】 速攻魔法
表側表示でフィールド上に存在するモンスター1体を裏側守備表示にする。


「罠じゃなかったのか……。とりあえず、ターンエンドだ!」

「ボクのターン、ドロー! そしてサイレント・ソードマンLV3はLV5へ進化する。さらに手札からレベルアップ!を発動! LV5をLV7へ進化させる!!」

「1ターンでサイレント・ソードマンをLV7まで進化させたのか……!」


【レベルアップ!】 通常魔法
フィールド上に表側表示で存在する「LV」を持つモンスター1体を墓地へ送り発動する。そのカードに記されているモンスター1体を、召喚条件を無視して手札またはデッキから特殊召喚する。

【サイレント・ソードマンLV7】
★7 光属・戦士族 ATK2800/DEF1000
このカードは通常召喚できない。「サイレント・ソードマンLV5」の効果でのみ特殊召喚できる。このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、フィールド上の魔法カードの効果を無効にする。


「手札から異次元の女戦士を召喚し、サイレント・ソードマンで裏側のワイルドマンに攻撃!!」


【異次元の女戦士】
★4 光属・戦士族 ATK1500/DEF1600
このカードが相手モンスターと戦闘を行った時、相手モンスターとこのカードをゲームから除外する事ができる。


「異次元の女戦士で十代君に直接攻撃!」

「罠カード発動、ヒーロー見参!!」


【ヒーロー見参】 通常罠
相手の攻撃宣言時、自分の手札から相手プレイヤーはカード1枚をランダムに選択する。それがモンスターカードだった場合は自分フィールド上に特殊召喚する。違った場合は墓地に送る。


「うっ……嫌な予感がするけど……十代君から見て一番左のカード……」

「当たりだぜ、賢治! 俺は手札からE・HERO ネオスを特殊召喚!!」

「ぎゃー……」


【E・HERO ネオス】
★7 光属・戦士族 ATK2500/DEF2000
ネオスペースからやってきた新たなるE・HERO。ネオスペーシアンとコンタクト融合する事で、未知なる力を発揮する!


「タ、ターン終了……」

「俺のターン、ドロー! 俺は手札からN・ブラック・パンサーを召喚!! そしてネオスとブラック・パンサーをコンタクト融合!!」

「……! ネオスは様々なネオスペーシアンと融合する事で、違った効果を得られる……!」

「そう……! それが俺の新しいヒーロー、ネオスの力だ! いでよ、E・HERO ブラック・ネオス!!」


【E・HERO ブラック・ネオス】
★7 闇属・戦士族 ATK2500/DEF2000
「E・HERO ネオス」+「N・ブラック・パンサー」
自分フィールド上に存在する上記カードをデッキに戻した場合のみ、融合デッキから特殊召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない)。フィールド上に表側表示で存在する効果モンスター1体を選択する事ができる。このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、選択したモンスターはフィールド上から離れるまで効果が無効化される(この効果で選択できるモンスターは1体まで)。エンドフェイズ時にこのカードは融合デッキに戻る。


「ブラック・ネオスの効果発動! 賢治の場のサイレント・ソードマンLV7の効果を無効にする!!」

「モンスター効果を無効にする効果……!?」

「これで俺は魔法カードを使えるようになった……! フィールド魔法、ネオスペース発動! このカードの効果でブラック・ネオスの攻撃力は500ポイント上がる!」

 俺の使ったフィールド魔法、オネスペースを使った事で、あたり一面が異空間のような場所になる。


【ネオスペース】 フィールド魔法
「E・HERO ネオス」及び「E・HERO
ネオス」を融合素材とする融合モンスターの攻撃力を500ポイントアップする。「E・HERO
ネオス」を融合素材とする融合モンスターは、エンドフェイズ時にデッキに戻る効果を発動しなくても良い。

【E・HERO ブラック・ネオス】ATK2500→ATK3000


「これでブラック・ネオスがサイレント・ソードマンの攻撃力を上回ったぜ……!」


「藤原さん……ピンチだよ……!」

「大丈夫、紅ちゃん……! 藤原くんなら、きっと……!」

「幸恵ちゃん……その表情、モエ〜!」

「えっ!」

「……何をバカな事を言っている」


「行くぜ、賢治! ブラック・ネオスでサイレント・ソードマンに攻撃、ラス・オブ・ブラック・ネオス!!」

 ブラック・ネオスが空中へとジャンプし、サイレント・ソードマンに向かって攻撃を仕掛ける。これで俺の勝ちだ……!!

「っ……!!」





【次回予告】


十代「う〜、次回予告もこれで最後か〜……」

賢治「うん……。でもボクと十代君のデュエルはまだ終わらない……!」

十代「サイレント・ソードマンを信じて戦う賢治と、ネオスを信じて戦う俺の戦いが終結する……!」

十代&賢治「次回、バトル In ジェネックス最終回!!」


第10話「十代VS藤原(後編) ラストデュエル!」



賢治「ボク達の戦いは、まだ始まったばかりだ!」

十代「それはちょっと、違うんじゃねーか……?」


【今日の最強カード!】


「今日の最強カードは、サイレント・ソードマンLV7!!」


【サイレント・ソードマンLV7】
★7 光属・戦士族 ATK2800/DEF1000
このカードは通常召喚できない。「サイレント・ソードマンLV5」の効果でのみ特殊召喚できる。このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、フィールド上の魔法カードの効果を無効にする。

「攻撃力2800守備力1000の賢治が使っている最上級サイレント・ソードマンだ!! 高い攻撃力の上に、フィールド上の魔法カードの効果を無効に出来る効果を持っているんだぜ!」





第10話「十代VS藤原(後編) ラストデュエル!」

 ブラック・ネオスが空中へとジャンプし、サイレント・ソードマンに向かって攻撃を仕掛ける。これで俺の勝ちだ……!!

「速攻魔法、非常食を発動! セットしているカード1枚を墓地へ送り、ライフを1000回復!」


【非常食】 速攻魔法
このカードを除く自分フィールド上の魔法または罠カードを墓地へ送る。墓地へ送ったカード1枚につき、自分は1000ライフポイント回復する。


 賢治は間一髪の所で非常食を発動し、ライフを回復した。でもブラック・ネオスの攻撃は、そのままサイレント・ソードマンへ直撃する。


「うあっー!」


藤原【LP:100→1100→900】


 これで賢治のフィールドにはモンスターも魔法・罠も無くなり、俺の場にはネオスペースとブラック・ネオスがいる……。今は俺が優勢だけど、気を付けないとダメだな。

「さすがだぜ賢治……! 俺のターンは、エンド!」

 俺は賢治との戦いから……三幻魔と戦い、カイザーと戦って、2年になって……エドに負けて。自分は強くなったと思っていたけど、やっぱり賢治も格段に強くなっている。

「ボクのターン、ドロー! ……そっか、ネオスペースの存在でブラック・ネオスは融合デッキに戻らないんだね」

「ああ! ここがネオスの戦う場所だからな……!」

 賢治は手札のカードを何度も確認して、1枚だけ右手で取った。

「ボクは……異次元の女戦士を守備表示へ変更し、カードを1枚セット。ターン終了!」

「俺のターン! 手札からバーストレディを攻撃表示で召喚!」

 フィールドに炎を操るE・HERO、バーストレディが現れる。これで俺の場にはブラック・ネオスとバーストレディが2体。賢治の場には異次元の女戦士しかいない……!


【E・HERO バーストレディ】
★3 炎属・戦士族 ATK1200/DEF800
炎を操るE・HEROの紅一点。紅蓮の炎、バーストファイヤーが悪を焼き尽くす。


「ブラック・ネオスで異次元の女戦士に攻撃! ラス・オブ・ブラック・ネオス!!」

「異次元の女戦士の効果発動! このカードと戦闘モンスターをゲームから除外する!!」

 ブラック・ネオスが異次元の女戦士へ向かって攻撃を仕掛ける……けど、異次元の女戦士がネオスペースに小さい別の空間を作り、ブラック・ネオスと共に別の次元へと飛ばしてしまう。

「ブラック・ネオスが……! でも、俺にはまだモンスターが残っているぜ! バーストレディで賢治にダイレクトアタック、バーストファイヤー!!」

「速攻魔法、スケープ・ゴート! 羊トークンを4体特殊召喚!!」

 賢治のフィールドに小さい羊が4匹現れ、バーストレディの攻撃が1匹の羊に遮られてしまう。


【スケープ・ゴート】 速攻魔法
このカードを発動する場合、自分は発動ターン内に召喚・反転召喚・特殊召喚できない。自分フィールド上に「羊トークン」(獣族・地・星1・攻0/守0)を4体守備表示で特殊召喚する。(生け贄召喚のための生け贄にはできない)


「ターンエンド……!」

「ボクのターン、ドロー! 手札から生け贄の代償を発動。羊トークン1体を生け贄に、デッキからカードを2枚ドロー!」


【生け贄の代償】 通常魔法
自分のフィールド上に存在するモンスター1体を生け贄に捧げる。自分はデッキからカードを2枚ドローする。


「そしてレベルチートを発動! 羊トークン2体を生け贄に、サイレント・ソードマンLV7を特殊召喚!!」

 賢治のフィールドに残っていた羊トークン2体が消え、サイレント・ソードマンLV7が現れる……!!


【レベルチート】 通常魔法
自分のデッキ・手札・墓地から「LV」を持つモンスター1体を選択する。選択したモンスターがレベル5以上ならば1体、レベル7以上ならば2体を自分のフィールド上モンスターを生け贄に捧げる。その後、選択したモンスターを全ての召喚条件を無視して特殊召喚する。この方法で特殊召喚されたモンスターのモンスター効果は無効化される。(この特殊召喚は正規の方法での特殊召喚扱いとする)

【サイレント・ソードマンLV7】
★7 光属・戦士族 ATK2800/DEF1000
このカードは通常召喚できない。「サイレント・ソードマンLV5」の効果でのみ特殊召喚できる。このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、フィールド上の魔法カードの効果を無効にする。


「ち、ちーと……。サイレント・ソードマンLV7が出てきたって事は、また魔法が使えねぇのか……」

「大丈夫、レベルチートで特殊召喚したモンスターの効果は失われるんだ。でもレベル調整と違って特殊召喚したターンでも攻撃が出来る! サイレント・ソードマンLV7でバーストレディに攻撃、沈黙の剣−LV7!!」

 サイレント・ソードマンLV7が大剣を構え、こっちへ向かってくる……! ん……! 攻撃力2800のサイレント・ソードマンLV7が攻撃力1200のバーストレディに攻撃って事は……

「うわぁあぁ、やばい!! 速攻魔法、非常食を発動! ネオスペースを墓地へ送り、ライフを1000回復する!」

「……! 十代君も非常食を……!」

 非常食の効果で、墓地に送られたネオスペースがフィールドから消滅し、元のデュエルフィールドへと戻る。それと同時にサイレント・ソードマンLV7の攻撃がバーストレディに直撃し、バーストレディは破壊されてしまう。


十代【LP:700→1700→100】


「ふぅー……ギリギリ残ったぜ!」

「ボクのターンは終了です」

「俺のターン、ドロー!! ……へへっ、ファイバー・ポッドの効果で戻ったコイツを引いたぜ!」

 俺はデッキから引いたモンスターカード、E・HERO バブルマンを賢治に見せる。

「バ、バブルマン!!!!!」

 賢治は万丈目並のオーバーリアクションをした……。何もそんなに驚かなくても……。

「お、俺は手札からバブルマンを特殊召喚し、デッキからカードを2枚ドロー! そして魔法カード、融合を発動! クレイマンとバブルマンを融合させ、E・HERO マッドボールマンを守備表示で融合召喚だ!!」

 俺はバブルマンの効果で引いた2枚のカードを全て使い、フィールドにマッドボールマンを特殊召喚する。こいつの守備力があればサイレント・ソードマンLV7の攻撃に耐えることが出来る……!


【E・HERO マッドボールマン】
★6 地属・戦士族 ATK1900/DEF3000
「E・HERO バブルマン」+「E・HERO クレイマン」
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。


「これで俺のターンはエンドだ!」

「ボクのターン、ドロー! 守備力3000かぁ……。ターン終了」

「俺のターン! よしっ、手札からフィールド魔法、摩天楼−スカイスクレイパーを発動!!」

 フィールドから次々に高層ビルが現れ、明るかった背景も夜へと変化していく。今度はE・HEROの戦いの舞台、摩天楼だ!!


【摩天楼−スカイスクレイパー】 フィールド魔法
「E・HERO」と名のつくモンスターが攻撃する時、攻撃モンスターの攻撃力が攻撃対象モンスターの攻撃力よりも低い場合、攻撃モンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ1000ポイントアップする。


「ダーク・シティのE・HERO版カード……!」

「おっ、ダーク・シティを知っているって事はエドのデュエルを見たのか?」

「……見たよ。さすがプロデュエリストだけあって、凄かったなぁ」

「そうか〜! エドとはまたデュエルしたいな……。っと、俺はマッドボールマンを攻撃表示に変更し、サイレント・ソードマンに攻撃する! マッド・スタンプ!!」


【E・HERO マッドボールマン】ATK1900→ATK2900


 マッドボールマンの全身が輝き、サイレント・ソードマンLV7に向けて光線を放つ。微妙な差だけど、何とかサイレント・ソードマンLV7を破壊出来た……!

「くっ……!」


藤原【LP:900→800】


「ターンエンド!」

「ボクのターン……! 手札からレベル調整を発動し、サイレント・ソードマンLV7を特殊召喚!!」

 サイレント・ソードマンLV7はレベルチートの効果で正規の方法を誤魔化したのか……! なんか、辻褄合わせ臭いカードだな……。


【レベル調整】 通常魔法
相手はカードを2枚ドローする。自分の墓地に存在する「LV」を持つモンスター1体を、召喚条件を無視して特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できず、効果を発動及び適用する事もできない。


「あ、十代君。カードを2枚引いた?」

「おっといけねぇ、忘れていた……」

 俺はレベル調整の効果で、デッキからカードを2枚引く。よし、結構いいカードだ……!

「ターン終了です」

「俺のターン、ドロー!!」

 サイレント・ソードマンLV7がいるから、摩天楼の効果は適応されない……。だからマッドボールマンでは攻撃出来ないな〜。

「俺はマッドボールマンを守備表示へ変更し、モンスターを守備表示でセットして……カードを2枚セット。ターンエンドだ」

「ボクのターン! 手札から装備魔法、沈黙の剣−LV7を発動! これでボクは魔法カードを使えるようになる……!」


【沈黙の剣−LV7】 装備魔法
「サイレント・ソードマンLV7」が自分フィールド上に存在している時のみ発動する事ができる。このカードが表側表示でフィールド上に存在する限り、自分は「サイレント・ソードマンLV7」の効果で魔法カードの効果を無効にされない。このカードの発動と効果は無効にされない。


「そして強欲な壷を発動。デッキからカードを2枚ドロー!」


【強欲な壷】 通常魔法
自分のデッキからカードを2枚ドローする。


「来た……! 手札から地砕きを発動、マッドボールマンを破壊する!」


【地砕き】 通常魔法
相手フィールド上の守備力が一番高い表側表示モンスター1体を破壊する。


「そしてD.D.アサイラントを召喚し、裏側表示モンスターに攻撃!!」


【D.D.アサイラント】
★4 地属・戦士族 ATK1700/DEF1600
このカードが相手モンスターとの戦闘によって破壊された時、相手モンスターとこのカードをゲームから除外する。


 D.D.アサイラントが大剣を使って攻撃し、俺のセットしていたグロー・モスがあっけなく破壊される。でも、グロー・モスの死は無駄にならない……!

「罠カード、ヒーロー・シグナルを発動! 俺はデッキからE・HERO スパークマンを攻撃表示で召喚!!」

 摩天楼の空にヒーロー・シグナルが光り、俺のフィールドにスパークマンが現れる。


【ヒーロー・シグナル】 通常罠
自分フィールド上のモンスターが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時に発動する事ができる。
自分の手札またはデッキから「E・HERO」という名のついたレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。

【E・HERO スパークマン】
★4 光属・戦士族 ATK1600/DEF1400
様々な武器を使いこなす、光の戦士のE・HERO。聖なる輝きスパークフラッシュが悪の退路を断つ。


「(攻撃表示で特殊召喚……。十代君の場にはセットしたカードが1枚。攻撃が通ればボクの勝ちだけど、罠の可能性が大きい……それとも、ボクがこう考える事を予測している……?)」


 考えているな……賢治。この状況で、どう出る……!


「サ……サイレント・ソードマンでスパークマンに攻撃、沈黙の剣−LV7!!」

 サイレント・ソードマンが剣を構え、攻撃を仕掛ける……でも俺はこの時を待っていたぜ!!

「罠カード発動、ジャスティブレイク!! 通常モンスターが攻撃を受けた時、攻撃表示の通常モンスター以外のモンスターを全て破壊する!!」


【ジャスティブレイク】 通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在する通常モンスターが攻撃宣言を受けた時に発動する事ができる。フィールド上に存在する表側攻撃表示の通常モンスター以外のモンスターを全て破壊する。


 スパークマンは天井から降ってきた雷を吸収し、フィールド全体に強力な雷を放つと、D.D.アサイラントとサイレント・ソードマンLV7は雷に直撃して破壊される。

「うああ……っ!!」

 これで賢治の場にはまたモンスターが全て消えた……!

「カードを1枚セットして、ターン終了……」

「俺のターン! 行くぜ賢治、スパークマンでダイレクトアタック! スパークフラッシュ!!」

 スパークマンは腕から雷を放ち、賢治に直接攻撃する。この攻撃が通れば……!!

「うぁぁああ……!」



藤原【LP:0】



 通ったぜ!! これで俺の……

「速攻魔法、蘇生の矢を発動! ライフが0になった事を無効にし、ライフを100にする……!」

 賢治のフィールドに小さな一本の矢が現れて、賢治のライフが回復する。だ、騙されたぜ……。


【蘇生の矢】 速攻魔法
自分のライフポイントが0になった時に発動する事が出来る。ライフポイントが0になった事を無効にし、自分のライフポイントを100にする。また、ライフが0になった時にモンスターが戦闘によって破壊されていた場合、そのモンスターを特殊召喚する。(装備カードが装備されていた場合、そのカードをモンスターに装備する。)

藤原【LP:0→100】


「くぅ〜、決まったと思ったんだけどなぁ……」

 これで俺と賢治のライフは並んだ。この状況なら、どちらも一撃で終わってしまう……。

「ターンエンドだ、賢治!」

「ボクのターン! モンスターを守備表示でセットし、ターン終了」

「俺のターン!」

 あっさり終わったけど……あの守備カード、マシュマロンか? だとしたら、下手には攻撃出来ないなぁ。

「俺は……スパークマンを守備表示へ変更し、カードを1枚セット。ターンエンド……!」

「ボクのターン! セットされた聖なる魔術師を反転召喚! そして聖なる魔術師の効果で墓地からレベルチートを手札に加える!」

「マシュマロンじゃなかったのか……!」


【聖なる魔術師】
★1 光属・魔法使い族 ATK300/DEF400
リバース:自分の墓地から魔法カードを1枚選択する。選択したカードを自分の手札に加える。


「そして手札に加えたレベルチートを使い、聖なる魔術師を生け贄にサイレント・ソードマンLV5を特殊召喚!!」


【サイレント・ソードマンLV5】
★5 光属・戦士族 ATK2300/DEF1000
このカードは相手の魔法の効果を受けない。このカードが相手プレイヤーへの直接攻撃に成功した場合、次の自分のターンのスタンバイフェイズ時に表側表示のこのカードを墓地へ送る事で「サイレント・ソードマンLV7」1体を手札またはデッキから特殊召喚する。


「サイレント・ソードマンでスパークマンを攻撃、沈黙の剣−LV5!!」

 再び蘇ったサイレント・ソードマンがスパークマンを剣で破壊する。さ、さっきのターンで守備表示にしておいて良かった……。

「ターン終了」

「俺のターン!! 手札から天使の施しを発動、デッキからカードを3枚引き、2枚捨てる。そして罠カード、堕天使の施しを発動! 天使の施しで捨てた2枚のカードを手札に加える!」


【天使の施し】 通常魔法
デッキからカードを3枚ドローし、その後手札からカードを2枚捨てる。

【堕天使の施し】 通常罠
お互いのプレイヤーはこのターン、魔法カードの効果で墓地に捨てたカードを手札に戻すことができる。


「モンスターとカードを1枚セットし、ターンエンド……!」


 こうなったら一か八か……このカードに……


「ボクのターン……! 手札から貪欲な壷を発動。墓地のサイレント・ソードマンLV3,LV7,D.D.アサイラント,聖なる魔術師,ならず者傭兵部隊をデッキに戻し、シャッフルする。そしてデッキからカードを2枚ドロー!」


【貪欲な壷】 通常魔法
自分の墓地からモンスターカードを5枚選択し、デッキに加えてシャッフルする。その後、自分のデッキからカードを2枚ドローする。


「サイレント・ソードマンで裏側守備モンスターに攻撃!! 沈黙の剣−LV5!!」

「よしっ、行くぜ相棒!! 速攻魔法、進化する翼を発動! フィールドのハネクリボーと手札のE・HERO ネオスとN・フレア・スカラベを墓地へ送り、ハネクリボーをLV10へと進化させる!!」

 フィールドにいるハネクリボーは光へと包まれ、LV10へと進化していく……!

「ハネクリボーLV10……!?」


【進化する翼】 速攻魔法
自分フィールド上に存在する「ハネクリボー」1体と手札2枚を墓地に送る。「ハネクリボー LV10」1体を手札またはデッキから特殊召喚する。

【ハネクリボー LV10】
★10 光属・天使族 ATK300/DEF200
このカードは通常召喚できない。このカードは「進化する翼」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを生け贄に捧げる事で、相手フィールド上の攻撃表示モンスターを全て破壊し、破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。この効果は相手バトルフェイズ中のみ発動する事ができる。


「ハネクリボーLV10の効果発動!! このカードを生け贄に捧げる事で攻撃表示モンスターを全て破壊し、破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを与える……! これで俺の勝ちぜ!!」

 ハネクリボーLV10が光を放ち、サイレント・ソードマンLV5と共に消滅する。俺のフィールドには摩天楼のみ、賢治のフィールドには何も無かった。今度こそは……!



藤原【LP:100】



「……なにぃ!! なんで賢治のライフが減っていないんだ……!?」

「ボクはハネクリボーLV10の効果で破壊される前に、このカードを発動したんだ」

「そ、速攻魔法化……!」

「ハネクリボーLV10の効果でサイレント・ソードマンLV5が破壊される前に、ボクは速攻魔法化を発動。速攻魔法化の効果で手札にあった生け贄の代償を捨てた……よってサイレント・ソードマンを生け贄に捧げ、カードを2枚ドローしていたんだ」


【速攻魔法化】 速攻魔法
手札から通常魔法カードを1枚捨てる。このカードの効果は捨てた通常魔法カードの効果と同じになる。


「そ、そんなのアリかよ〜……」

「ボクはメインフェイズ2で天使の施しを発動! カードを3枚引き、冥府の使者カイエンとマシュクリボンを捨て、マシュクリボントークン2体を特殊召喚!」

 賢治のフィールドに、マシュマロンとクリボーに似ているモンスターが2匹現れる。


【マシュクリボン】
★3 光属・悪魔族 ATK300/DEF300
このカードが墓地へ送られた時、自分フィールド上に「マシュクリボントークン」(天使族・闇・星1・攻/守0)を2体守備表示で特殊召喚する。このトークンは特殊召喚されたターン、生け贄召喚のための生け贄にはできない。


「俺のダンディライオンと同じ効果を持つモンスターか……!」

「そして復活の祭壇を発動! デッキからカードを2枚除外し、墓地からレベルチートを手札に加え、マシュクリボン2体を生け贄にサイレント・ソードマンLV7を特殊召喚!!」


【復活の祭壇】 通常魔法
自分のデッキの上からカードを2枚ゲームから除外し、自分の墓地からカード1枚を手札に加える。

【サイレント・ソードマンLV7】ATK2800


「カードを1枚セットし、ターン終了……!」

「すげぇ……すげぇよ賢治!! そこまで自分のカードを信じているなら、俺だって負けないぜ!!」

「……! まさかこのターンでコンタクト融合を……!」

「それは分からねぇ……。でも俺はこのカードに全てを賭ける!! ドロー!!」

 …………!

「俺は手札から強欲な壷を発動! デッキからカードを2枚ドロー!」


【強欲な壷】 通常魔法
壷の真髄、ここにありけり。デュエルは壷に始まり、壷に終わるのだ……。


「そして浅すぎた墓穴を発動! 俺はさっきの進化する翼の効果で墓地に送ったネオスを裏側でセットする! 賢治も墓地からモンスターをセットしてくれ!」

「ボクは……冥府の使者カイエンをセットします」


【浅すぎた墓穴】 通常魔法
自分と相手はそれぞれの墓地からモンスターを1体選択し、守備表示でフィールド上にセットする。

【E・HERO ネオス】DEF2500

【冥府の使者カイエン】DEF2700


「そして手札からN・エア・ハミングバードを召喚! エア・ハミングバードには効果があるが、賢治の手札はゼロだから回復効果は発動しない……でもコンタクト融合は可能だ!!」

「……!」

「ネオスとエア・ハミングバードをコンタクト融合!! 来い、E・HERO エアー・ネオスッ!!!」

 摩天楼の一部がネオスペースと化し、そこへネオスとエア・ハミングバードが飛び込み、コンタクト融合した真紅の色をしたエアー・ネオスが現れる……!!


【E・HERO エアー・ネオス】
★7 風属・戦士族 ATK2500/DEF2000
「E・HERO ネオス」+「N・エア・ハミングバード」
自分フィールド上に存在する上記のカードをデッキに戻した場合のみ、融合デッキから特殊召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない)。自分のライフポイントが相手のライフポイントよりも少ない場合、その数値だけこのカードの攻撃力がアップする。エンドフェイズ時にこのカードは融合デッキに戻る。


「そうか……! ネオスも『E・HERO』。摩天楼の恩恵を得る事が出来る……!」

「ああ!! 今のサイレント・ソードマンLV7に魔法を無効にする効果が無いから、スカイスクレイパーの効果でエアー・ネオスは攻撃力を上げる事が出来る!!」

 エアー・ネオスは摩天楼の天辺へ移動し、攻撃力を上昇させる。


【E・HERO エアー・ネオス】ATK2500→ATK3500


「行けぇぇ、エアー・ネオス!!! スカイスクレイパー・ウィング!!」

 俺が攻撃宣言をすると、エアー・ネオスはサイレント・ソードマンへと急降下する。その瞬……





「ふ……藤原くん!!」





 賢治側の席にいた女の子が、賢治の名前を叫んだ!! な、なんか俺が悪役みたいじゃん……。

「罠カード発動、迎撃の盾!!」

「何っ……!?」

「このカードの効果で裏側の冥府の使者カイエンを墓地へ送り、サイレント・ソードマンの攻撃力を2700ポイント上げる!!」


【迎撃の盾】 通常罠
自分フィールド上のモンスター1体を墓地に送る。自分フィールド上のモンスター1体を選択する。選択したモンスター1体の攻撃力は、発動ターンのエンドフェイズまで墓地に送ったモンスターカードの守備力分アップする。

【サイレント・ソードマンLV7】ATK2800→ATK5500


「こ、攻撃力5500だって……!!」

 急降下したエアー・ネオスの攻撃をサイレント・ソードマンは回避し、圧倒的な攻撃力を得た剣でエアー・ネオスにカウンターする……! 攻撃を受けたエアー・ネオスは、そのまま破壊され……


十代【LP:0】


「ま……負けちまった……?」

「か……勝った……?」

「ア、アニキが負けたドン!? 何者ザウルスーーーーーー!!」

「十代を倒すなんて……! やるわね、あの子……!」

「フハハハハハハ、無残にも負けたか十代!! やはりジェネックスの優勝者はこの俺、万丈目サンダーが相応しいようだ!!」

 万丈目達は外野で好き放題言っているけど、賢治の仲間達は賢治の所へ走ってきていた。えらい差だ。


「藤原さん、おめでとー!! ……でも、絞められなかったのはちょっと残念かなぁ」

「あ……ありがとう。紅ちゃんが言うと、やっぱりコワイです」


「藤原部長……まさか勝つとは思っていなかった……」

「や、やっぱり……?」


「藤原くん、おめでとう! すごい、すごいよ藤原くん……!」

「ありがとう、ユキちゃん……!」


 さっき賢治の名前を叫んでいた女の子は、こっちが恥ずかしくなるくらい賢治に抱きついていた……。こーゆーの、吹雪さんが好きそうだなぁ。

「んん〜、あの子は藤原君に恋している! 十代君も、負けてられないぞ!」

「うおっ! やっぱり吹雪さんが来た……!!」

 俺は吹雪さんを置いて、賢治達の所へ向かう。

「ちくしょー、負けたぜ賢治。でもこれで1勝1敗、来年また戦う機会があったら……絶対にデュエルしようぜ!!」

「もちろん……!」

 賢治は俺に右手を差し出す。俺も右手を出し、賢治の手をしっかり握ってやった。来年が楽しみだぜ、賢治……!

「負けたけど……ガッチャ!! 楽しいデュエルだったぜ!!」





【今日の最強カード!】



「今日の最強カードは、レベルチート!!」


【レベルチート】 通常魔法
自分のデッキ・手札・墓地から「LV」を持つモンスター1体を選択する。選択したモンスターがレベル5以上ならば1体、レベル7以上ならば2体を自分のフィールド上モンスターを生け贄に捧げる。その後、選択したモンスターを全ての召喚条件を無視して特殊召喚する。この方法で特殊召喚されたモンスターのモンスター効果は無効化される。(この特殊召喚は正規の方法での特殊召喚扱いとする)


「賢治の使った、レベルアップモンスターのサポートカードだ! あらゆる条件を無視して特殊召喚する手段は、まさにチート。ちなみにチートってのは、『ズル』『騙す』って意味らしいぜ!」




































































































 ――PM 5:50  デュエル・アカデミア港 船内


「藤原部長……あんまり気にするなよ」

「うっ……」

 ボク達は今、デュエル・アカデミアの船に乗っている。ユキちゃんと紅ちゃんは外の景色が見たいと言って外にいるけど、ボクと伊吹君はジュース購入目的で船内にいた……っと言う事はどういう事か。



……ボクは負けてしまったのだ。



 十代君とのデュエルの後、校舎に出て色々な人とデュエルをして……一応、勝っていたんだ。しかし……! ここぞと言う時に最悪の手札となり、あんまりにもあんまりな負け方をしてしまった。その時の伊吹君達の顔が忘れられない……。

「運が悪かっただけだ。手札なんて……」





「きゃあーーーーー!!」





「この声はユキちゃん……!?」

 ボクと伊吹君は目を合わせ、同時に声が聞こえた方向へと走る。また刃金沢が来ている可能性がある……ボクは今度こそ、闘う覚悟で走った。


「ユキちゃん!!」

 ユキちゃんは両手で目を隠し、景色と反対方向を向いていた。紅ちゃんもユキちゃんの隣にいたけど、物凄く軽蔑するような目で遠くを見ていた。他に近くにいた人も、紅ちゃんと同じような表情だ……。

「ふ、藤原さん……。アレ…………」

 紅ちゃんが指差した方向には、とんでもないモノがあった……!

「…………!」






「ツバインシュタイン博士の言うとおり、デュエルは美しい!!」






 デュエル・アカデミア本校舎から、オシリスレッド寮の方へ向けて全裸で走っている人がいた! 女子生徒達の生々しい悲鳴も同時に聞こえてくる……。


「藤原部長……な、何だアレは……」

「分からない……」

 全裸の人は草むら辺りに来るとそこで立ち止まり、まだ何か叫んでいる。そしてボク達が最後に聞こえた言葉は……













「博士……やはりあなたは……」











「私の神です!」










        /     、. ヽ、ヾ    / ///__,........;       ヽ
      /      ヽ``  \/   '  '  /         ヽ
      (      /              </~~~ー-...,,   丶、
      ヽ   /      ノ  、     \      ー--......--ー彡
       ヽ  //二==-一'    ー-==二ヽ >ー--....,,,,,,,......---一/
        ヽ、`ソ、____      ____,... i      ...........---/
        /~~|.|   pーx ヽ     彳pー-: .; i`|~~ヽ''''''''    /
       | イ^|.| ヽ i___リ 」      i____リ ,ノ i |^ヽ ヽ     /
       |ヽ::::i | ι'      |        `'  .i .|<:::) |   ∠,'
       ヽ`:::| |      ノ|          i |::::: /   /
        \.| |      ヽ|            i |:: /   /
          :| .|    ー=====一      i:::|/  /
          `::     ヽ   /    /''   /
              ヽ      ̄ ̄     / | ./
             |.ヽ         /   |/
            |  ヽ      ./    | 
            ,.|   丶    /      |ヽ
         ......ノ |     ̄ ̄        | ヽ、
   ,,,,...-─''''~    .!               .!  
`'''ー-......,,, 
  〆                                  
`''''''''' ヽ
/                                      
  \










参照:遊戯王GX第96話「相対性フィールド! 十代VS天才博士」より





バトル In ジェネックス!








前へ 戻る ホーム